« April 2005 | Main | June 2005 »

May 31, 2005

千駄木フレンチはルイ王朝

ランチを千駄木のフレンチで。いつも私たちオーケストラ仲間でワインを楽しみに通うレストラン。そこへ母親を案内した。いつもは夜通る道だから、昼に歩くと勝手が違った。レストランの名前さえ思い出せなかった。やっとのことで104へレストランの電話番号を問い合わせ、お店の人に道順を請うた。
やっとのことで辿り着いたフレンチ。その椅子とテーブルに母親は喜んだ。料理の味を知るより前に、お店の人の優しい対応と同時に母親は楽しんでいた。そう、ルイ王朝を思わせるような調度品。ヨーロッパのお城見学に行くと、よく並んでいる応接セットや食卓セットに似ている。しかし、お城では「入るな」「触るな」という看板に後ずさりするしかないけれど、ここはフレンチレストラン。自分のためにそういう椅子が待っていてくれる。その椅子に座れる!そして、ルイ王朝みたい!と喜んでいた。
ちょっぴり親孝行。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 30, 2005

Spring Wine Tasting

0530wine今日は、これから始まる暑い夏を前に、キュッと冷やして飲む白ワインを探しに来ました。ちゃんとワインリスト&オーダーシートが配布されて、いろいろ味見しながら、チェックしてゆく。今回はワシントン州のワインでした。

そして、ワインといえば、やはりチーズ。乳製品を一日3回食べると、身体に良いそうです。0530chieseブルーだけど柔らかさのあるチーズ、スティック野菜に合うクリームチーズ。こんなに並んでいました。チーズもワインテイスティングのごとく、チーズテイスティングが出来ます。ちゃんとバケットを小さく切ってあったり、野菜スティックもあったり。そして、それぞれのチーズも食べ放題(?)、いやいや、味見し放題です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2005

湾岸ドライブde オーケストラ(^-^)

無事、本番終わりました。
ご来場ありがとうございましたm(__)m

今回の副産物。それは、入社同期との久しぶりの食事。
このオケの練習場所へクルマで通っているとき、歩道橋に書いてある住所を見て、「ここってニーチャンの住所じゃん」と思いあたり、年賀状を掘り出して、「その街へ行くのだけど、会えるかしら?連絡くださいまし」と手紙を出した。私のメールアドレスとケイタイの番号を書いておいたけど、メールアドレスは私の悪筆ゆえ、どうやら00(ゼロ)とoo(アルファベットのO)と勘違いで、届かなかったらしい。
でもケイタイ電話で連絡がつき、演奏会の後、会うことになった。ほんと20年ぶりくらいかも?という再会でしたけど、一挙にお弁当を一緒に食べていたころに戻りました。
そして、もう一人、この界隈に住んでいる会社の先輩を演奏会に来ていただいたので、お食事会にお誘いして、3人で同窓会。「あの人はいま・・・」シリーズの話題に沸きました。

シューマン交響曲第三番「ライン」が弾きた~いと入れてもらったこのオケ、このオケに来て良かったな~、ってつくづく思いました。
オケのみなさん、ありがとうございました!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 28, 2005

おさんぽバス(^-^)

明日の本番を控え、最後の練習は土曜日の午後だった。土曜日の午後はクルマが混む。首都高も混む。時間が読めない、ということもあり、今回は電車で行った。
場所は明日本番会場の市の文化会館。電車の駅からかなり離れた場所だ。バスもあったけど、往路はタクシーで行った。問題なし!さて、練習も終わり、夜9時近くになった。今までの練習は日曜日だったから、クルマで来ていた私は、どうやって駅へ戻ればいいのかわからない。市の文化会館前とはいえ、この時間、タクシーは通らない。バス停の時刻表によれば、あと20分しないとバスは来ない。ほかのオケの人たちはどうしたの?
と、一人歩いてきたティンパニの女の子に聞くと、市の文化会館の反対側に「おさんぽバス」というのがあって、けっこう頻繁に回ってくるし、100円という安さだという。行ってみた。バス停前はオケの仲間が固まっていた。
おさんぽバスは団地の中をグルッと回って、やっと終点のJR駅に到着した。でも、運転手さんの対応は優しいし、100円。そして、明日本番を控えたオケメンバとの語らい。おさんぽもいいものですね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 27, 2005

鯛のお刺身(^-^)v

「御前崎で釣った鯛をお持ちしますよ」と父の友人からご連絡を戴いた。さて、どうやって下ろしたらいいのだろう?
毎年年末になるとブリま丸ごと北海道から送られて来るのだけど、近くのスーパーの魚売り場で、仕事が終わった最後の時間に下ろしてもらっっていた。さて、今日は鯛。どうしよう?
そこで、思いついたのが行き着けのお鮨屋さん。いつもカウンタで板さんと話しながら、摘まみ、飲み、食べているお鮨屋さんに頼んでみてはどうか?なんたって鯛ですから。
0527taiその甲斐あって、このようにキレイに鯛のお刺身が出来上がりました。シソの葉にたっぷり新鮮な山葵を乗せ、ツマにはミョウガの細~い千切り。そして、そこのお鮨屋さんならではのワカメもたっぷり付けてくれました。普段と同じお皿に盛ってあるのだけど、金曜日の食卓を飾るに充分な存在感ある一品となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2005

(^-^)

のちほどm(__)m

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2005

タクシーのカーナビ

今日はちょっと帰りが遅くなり、最終バスは行ってしまったあとだし、と、タクシーに乗りました。私の行きたい方向とは反対方向の上り方面のタクシーしか来ないから、それを停めたのですけどね。で、
私:「私が行きたい方向は逆方向で、Uターンして欲しいところですが、ここでは出来ないですよね。で、ここから○△街道へ繋がっている道は知ってますか?」
タクシ:「いいえ、判りませんね。誘導してください」
私:「私も誘導なんて出来ません。そのカーナビで判らないのですか?」
タクシ:「このカーナビで設定すると、すごく遠回りになりますよ。いいですか?」
私:(これって脅しか?)「役に立たないカーナビですね。」
タクシ:「細い道はわからないんですよ。」
私:「幹線道路しかわからないなんて、何の役に立つのですか。しょーがないカーナビですね。じゃ、そこを左に曲がって□□街道から行ってください。それなら判りますか?」

しかし、Uターン出来ないなら、ちょっと左側に見つけた小道に入って、右折して出てくればいいじゃん、ということがわからない。しかし、カーナビの使い方を知らないのか、カーナビがバカなのか、そんな常盤台から来たタクシーに呆れた深夜帰宅でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 23, 2005

いろいろな偶然

いろいろな部署がひとつのビルに入っているという会社環境の場合、いろいろな偶然がおこります。
たとえば昼休み、Kさんからケイタイに「今日は午後3時から汐留で打ちあわせだ。夜、ひま?」とメールが入ってくる。
そこで、「実は企業秘密ですが、Oさんが午後5時半から打ち合わせだそうですよ」とKさんに返事をする。
一方で、私は5時すぎにOさんへ「Kさんがここに来ていて、打ち合わせが終わったら飲もうって言ってますが、ジョインしません?」と打つ。
Kさんの打ち合わせは順調に5時半で終わり、下りエレベータの中で仕事仲間Tさんとバッタリ会い、二人連れになった。Oさんは早々と打ち合わせも終え、6時半にはジョイン。私が一番遅く、雨の中を走って7時参加。すると、Tさんの同僚Bさんもビールが大好き、とジョイン。
あっという間に、5人のグループが日本酒を囲んでしまいました。
これもケイタイメールあればこそ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2005

湾岸ドライブdeオーケストラ (その2)

首都高からレインボーブリッジを渡って、自宅から40分足らずのシティオケの本番は来週となりました。市役所のすぐ隣のホールなので、駐車場も市民が自由に停められるスペースが充分あって、これはやはりクルマで正解。
しかし、本番の日はちょっと違う。楽器を抱えて、舞台衣装を抱えて、電車で行くよりは、クルマに積み込んで行ったほうがラクチン、ではあるのだけど、演奏会の本番を終えたあとは、必ず「打ち上げ!」と称した宴会がある。お互いにご苦労さん!と乾杯する会なのですよ。そのとき飲めないってことですからね。ウ-ン、検討の余地あり!

さて、今回の曲はシューマンの交響曲第三番「ライン」。日本の川の流れとは違う、水量の多い滔々と流れるラインだけあって、体力勝負の曲です。特に、第一楽章のビオラのキザミ。メロディなのですが、キザミというのは体力勝負です。キザムとは、細かい音をイッパイ弾くことを言います。ドー、と弾けばいいところを、ビオラは、ドドドドと同じ音をたくさん弾く、といった具合。ビオラの縁の下の力持ちと呼ばれる所以でもあります。それがいいのよ、と思うのがビオラ弾きだと思ったりしてます。さあ、腕力つけてガンバルゾー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2005

土曜深夜のアクセス3003!

本日21日(土)、アクセスいただいた数が3003を記録していました!
ありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2005

アクアラインに乗るには?

一ヶ月ぶりのアクアライン。
いままで、大井南から首都高に乗って、空港中央から多摩川トンネルに潜ってアクアラインに乗っていました。今回、新橋から大井南を目指して海岸通りを走っていたら、芝浦の入り口を見つけたので、乗りました。料金所で「これはアクアラインに乗れますか?」と聞いたら、「大丈夫、川崎経由で行けますよ」との返事。
で、そのまま乗って走っていると、いつもと見える景色が違う。。。すると、また料金所があった。いままで2回も払ったことあったっけ?と思ったので、「こんなところで道を聞くのも変なんですが、これはアクアラインに繋がっていますか?」と聞くと、料金所の人は、「ああ、それなら、この前の出口で出て、409を行って浮島から行くのがいいんですよね。でもせっかくここで払っちゃったし、ちょっと遠回りになりますけど、大黒埠頭経由で行けますよ。この先約7キロ先を左に行ってグルッと回ってアクアラインに乗れます。」と地図をくれました。そして「この地図を見ながら気をつけて行って下さい」だって。
で、道路地図で確認してみたら、芝浦から入ったのは、高速1号横羽線というものになっていて、大師で降りなかったので、生麦JCTまで走って左に折れて高速5号大黒線から鶴見つばさ橋を通って高速湾岸線→川崎航路トンネルを経て浮島。ここでやっとアクアラインに乗ったんだ、ということが判りました。
時間は夜9時半。新橋からすぐ乗れると思っていたアクアラインだったのに、思いがけず夜のドライブ。車は少ないし、横浜の夜景は綺麗だし、高速の標識は的確だし、心地よいドライブではありました。

そして翌日、アクアラインでの帰り道、走行距離20000キロを突破!
0520hotaru3月末に、19000キロ突破をご報告しましたが、あれから1ヶ月半です。で、アクアラインでの私の定番、海ほたるでお茶しました。コーヒーと海ホタルハニーというパン。東京湾をバックに記念撮影してみました。
帰りは、浜崎橋がメチャ混んでいるから、大井南で降りて、再び海岸通りに出て、混雑に巻き込まれることなく、順調に帰宅しました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 17, 2005

近頃話題の・・・

といえば、女性専用車両でしょう。幸いというか残念ながらというか、私の通勤路線ではそういう車両にめぐり合わないのですが、同じ「女性専用車両に乗ってみた」という友人の話でも、捕らえ方がこうも違うんだな、って思ったのでここでちょっと。
一人はオーケストラの先輩で、彼女が言うには、「女性専用車両は、当然だけど女性ばかり。で、女性といえばそんなに背が高いとか、太ったという人はいないから、圧迫感がなく快適だった。視界も開けたし」と。
もう一人は、職場の同僚で、彼女曰く、「女性専用車両に乗っている女性を見ていて、私より歳上の人は少ないな、ひょっとしたら私が一番年寄りかもしれないと思った。ということは、どんなに働く女性が増えたとはいえ、フルタイムで働くのは若い女性が多いんだな。朝のラッシュ時に通勤する女性の割合は断然若い女性が多いってことかな、と感じた」と。
なるほど、それぞれに観点が違う感じ方です。最初の人は、身長が152センチ。もう一人は、働く母親。

さて、私の話。今年1月、大阪でのこと。地下鉄御堂筋線「新大阪」から女性専用車両に乗ったところ、なんと目の前に男性がのびのびと座っていました。時間は夜だったし、「新大阪」あたりだから、どこの車両も空いてます。あれ?と思っていたのは私だけなのか、周りの女性たちも気にしていない様子。しかしこの男性、「梅田」に到着するとサッサと降りて行きました。ここからラッシュが始まります。乗客の数が増えました。ちゃんと女性だけが乗ってきます。コイツ、電車の混み具合を見計らって上手く女性専用車両を使ったな? と、ちょっぴり脱帽でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 16, 2005

残業後のひととき

月曜日だというのに残業してしまった。といっても8時までだったけど。で、そのあと、行ったところがここ。0516han週末はゆっくりアフタヌーンティーを楽しんだけど、今日はここ。
しかし、話の内容はすごくインターナショナル、というか、エスパーニャでした。スペインに縁のある2名が語るワインの話やプラド美術館の話、ゲルニカを見たときの感想など。そして、シエスタや昼食時にもワインを飲むとか、食後酒までいっちゃうと午後の仕事は自主休業になるとか。そして、実際に観にいったことはないんです、実況中継のテレビを見ていただけなんです、とは思えないほどの知識を持っていて、闘牛の式次第や観客の反応の変化などを語ってくれた。これこそ、住んでいた人ならではのお話。楽しい時間は耳に心地よいものですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

アフタヌーンティー(^-^)

今朝はクルマを洗って、満タンにして、ちょっとドライブ。そのあと、久しぶりに新宿でアフタヌーンティーをしました。アフタヌーンティーといえば、香港ペニンシュラホテルのAfternoon Teaが有名ですよね。
0514coffee紅茶が何種類もあって、お代わり自由だし、何種類飲んでもOK! スコーンやフィンガーサンドイッチが乗ったタワーもどっしりした銀製。そして、そのタワーとは別に、プレートというのが付いてくるのです。グリーンピースとクリームチーズ、ピザ、アスパラのキッシュ、トマトのジュレ。そしてそれに続いてデザートプレートには、白桃や黄桃のカクテル、バナナタルト、です。それぞれがまた食べ放題!
そういえばオーダーしたとき、「かなりおなかイッパイになられると思いますよ」、とカメリエーレが言っていたっけって、実感しました。
ちょっと離れた角の席には、赤ちゃん連れのお母さんが3組、アフタヌーンティーを楽しんでいました。ここなら、食べ放題・お代わりし放題、おしゃべりし放題、時間を気にせず楽しめる場所なのかもしれません。赤ちゃんさえ騒がなければね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 13, 2005

夜10時に電気が消える・・・

うちの事務所は省エネ事務所。夜10時になると、一斉に天井の電気が消えます。仕事をしている人がいてもいなくても、一瞬のうちに事務所は真っ暗になり、窓から銀座のネオンがキレイに見えます。パソコンで仕事をしている人の顔は、青白く浮かびあがります。しかし、騒ぐ人は誰もいません。
そう、これはこのビルの規則。夜10時になると一斉に部屋の電気が消えます。すると、仕事途中の人が、スイッチのところへ歩いていって、自分に必要な電気だけを点ける。というように、誰もいない場所の電気代節約、を狙っているのです。
いままで話には聞いていたのですが、初めて経験しました。「あ、これがそうなんですね?10時に一斉に部屋の電灯が消えるというのは・・・」と言う私に、前に座っている人は、仕事をする手を休めずパソコンから顔を上げずに、「あ、初めてですか?」とひとこと。彼にとっては、いつものことだったりして?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2005

懐かしい万年筆

0512pen机の引き出しの中を整理していたら、懐かしいものがいろいろ出てきました。その中でも懐かしいのはこの万年筆です。漆です。Sheafferです。インクはカートリッジ式です。一緒に、スペアのカートリッジインクも出てきました。もうインクは水分が抜けていて、ドロドロ。使いものになりません。しかし、万年筆はちゃんと掃除をしてあったので、インクがペン先に詰まることもなく、水を入れればちゃんとペン先から流れ出ます。ということで、新しくカートリッジインクを買いに行くことにしました。
0512pendscf0630_2銀座の文房具屋さんに行くと、カートリッジインクは昔から変わっていません、とのこと。安心して私の好きな色、濃いブルーを購入しました。Sheaffer blueというものです。
手前の黄色い箱は、もう20年くらい前のカートリッヂインク、そしてその後ろに控えるのが、先週買ったばかりのClassic Ink Cartridge。20年以上の時を経て、こんなところで出会うなんて、彼らもビックリしていることと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

通勤電車で思う・・・

連休も明けてから、もう水曜日。今朝の通勤電車で面白い状況になりました。
私の前に座っている人が新聞を読んでいました。体格のよいオジサンでした。新聞を縦にしたまま4つ折りにして読んでいました。で、その人は老眼なのでしょう、新聞をちょっと離して持っているのです。ということは、前に立っている私にぶつかるんですね。
以前、同じような状況があり、こちらも新聞を持っていたので、前に座っている人の頭にかからんばかりにして、「こっちも迷惑しているんだけど?」と意思表示をしました。しかし、今朝は新聞を持っていなかった。ちょっと大きめの本を読んでいたので、その本で前に座っている人の新聞紙の角を私に当たらないように防御していました。それでも、その人は同じ姿勢で読み続けるので、一度は網棚に乗せた手提げバックを降ろして腕に掛け、前の人の新聞紙をいかにもよけているんだよ、というように持ちました。そしたら、さすがに新聞紙を短く持ち直していました。
朝の通勤ラッシュ、いろいろあります。今日は、老眼のオジサンが電車の中で座って新聞を読むときには、新聞紙を縦に短く持ってください!というお願いでした。これで私も老眼になったら、前に座った人の新聞と私の新聞とチャンチャンバラバラ、お互い意地の張り合いになるやもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

現地調達できる街(^-^)

天気予報によれば昨日に比べて寒くなるということだったので、事務所も寒いし、と、シルクウールのニットアンサンブルを着て出勤しました。事務所ではちょっと暑かったので、冷房をガンガンに効かせると、周りの人たちがクシャミしてました。そのうち調整されてしまい、ちょっと暖かくなりましたが。。。
0510monzen2そして、今日は夜、門前仲町で美味しい宴会がありました。このニットアンサンブルでは絶対暑くなる!と、お店に行く途中、こんな生地のブラウスを買いました。こんなにキラキラしたピンクのフレンチスリーブのブラウスが1370円。なかなかでしょ?
以前も、門前仲町での宴会のとき、うっかりタイトスカートをはいて来てしまったので、やはりお店へ行く途中でモンペのような黒いジャージパンツを買ったことがあります。それは1500円でした。いまも自宅で愛用してます。
というわけで、その場の温度にあわせてファッションを現地調達できる街が、門前仲町です。もちろん食事だって美味しい。お刺身もキンキ煮付けも、ほたるイカも、そして麦焼酎も!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 09, 2005

今日から仕事だ!

と意気込んで会社へ行ってみると・・・
1)いつもの地下鉄がとても混みあっていた・・・
2)会社のビル1階ロビーに、エレベータ待ちの列がいつもの3倍並んでいた・・・
3)会社ネットワークにウィルスメールが蔓延していて、ネットワークの確認作業のため、社内社外ともに通信できず・・・

などなど、連休明けは、もう一日会社をオヤスミしたほうが良かったかな~、なんて思いました。
地下鉄が混みあっていたのはまだ好しとしても、人に溢れたエレベータホールにビックリ。他の会社の人が見たら、なんかオカシイと感じるだろうな。だって、毎朝の出勤時、エレベータに乗るために、行列が出来るんですよ。ひどいときは「2列に並んでくださ~い」との警備員さんの声に従ってもなお、行列は短くなることはなく、1階に到着してから、自分の階(28階)まで上って打刻をするまでに5分以上かかったりするんです。28階から停車する高層階エレベータなのにですよー。
ネットワークだって、社内LAN・WANともに遮断されました。ウィルスメールが社内に入り込んだらしく、変な添付ファイル付きメールが200通近く受信しましたもの。参りますね~。今日は来客があったのですが、直接先方から日程変更の電話を戴いて助かりました。「先ほどメールをお送りしたのですが・・・」という内容を、今日の今日のことなので、電話でもご連絡いただいたんです。遮断されたネットワークは、結局、今日一日繋がらないままでした。ネットワークはライフラインだ!っていう世の中なのに!

| | Comments (187) | TrackBack (0)

May 07, 2005

一日早い母の日

新宿を歩いていたら、かしわ餅を見つけた。こしあん・つぶしあんを2個づつ買った。そしてふとみると隣にはカーネーションの和菓子!箱には「母の日」と書いてあった。そうだ、明日は母の日だ、と思わず買ってしまった。

0508haha夕食を終えてから、母親に「さあ、お土産デザート!」と和菓子の箱を手渡した。カーネーションの形をした練りきり、つぼみのお餅、葉っぱの葛餅。記念写真を撮らなきゃ、と思ったとき、すでに蕾と葉っぱだけになってました・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2005

久しぶりの事務所では・・・

太陽に恵まれた連休が明けると、なんと雨。いままでの半袖は、あっという間に長袖に変わり、ブレザーを着て傘をさしての8:20出社。カレンダーによれば今日は金曜日、平日です。
しかし、うちの部は連休の続きでオヤスミの人、海外出張に出かけている人やらで、私の周りはポカンと空白地帯になっていました。私のいるフロアは広く、衝立もないので、他部署の人が出社している様子は見えます。だからこそ、私のまわりのこの空間はなに? といった一日でした。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

May 05, 2005

連休も最後(-_-)zz

0505doraこどもの日、ってことは、今日が連休の最後ってこと。でも、この連休は高気圧のおかげで、暖かく太陽の光に恵まれた連休でした。そして、武蔵野では毎年5月3・4・5日と3日間開催されている東京国際スリーデーマーチが第10回を迎えました。
私も過去に3回参加しましたが、毎年参加した人がいます。そして、今年も歩いて、10年連続完歩記念の賞状と記念品として文明堂のドラヤキを貰ってきました。さすがわが母です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2005

銀座でランチ(*^_^*)

やっと実現したちょっと豪華なランチ。今回は銀座四丁目近くのイタリアンレストランになりました。12時からはすでに予約がイッパイとのことで、11時半から予約。全員が揃うまでの時間をWaiting Roomで待つ間、広げてある雑誌や、そのレストランが紹介されている料理の本などを見ながら、これから始まるランチへの期待感を膨らませていました。
0504lunchシャンパンで乾杯し、コース料理を頼み、ワインはグラスで白赤赤、そしてチーズとソーテルノ。いちばん驚いたのは、この手長えび&白アスパラガス。手長えび、といえば、スパゲティの上に乗ったカサカサしていて食べるところが少ないえびだよなーってなイメージだったのですが、このように肉厚!見直しちゃいました。手長えびさんを。
お店の人ともお話ししながら、テーブルでの会話も弾み、なんと4時まで!私たち、最後のお客さんになってしまいました。きっと私たち、ランチで一番の飲兵衛、そして、一番そのレストランを満喫した幸せなお客さんだったことでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 03, 2005

アクアラインから木更津北ICを出ると・・・

0502KOI4鯉のぼりがイッパイです。前から話には聞いていたのですが、本当かな?と覗いてみると、ご覧のとおり。河川敷には幾人かの家族ずれが、鯉のぼりと記念撮影してました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 02, 2005

ワイパーが壊れました(>_<) !

二週間ほど前、時間外の駐車場から出してもらう為に、警備員さんにお願いしてシャッターを開けてもらったとき、「ヘッドライトが片方切れてますよ」と指摘され、おいおい、と修理した矢先、今度は、ワイパーが壊れました。

幸い街なかを走っているときは無事でしたが、自宅前に着けて、荷物を降ろしていたところ、突然、カシャガチャ、と変な音がしたのです。ワイパーとは思わず、なんだろ?と続けて荷物を降ろしていたら、また、ガチャガチャと音がしました。夜中に近かったので、シンとした住宅街にその音が異常に響き渡りました。そして、気づいたのです、ワイパーが片方壊れている!と。そのまま、ちょっと離れた駐車場まで、ワイパーを動かさずになんとかクルマをもって行きました。

さて、連休です。翌日からクルマで出かける予定がありました。すぐ、地元のメーカー修理工場に問い合わせると「なるべく早く持ってきてください」と。で、1時間後に持ってゆくと、ワイパーが外れているとのこと。留め金部分が金属疲労だって!「この車種のは部品が無いんですよ」と言う整備員に、「となると、連休中ですが、どうなります?」と私。「ちょっと待ってください」と倉庫へ調べに行き、「ありました!」と2つ抱えて出てきました。「金属疲労となると、今は動いている片方も、そのうち壊れるっていうことですよね?両方交換してください」と。その後、待つこと10分ほど。無事にワイパーは復活。

しかし、この日、3時に到着予定だったのに、実際は、3時に自宅発になってしまいました。おかげで、人を待たせてしまい、ラウンド前日の泥縄練習の時間も短くなり、夕食の時間が遅くなり。。。押せ押せの一日になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

鉄砲洲稲荷のみこし

東京都中央区の鉄砲洲稲荷。18代目中村勘三郎が担いでいた神輿かもしれません。これは、明石町の神輿です。担ぎたい、と申し込めば、ハッピを貸してくれて、髪の毛を結ってくれる。即席の担ぎ手に変身できます。
0501mikoshi1

もう、夜八時を過ぎていたので、神輿は萱で覆われていましたが、その隙間から一枚撮って見ました。「明石町」のちょうちんが掲げられたお神酒所では、町内会の関係者が楽しそうに酒盛りしてました。0501mikoshi2

【中央区民文化財】の1つ、鉄砲洲稲荷神社は、江戸時代には稲荷橋南詰東側の河岸地にあり、諸国廻船の出入りする、江戸湊の入口に位置し、社名も遠隔の地に知られていた稲荷神社です。明治元年社地が御用地となり、現在地(中央区湊一丁目)に移転。現在の境内は、震災復興として、昭和10年から整備され、社殿、神楽殿、社務所、手水舎、摂社八幡神社などの建造物が配置され、昭和初年の神社境内の様子を、よく伝えていて、また、「鬼平犯科帳」でもお馴染みの場所です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »