« November 2005 | Main | January 2006 »

December 31, 2005

サントリーホールでのCount Down

1231countdown大晦日、洗濯や部屋の掃除、年賀状書きに一段落つけて、出かけた先はサントリーホール。カウントダウンをワルツやポルカと迎えようというもの。午前0時に向けて、オーケストラはシュトラウスやレハールの軽快なメロディーを奏でる。そして、あと3分で2006年!というとき、始まったのは「シャンパン・ポルカ」。28日に私たちがYear End Partyで弾いたのと同じ曲だった。そして、この写真は「2006年おめでとう!」まであと45秒というもの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年賀状書き・・・

今年も一年、いろいろお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
今、一生懸命、年賀状を書いています。なんとか3が日には届けたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2005

2005 Tokyo Millenario

_026_0181229mille


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2005

耳に残る京都

たった2泊3日の京都なのに、京都の人たちの話し言葉の抑揚の中にまだ夢見心地のような一日だった。京都の仲良し同窓会ミニミニ版の仲間入りをさせて戴いたからやろか、いまも、京都の話し言葉の抑揚が耳に残ってます。こうやって書いている文章も、アクセントや抑揚が、いままでの言葉と違うし。

新幹線のぞみで、たった2時間やのに、こうも違う日本がある。
京都で気に入った御香をたきながらの夜更かし。これも、なかなかええもんやわ。でも、明日はまだ会社があったっけね(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 25, 2005

京都は今日まで

1225uji「源氏物語宇治十帖」を鑑賞する源氏物語ミュージアムへゆき、平等院へ。鳳凰堂を、土門拳と同じアングルで撮ってみました。
このあと、宇治茶を上林本店と中村藤吉本店で戴き、帰京。

帰りののぞみは、雪景色に気づくまもなく、たった6分の遅れで到着。夢のような、あっというまの3日間でした。感謝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2005

今日も京都から

今朝は、寒いけど、よく晴れた気もちよいスタートだった。

1224momiji
下鴨神社では雪に降られたりもしたけど、糺しの森では残りもみじと雪が美しかった。
ランチを「なかひがし」。


1224hakusa1

そして、橋本関雪の白沙山荘から、豆かん食べて、MEIJIYAでワイン&チーズを仕入れて宿で食事。一日を振り返りながら夜は更けてゆきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2005

今日は京都から

今日から京都。1223maiko途中の大雪で、のぞみは1時間遅れて京都に到着。
わらじや鰻ぞうすい、清明寺、今宮神社、そして祇園です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2005

ありがとう! 「ALWAYS三丁目の夕日」

今日から始まった会社のクリスマスイルミネーションを見て、自宅に辿り着き、PCのメールを確認したら、こんな素晴らしいお知らせが来ていました。

■--------------------------------------------------■
 「昭和語録」プレゼント当選のお知らせ
■--------------------------------------------------■
いつも 『ALWAYS 三丁目の夕日』 オフィシャルサイトをご覧いただきありがとうございます。多くの方々にご投稿いただきました「昭和語録」ですが、監督・映画スタッフによる抽選を行いました結果、見事 makiko 様のご投稿が選ばれました!!

私のどんな写真と記事が当選したか、ここに載っています!
毛糸の三つ編み帽子

ありがとうございます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2005

おめでとう! 「ALWAYS三丁目の夕日」

【日本アカデミー賞】日本アカデミー賞優秀賞全部門受賞
────────────────────────
2005年に公開された日本映画全作品の中から、各賞を選出する日本アカデミー賞の全部門で、『ALWAYS 三丁目の夕日』が優秀賞を受賞したのとニュースが入ってきました。最優秀賞は2006年3月3日(金)に開催される授賞式にて発表される予定とのこと。

 作品賞   「ALWAYS 三丁目の夕日」
 監督賞   山崎貴
 脚本賞   山崎貴・古沢良太
 主演男優賞 吉岡秀隆
 主演女優賞 小雪
 助演男優賞 堤真一
 助演女優賞 薬師丸ひろ子
 撮影賞   柴崎幸三
 照明賞   水野研一
 音楽賞   佐藤直紀
 美術賞   上條安里
 録音賞   鶴巻仁
 編集賞   宮島竜治
 新人俳(女)優賞 堀北真希
          (敬称略)

嬉しい!yuhi_01_l

| | Comments (116) | TrackBack (0)

December 19, 2005

今年もミレナリオ!

1219mille丸の内仲通りには、今年もミレナリオです。"Tokyo Millenario"もうこのように準備万端の気配です。昼間、灯が入っていない豆電球は、まだ真っ白で素直な感じでした。
12月24日(土)の午後5時半頃に点灯し、大晦日には一度消えて、1月1日の0時に再び点灯して3時まで・・・やはり点灯の瞬間に立ち会ってみたいですね。一昨年、その時間帯に行ったのに、「あれ?もう点灯してるじゃない!」とガッカリした思い出があります。時間をちゃんと守ってよね~。

1217tietreeそして、丸の内仲通りは、あれだけ沢山並んでいた銀行は姿を消し、ブランド通りとなっていました。話には聞いていたものの、丸の内OLだった時代は遥かかなた(?)、昔の面影やいずこ???です。あの、丸の内仲通りの様子のことですよ。しかし、こちらも今は汐留OL。
そんななか、ちょっとお洒落なネクタイのツリーを見つけました。
Paul Stuartのウィンドウです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2005

レインボーブリッジに浮かぶ月

1218moon冬の乾燥したお肌の私、ハーバルオイルでアロマテラピーしてもらっていたホテルの部屋から、外をみたら、こんなに赤くて大きな月が見えました。窓ガラスは室内と外気との差で水滴がいっぱいついていたけど、ちょっと拭き去って、デジカメしてみました。
実は、昨年交換したマイレージ特典チケットの期限が12月31日であることを発見して、こりゃなんとか使わなくては!と思ったものの、これから特典旅行券に代えても日程の都合が付かないし、お食事をするにも、メンバーとの日程調整がギリギリだし、一人でホテルにお泊りというのも考えたのですが、それより、やはり疲れた乾燥した身体をリフレッシュ!と日曜に行ってきました。
お姉さんとのお話も面白く、といっても、始まれば寝てしまうくらい心地よかったですけど。マイレージの有効活用でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2005

「英検」の今  STEP BULATS

1963年4月に「実用英語の普及と向上」を目的として設立された(財)日本英語検定協会の主な事業が英検、実用英語技能検定だった。中学生時代から幾度か英検を受けて、合格するとStepバッジを申し込んだ。
STEP: The Society for Testing English Proficiency
この英検、2004年9月に、英国ケンブリッジ大学の語学試験機関と提携して、ビジネスパーソン向けの英語能力テスト「STEP BULATS」を始めた。
BULATS: Business Language Testing Service.
11月18日(金)、就業後、川崎工場のホールで「英語力オープンセミナー」と称して、NHK英会話講師の大杉正明さんをお迎えしての講義があった。「英検か、懐かしいな~。で、新しい英検?」と聞いていたら、なんとこの時期無料で受けられるという。さっそくFAXで申し込んだ。で、その試験が今日だった。

1217stepビジネスに必要な英語能力を迅速に測定、幅広い題材を使って初心者から上級者までの能力判定が出来るという。企業単位での申し込みになるそうだけど、スタンダードテスト(ペーパーテスト)、コンピュータテスト、ライティングテスト、スピーキングテストの4つのテストを自由に組み合わせて受験が可能。せっかく無料お試しなら、全部やっちゃおう!と申し込んだら、土曜日の朝10時から夕方までかかってしまった。。。

竹橋の毎日新聞社内の教室に集まったのは、みな無料お試し受験の人ばかり20名あまり。スタンダードテストはリスニングとリーディングが合わさったもので、約2時間。TOEICと違って、リスニング文章が2回読まれたりして嬉しかった。
そしてお昼。地下の百人亭で、牛タン麦とろ定食。
午後1時からはライティングテスト。これは、記述式で、45分間で50~60語のビジネスレターを書いたり、180~200語の企画書を書くものだった。お題は複数の中から選択が可能。私が選んだのは「フレクッス・タイムを導入するための提案書」。エレベーターホールが混むから、なんてな内容にしてみたけど、どうかな?
そして、最後にスピーキングテスト。15分間、試験官(Examiner)と1対1で話す。3部構成。「まず、名前を確認させてください。どう綴りますか?生まれはどこ?東京、と応えると、東京は好き? もちろん好きよ。東京の他に住みたい街ある?大阪とか?・・・」と一般的な会話をする。これがPart 1、インタビュー。
次に、複数のトピックの中から1つ選んで、1分間のプレゼンテーション(Part 2)。「私のボス」を選んだ(笑)。
Part 3は、ロールプレイ。私がMarket Research Companyを探していて、そのマネージャーと会って、いろいろ聞く場面だった。なんだかんだと話していて、で、グローバルに市場調査してますか?と聞いたら、いままで想定問答集を指で追っていた試験官が、「お、それは想定外の問いだ」とバタバタしていた。すべてが終了したのは、3時半を回っていた。

1217baileys帰りは、木枯らし舞う竹橋から有楽町まで、歩いてみた。気象庁や消防庁を左手に見ながら、パレスホテルを過ぎ、新しくなった丸ビルを覗いたら、中にクリスマスツリー。そして試飲が出来た。「忘れられない味、バリーズ」と記憶喪失しても味は忘れないというCMだけど、美味しかった~。今日はクルマじゃなくて良かった、と思った瞬間でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 15, 2005

ホテル通り抜け

1215_goods今日は夕方、永田町に仕事で出かけた。その帰り道、赤坂見附の駅へ向かうには、どうしようか?ふと思いついたのが、まず赤坂プリンスホテル旧館を見ながら車寄せに入って、仏料理トリアノンを覗いて、新館へ移動。今年はノルウェーからのグッズで飾られてました。

1215treeそして、赤坂プリンス新館を出て、向かい側のホテル・ニューオオタニタワーに入りました。思ったより寒くなかったので、コートを抱えて、足早に行くと、やはり綺麗なツリーを見つけました。ここでも買い物をするわけでもなく、雰囲気を味わって、ちょっと休憩して一枚撮って帰って来ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2005

N響の第九♪

1214nhk9久しぶりに渋谷駅から公園通りを登って、NHKホールまで歩いた。そして、「第九」を聴いた。今年、縁あって2回も「第九」を弾く機会に恵まれたけど、弾けないところは弾けないままだった。そこで、ちゃんとした「第九」を聴きたくなって、今日はNHKホール最上階のD席をとった。さすが二期会合唱団は素晴らしかった。気持ちよく膨らむ合唱の響きは、心地よく耳に響き、安定した音程に安心できた演奏だった。アマチュア合唱団の場合、音程を維持することは難しい。(同じ音を同じ高さで伸ばせない、ということ) 一方で、今夜のソロ四重唱は、ちょっとサッパリしすぎていた。もっと甘く絡み合って欲しかった。。。
1212sandでも、またその帰り道、渋谷駅へ向かう途中に、美味しいお店を見つけた。「こだわりのレストラン、3階まで昇って来てください」という立て看板に惹かれてドアを開けると、大正解。カヴァx1、白ワインx2、赤ワインx1と楽しんだ。もちろんグラス単位ですけど。生牡蠣、焼き野菜のバジルパテ、フォアグラ・サントイッチ(写真参照:大根とのランデブー、これが豪華!そして美味!)、蜂蜜と胡椒で弾みをつけた豚肉ソテー。とにかく、すべてが美味しかった。
「第九」演奏会は、1曲だけの演奏だから、演奏会が早く終わる。よって、アフター第九は、たっぷりあって、美味しい楽しい時間が、また続くというわけ。ありがとう「第九」!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

December 12, 2005

Shiodome City Center

1212shiodome毎日通っているビルも、クリスマスにはちょっと華やいだ雰囲気になります。こんな紫色っぽい銀色のChristmas Tree。お洒落なツリーくんです。

さて、今日は○○年前にアメリカはSanta Rosaでホームステイした仲間との忘年会。ここ5年くらい前から、一年に一度、連絡が取れる仲間ウチで集まってきた。Santa Rosaで過ごした短い時間の中に、それぞれが思い出を語ると、「そんなの初めて聞いた~」という話題がまだまだ出てくる。その年、私たちが訪れたYosemiteは水不足の夏で、滝も小川も干上がっていたっけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2005

サンタさんも走る十二月

1211santa街にはクリスマスツリーが輝き、クリスマスソングが流れて、年賀状書かなくちゃ、おせち料理どうしよう、となんとなくセワシイ12月。サンタクロースも大きな袋を担いで忙しそう。こんな可愛いクリスマスカードを戴きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2005

コンサートホールのChristmas tree

今日はサントリーホールで、イタリアオペラのアリアを聴いた。ネルロ・サンティの指揮で、独唱ソプラノはお嬢さんのアドレアーナ・マルフィージ。飾り付けられたクリスマスツリーのような華やかな衣装で現れたアドレアーナを見つめるのは指揮者というよりお父さんの目だった。

1208suntoryhallサントリーホールのロビーもクリスマス一色で、やはりコンサートホールならではのオーナメント、丸めた楽譜をツリーの中に見つけました。何の曲だろうか?

1208suntryplazホールを一歩出ると、地面には木の葉模様が浮きあがり、緑色のシルバーツリーには2005の文字が見えた。この時期、街はキラキラしていて眩しくて、そしてその眩しさは、次へのステップへの道しるべなのかもしれない。
演奏会後半はチャイコフスキーの「交響曲第4番」。この曲は彼が唯一女性にささげた曲だそうです。しかも交響曲を心理ドラマとしてとらえて、その示導理念として「宿命」を音楽化したとか。前回聴いたN響はチョン・ミュンフン指揮の勇ましい第四楽章だったけど、今日は70歳の齢を重ねたネルロ・サンティ。穏やかな思考を感じさせるフィナーレだった。

| | Comments (435) | TrackBack (0)

December 07, 2005

アーモンドのクリスマス

1208nut2寒くなってきました。こんな日は、ふっくらと白いものに傍に居て欲しいな、って帰宅したら、テーブルの上に、こんなものを見つけました。
アーモンドのサンタクロース、
そして、アーモンドのクリスマスツリーです。

じつはこれ、母親がフォークダンス仲間から戴いてきたものです。食べてしまうには、あまりに可愛くて、ついつい台所に飾って(?)いるんですって。きっと甘いんだろうな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2005

銀座のCHANEL Tree

寒い日曜日だった昨日、目黒区民交響楽団「第九」演奏会で、ビオラを弾きました。ビオラメンバーが足りないとのことで、お手伝い(エキストラ)に行ってきたのです。演奏会の場所は目黒区都立大キャンパスのパーシモンホール。柿の木坂にあるから、パーシモンと名づけたそうで、その名付け親は、このオケの団長さんで、ビオラを弾いています。

DSC00794で、「第九」のような大曲を弾いた翌日も朝8:20から働いたら、やはり体力消耗してたし、月曜日だし、今日は早く帰ろう、と汐留をサッサと出て、ちょっとクリスマス気分の銀座を歩いてマッスグ帰りました。

で、ソニービルの角に見つけたChristmas Tree。CHANEL ParfumといえばやっぱりNo5、なのかな。でも、私はCOCOが好き。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 01, 2005

Christmas Tree あれこれ

今日から12月。あっというまの一年でしたが、これからは街が賑やかになりますね。クリスマスツリーがあちこちにお目見えして、街を飾ります。街に流れる音楽もクリスマスです。そこで、いろいろなクリスマスツリーを集めて見ようかななんて思い立ちました。

DSC00779まずは、ホテルニューオータニ。バックは青にシルバーの壁、そしてツリーは白くてミラーボールなんかも煌めいています。足元には大きな雪の結晶が落ちています。また、氷が転がっているのかと思うと、それはジェリー。触るとヌルヌルしてました。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« November 2005 | Main | January 2006 »