« July 2005 | Main | September 2005 »

August 29, 2005

熱い名古屋の週末(完)

日曜日の本番のあと、打ち上げ宴会。そのあと、夜の万博へ行ってきました。行きはスイスイとリニモでいけたのですが、22時の閉園で駅へ行ってみると、長蛇の列は40分待ち。なんとか市内へ戻ってきたものの、名古屋の夜は早く、深夜0時閉店ギリギリのモスバーガーへ滑り込み、ホテルへ戻りました。
翌日、月曜日は、もう万博はいいや、という気持ちになり、オーソドックスに名古屋城、熱田神宮、きしめん、手羽先、みそかつと名古屋名物を求めて市内観光しておりました。お土産には「赤福」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2005

熱い名古屋の週末(3)

金曜午後に開会式があり、その後、参加者350人が、3つのオーケストラに分かれて練習が始まります。なにしろ初めて合奏するわけですから最初はかなりボロボロ。しかし、その日の夜の楽器別親睦会を経て、翌日土曜日は朝から夕方まで缶詰で練習しますし、本番の日曜日も朝からリハーサルです。

そして日曜日の本番では、それぞれに皆、ベストを尽くし、会場は満員御礼、貴賓席には高円宮妃殿下をお迎えしました。正面で大きな拍手をされている姿が、舞台からもはっきりと見えました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2005

熱い名古屋の週末(2)

本番前日のレセプションには愛知県知事、名古屋市長、海外からの参加者、そして、高円宮妃殿下をお迎えしたのです。音楽を愛され、チェロを弾かれた高円宮さまが生前に口にされていた言葉を、妃殿下が語られるのです。その姿に、日本の皇族を誇りに思いました。海外の方々にも今のことを伝えたいと思います、と日本語に続いて、流暢な英語、もちろんクイーンズイングリッシュが同じ内容を語り始めました。元気溢れる妃殿下は、そのあと、私たちの中に降りてこられ、私も乾杯して戴いちゃったし、気さくに写真にも応じてくださいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2005

熱い名古屋の週末(1)

日本アマチュアオーケストラフェスティバル名古屋大会に行ってきました。今回は愛知万博記念ということもあり、開催地は名古屋、会場は、愛知芸術劇場大ホールです。

1時から開会式が始まりました。地区ごとに参加オーケストラの名前が呼ばれ、その後、地区ごとに起立して、会場の皆さんにご挨拶する。北海道地区のオケが呼ばれ、立ち上がった人たちが1つの場所に固まっているのを見て、不思議に思っていたら、どうやら「参加者ガイド」に座る位置が指定されていたらしい。ってことで、そんなこととは梅雨知らず、私はアロハポロシャツを着ていたからかもしれないが、九州・沖縄地区オーケストラの指定場所に座っていた(笑)。ちなみに東京地区のオケは、はるか前のほうにいた。開会式が終わってから挨拶をしに行った。

2時から練習が始まる。Aオケ、Bオケと分かれ、Aオケは大ホールでの練習、Bオケは地下の大リハーサル室へと移動。複雑な愛知芸術劇場の導線を、案内に立ってくれるのが地元オケを中心になる運営事務局の人たち。彼らが居なかったら、迷子になるし、時間通りに指定された場所に辿り着くことも出来なかっただろう。感謝!

0826violaumakuそしてこんな特集をしている本まで、舞台裏に用意していてくれる事務局。
もちろん、即!購入!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2005

ひさしぶりのイタリア料理

0822tiramisu長野冬季オリンピックより前、イタリア語教室で知り合った友達と、10年ぶりに会った。彼女がイギリスへ生活の場を移すというので、その前にぜひ会いましょう、ということになり、急遽設定した今日の夕食。やはり料理はイタリアン。
席について、まず始めたのは、イタリア語教科書の最初のページの話。”Gente che passa.”だっけ?なんて挿絵まで浮かんできた。初級用の教科書なのに、いまいちインパクトの無い、楽しさのない始まりのページだったね、などと、当時を思い出した。

彼女はアルコールはダメ、よって私も今日はグラスワインx2.前菜も盛り合わせを分け、パスタも姫ハマグリと黒オリーブ夏野菜1つを二人で分け、メインを今日のオススメ鶏肉のソテーを分けて戴いた。デザートだけ、なぜか1人1皿頼んでしまった。Tiramisu.
ティラミスとは、「私をいい気分にさせて」といった意味。tira~に置いて、mi私を、su上に。しかし、このボリュームを一人で食べきれるはずも無く。。。こういうところにも時の流れはある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2005

白馬の写真

8月12・13日といってきた白馬ですが、そのときの写真。マイフォトに貼ってみました。優しいカワイイお花たちや、八方池の様子など。そして、懐かしい1998年長野冬季オリンピック大会の滑降のスタートゲートなど。ぜひ、一度見てみて下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2005

東京は震度4!

汐留42階建てのビルで働いている私。自分の事務所フロアは28階だけど、今日のランチタイムの地震。凄かった!
といっても、早番なので08:20出社でランチタイムは11:30から。よって、地震のあった11:46には同じビルの2階のとんかつ屋さんで既にオーダを済ませ、白ゴマを擂っていた。
目の前には、大きなオブジェが揺れていた。その横を気づかないまま自転車で通りすぎてゆく人がいる。夏休みの家族連れがノンビリと汐留散歩などしている。そして、こちらは、28階には居なかったしエレベータの中にもいなかった幸運を噛みしめながら、「青紫蘇メンチカツ」を食べていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2005

八方池へ

0814kerun日曜日の朝、清々しい木漏れ日に目を覚まし、八方へ向かった。昨日の夜のゴンドラと同じゴンドラに乗って、そのままリストを乗り継いで八方池山荘(1850メートル)まで行った。天気予報では、八方のお天気にはいまひとつ不安が残っていた。
八方駅からゴンドラリフト「アダム」に乗って兎平、そこからアルペンリフトに7分乗って、1680メートルの黒菱平へ。そこには、長野オリンピックの滑降競技のスタート台が残っていた。その上はグラートクワッドリフトで5分、第一ケルン(1850メートル)に到着。お花畑を歩くこと1時間半、2080メートルの八方池に辿り着いた。お盆だし週末だし、軽装でも八方池までは登山が可能なため、多くの人が登っていた。池の水面に映る山々を前に、おにぎりを頬張る。
新宿から「あづさ」で4時間の白馬。また来年も訪れたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2005

夜のゴンドラ

0813nighthakubaこの週末、ペルセウス流星群を見るイベントとして、白馬八方ゴンドラは夜間運転をしていました。周りには音がない、ただロープとゴンドラの繋がっている音がするだけ。目の前には中継鉄塔と夜間照明だけ。
ゴンドラに乗って8分、1400メートルの兎平に到着。周りはガスっていて、ほとんど何も見えなかった。白馬の街の光がかすかに見えたけど、空は厚い雲で覆われていた。でも、ときに雲が切れると、真っ黒な夜空に1つ2つの星を見ることが出来た。
0813hanabi折りしも、花火があがっていた。しかし、1400メートルまで上がるはずもなく、ガスで何も見えない。でも、弱弱しい湿った音であっても、花火の音が足元から響いてくるのは不思議な感覚だった。下りのゴンドラから、眼下に丸い花火を見ることが出来た。こんな感じだけど。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2005

ゴルフの帰りに

0811harb千葉のゴルフの帰り道、すぐ近くにハーブ園があった。数多くのハーブが地植えされていて、庭園を歩いているとほのかな香りがあった。温室やレストラン、そして、なんと1部屋ごとに南フランスの地方の名前をつけたお部屋があるこじんまりとしたホテルもあった。全室ツインで、10室のみ。
真っ黒になって白い球を追ってきたあと、こんな優雅なひとときを過ごせたら幸せですね。でも、今日はお目当てだったハーブアイスクリームがクローズしていて残念でした。雪辱しなくちゃ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2005

鎌倉由比ガ浜の花火

0809hanabi_2会社を午後半休して、3時すぎには横須賀線に乗っていた。おともだちのお部屋から、ワインを片手に、こんなに素晴らしく近くに由比ガ浜の花火を見ることが出来ました。音の響きが素晴らしかった。
そしてなにより、色とりどりの花火の打ち上げ開始を五色のワイングラスに白ワインを注いで、いまかいまか、と待っていた私たち。美味しいお料理に楽しいおしゃべりもあり、うーん、至福のときでした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2005

相模湖まで3時間!

もう夏休みに入っているのだから週末の中央高速は混むから、朝は早めに出たほうがいいよ、とは聞いていたものの、ついつい自宅出発が10時になってしまった。八王子から小仏トンネルまで27キロ渋滞中、というサインを見ながら乗った中央高速。まだ空いていたから、飛ばすなら今のうちだ、と飛ばした。
が、八王子に到達する前にすでに渋滞は始まっていた。府中の競馬場が30分も右手に見えていたのだ。この進みの遅さにハタと気くと同時に車内に水を積んでいないことに気づいて、こんなところで熱中症になっては笑えない、と、なんとか頑張って石川SAにて一端休憩。水を買って、再び中央高速へ。水さえあれば、とハンドルの太陽が当たらない部分を握って、のんびり渋滞に身を任せた。
八王子料金所では、ETC専用ゲートも長蛇の列。それもそのはず、料金所を過ぎた先も詰まっていて動けないクルマで一杯なので、このときばかりはETCもカタナシです。
しかし、高速道路の渋滞情報サインは正確で、小仏トンネルを越えたら、クルマが走り出した。27キロの渋滞を抜けたっていうことですね。1時集合のオーケストラ合宿でしたが、到着が1時半になり、駐車場が既に一杯だったので、近くのキャンプ場にクルマを停めて、なんとか2時には練習にジョイン。タクトダウンには間に合ったギリギリでした。
で、帰りですが、なんと1時間チョイ。高井戸出口もたった1キロの渋滞。27キロを体験してきた身としては、出口での1キロなんて渋滞に入らない!と笑顔で中央高速を降りた次第です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2005

冷房の風はお隣から

神田神保町、今日の場所は凄かったです。
こんなに暑い時期でもそのお店には、冷房はありません。でも、なんとなく涼しい風がそよいでいた。8時までは。うーん、お隣の本屋さんが閉店してシャッターを閉めた途端に風がなくなり、カウンタのお客さんたちが一斉に団扇や扇子で扇ぎだした。
鹿児島の焼酎に自家製ぬかづけ、らっきょう、新ショウガ、夏野菜の煮物。なかなか美味しいお皿を並べ、扇子で扇ぐ。会話はカウンタの上を縦横無尽に走り回る。
そばに銭湯があったら、真っ先に飛び込みたかった(笑)、みたいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2005

@niftyと12年間!

こんなメールが送られてきた。

@niftyサンクスプレゼント  ●○●
~ @niftyを1年以上ご利用のお客様 ~
このメールは2005年6月末現在で、@niftyを12年間以上ご利用いただいているお客様にお送りしております。

パソコン通信と言われた時代、会社から支給されたIDだったけど、一人1つのIDを持つことが出来ず、部に一人が代表でIDを持った。その人が海外駐在となり、そのIDを引き継いでから、ずっとそのIDは私の世界中どこにいても連絡の取れる場所だった。その後、個人用IDを取って現在に至っている。そう、会社でのNIFTY-IDは消えたんだったな。ずいぶんなごり惜しかったな。しかし、そんなこんなで情報通信ネットワークの世界に足を踏み入れてから、ずっとNIFTYと一緒だった。それがもう12年も経つんだ。不思議な感慨深さ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2005

飲みは続くよ~♪

まことに予想だにしていなかったことですが、
土曜日:第一回従兄妹会(焼酎)
日曜日:オーケストラのビオラパートの先生との食事会+ワイン+紹興酒
月曜日:6時からの打ち合わせが長引いて、なんと10時ころにやっと開放され、そのままフラフラと日本酒へ。
線路もどこまでも続いていましたが、私の飲みもどこまで続くのやら・・・

明日は禁酒!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »