« February 2006 | Main | April 2006 »

March 30, 2006

リトグラフ展

0330nobu同い年の従妹が、ずっと続けているのがリトグラフ。私のビオラのようなもので、お互いに長いお付き合いです。そして、定期的にグループ展を開いていて、今回は5回目。会社帰りに京橋で開かれている「リトクレヨン展」へ行って来ました。
私が気に入ったのはこの絵。モスクと月、そして紺色が全体を締めていて、黄色に元気をもらう。それでいてエキゾチック。

7時までリトグラフを鑑賞しておしゃべりして、お互い近所に住んでいるもので、銀座線で一緒に帰りました。途中、彼女の家に寄って美味しいお寿司をご馳走になりました。
0330hana彼女のところには、今年6歳になったばかりの柴犬がいます。ハナちゃん。私が訪ねると、とにかく喜んで、興奮して飛びついてくれる。今夜も私の気配を嗅ぎつけたのか、ドアを開けた途端、つめの音が廊下に響いて、玄関まで飛んできた。
どうやら人が食事していると、自分は既に済ませているにも係わらず、おこぼれに預かりたいらしい。私たちが食べている限り、私たちの周りから離れようとしない。しかし、食べすぎは太るし、人間と同じものを食べさせてしまってよいのかなど、いろいろ制限があるのが現実。だから、ビールはおあずけ・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 29, 2006

4月からフレックス勤務

4月度(3月21日~)から、私の勤務体系が、フレックス勤務になりました!なんか嬉しいですよね。私の場合の定時出勤時刻というのは、8:20なので、いままでの長いOL生活の中でも汐留に異動してから、一番早い出勤時間をキープしてきました。そして、やっと私にもフレックスの声・・・きっと、9時までに出社すればOKなんだろうな、とばかり思っていました。
しかし、聞いてください。コアタイムが何時から何時までだと思います?汐留の私の部署の場合、08:20~11:30がコアタイムなんです。朝の定時から昼休みが始まるまでの間、この時間帯はちゃんと勤務していなければならないってこと。
その昔のフレックス勤務は、10:00~14:00がコアタイムで、言ってしまえば10:00に打刻すればOKだった。しかし、それを皆が狙ってしまい、10時にならないと部員が揃わない=他の部署からの問い合わせに応えられない=仕事にならない、というような事態が発生し、いつのまにかフレックス勤務というものは消えていた。

試行錯誤を重ね、いろいろな定義を加えながら復活したフレックス勤務。しかし、こんなのあり?!結局、朝、08:20には打刻しなくてはいけないらしいの。ぬか喜びだったわ。。。

| | Comments (25) | TrackBack (0)

March 27, 2006

中野通りの夜桜ドライブ

0327nakano開花宣言から1週間が見ごろだというサクラ。今日は会社から帰ってから、クルマで夜桜ドライブしてきました。新井薬師公園のサクラをアップで撮ってみました。ここ中野通りのサクラは幹が太く、でも背丈は低く、枝を張っていて花を多くつけていました。それこそサクラのトンネルです。
このみちは、いつもオーケストラ練習場所へのドライブコースで、日曜日に走ったとき、これはそろそろ見ごろだわ、とチェックしておいたものです。
0326nakano赤いちょうちんが、中野通りの住宅街のところから、JR中野駅まで、まっすぐに並び、両側にはサクラ。今日は寒さ知らずの夜桜ドライブ。風もなく穏やかだったし、クルマを道路脇に停めて、空腹も忘れて歩いてしまいました。

| | Comments (1095) | TrackBack (0)

March 25, 2006

大宮八幡のさくら

0325sakura3さくら開花宣言が出た東京が向かえた週末。土曜日の今日はお天気もよく、やはりどこかへ出かけたくなった。でも、①洗濯しなくちゃいけないし、②クルマ洗わなくちゃいけないし、③明日のビオラパート練習の準備もしなくちゃいけないし。
ということで、洗濯を終え、クルマで近くの大宮八幡へ出かけた。サクラの名所の1つ、善福寺川沿いだ。まず、クルマを近くのJOMOに預けて、クイックポリマーしてもらった。これで駐車場のことは心配ないし、クルマも綺麗になった。2つクリア。
0325manju暖かい陽射しのなか、まだ人の少ない大宮八幡境内をのんびり歩いて、ちょっと咲いているさくらを見つけては、駆け寄り、青空とのコントラストを楽しんだ。すると、日向に赤い毛氈が引かれている御休み処を発見。お茶とサクラ饅頭。蕾がチョンとのったピンク色。ほっとしたひととき。
明日のパート練習の準備ですが、帰宅してから、夕食までの間になんとか。これで3つクリア。さて、明日は遅刻しないように行かなくちゃ。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

March 21, 2006

Congratulations Team Japan!

WBC決勝戦の今日、地上波デジタルのアンテナ取替え工事を予約していたらしく、午前10時に電気屋さんが来た。なにもこんな日にアンテナ取替えしなくても・・・。でも、電気屋さんも気にしてくれて、繋ぎかえるときを狙っていた。11時17分にゲームが始まり、1回表が長かった。そしてCMが入った瞬間を狙ってアンテナ繋ぎ換えを開始。そのあとチャンネルチェックをして、画面がWBCに戻ったときには、なんとキューバがホームランを打ったところだった。
WBC決勝戦の今日、1時から丸の内交響楽団の練習があった。3回表まで見たあと、後ろ髪を引かれる思いで、クルマのラジオをセットして練習場所である森下文化センターへ向かった。初台から高速に乗ろうとしたら事故のため霞ヶ関まで30分かかるという。ま、30分ならいいや、とWBCに耳を傾けながら高速に乗った。しかし、動かない。なにが30分だ!霞ヶ関を通り抜けたのは1時間を優に過ぎていた。タダでさえ、ギリギリで自宅を出ているのに、これじゃ練習は遅刻だ。
WBC決勝戦を聞きながら三つ目通りを走っていたら、1点差に追いつかれ、気が付くと、曲がるべき信号を過ぎてしまった。道路地図を見直し、方向を変える。とりあえずコインパーキングを見つけ、そこにオペルくんを停めたが、そのころは9回表。イチローのタイムリーで1点を追加し10-5。泣く泣くクルマを降りて、練習場へ向かった。すると同じように遅刻してきたビオラ弾きの男の子が居た。楽器を出している私のところへニコニコしてやって来て「日本優勝したよ!」と耳打ちした。
Congratulations Team Japan!
そう思った。嬉しかった~。聞けば、その子もラジオを聞きながらここまで来たけど、あまりに白熱したので試合終了まで一人でロビーにいたと。
WBC決勝戦の今日は、オーケストラの練習をするより、おなじ集まるなら一緒にテレビで応援したかったね!と思っていたビオラ弾きが何人かいて、練習を終えて、4人で祝杯を挙げた。クルマだから飲めないけど、乾杯だけした。
WBC決勝戦をラジオでしか聞いていなかったから、帰宅してからホヤホヤの地上波デジタルでニュース番組をハシゴした。遅ればせながらシャルドネで乾杯した!「さあ、明日はスポーツ新聞を買うぞ~!」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2006

談合坂の桜

金曜の夜、一泊、山中湖で過ごした。一年ぶりに会う仲間、そして先生との懇親会。昨年は河口湖、今年は山中湖。いずれも富士山のよく見える場所。そして、お互いの日ごろの行動のおかげか、晴天に恵まれ、雪を戴いたキリッとした富士山を拝すことが出来た。
0319sakura
帰り道は、中央道談合坂SAで、漬物を買おう、と決めていた。2時に山中湖を出て、ガラガラの富士五湖道路を走って、大月Jctから談合坂SAまで順調に到着。さあ、中へ入ったら、おやおや、もう桜は満開。すべてがピンク色でした。さくら饅頭、さくらクッキー、さくら餅と、このとおり。
さて、仕入れたお漬物は、べったら漬け、ナスの浅漬け、キャベツのピクルス、そしてこの季節ならではの、筍のお漬物。夕食は白い炊きたてのご飯と、これらお漬物。そして白ワイン。ゆっくりした土曜日の夕食でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2006

春の嵐

天気予報でも言っていたのに、今朝は傘を持たずに家を出た。こういうときは、天気予報があたるもので、会社の帰り道、雨に降られた。汐留からは地下鉄銀座線新橋の入り口まで、信号待ちを雨宿りしながら、走れば濡れることは無かった。しかし、自宅の駅で地下鉄を降りて、地上に上がったら、道路に水玉が跳ね返るくらい勢い良く雨が降っていた。
とりあえず、すぐ近くのスーパーに駆け込み、明日から山中湖に持ってゆくワインを2本買った。そのうち止むかな~、と思っていたけど、ワイン選びに思いのほか時間がかかり、20分後に外に出てみても、まだ降っていた。でも、地下鉄の駅から自宅まではバスに乗らねばならないし、バス停を降りても、2分は走らないといけない。
さて、ここで間に合わせのビニール傘を400円で買うか?いやいや、ここで買っても400円の傘は今後使うとは限らない。ならば、もしタクシーが来たら自宅まで最低料金だから、そのほうが有意義だわ、と傘を買わずにバス停で待った。こんな天気なのだし、タクシーが来るはずもなく、いつものバスが来た。
とりあえずはバスに乗った。降りる停留所が近づくと、おもむろにバーバリーのコートを脱ぎ、ワインを入れた重いバックを肩に担ぎ、ショルダーバックを肘にかけ、バーバリーのコートを義経よろしく頭から被り、自宅まで3分早足したのであった。
天気予報で言っていたにもかかわらず、傘を持たずに、帰りに雨に降られ、ビニール傘を買うくらいならタクシーを。タクシーが来ないから義経になる。なんかそんなオカシナ一日だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2006

今日は弦分奏

風の強い日曜日、1時から5時まで弦分奏だった。弦分奏とは、オーケストラの中の弦楽器だけが集まって練習すること。管楽器だけが集まって練習すると、それは管分奏といい、オーケストラ全員が集まると、それは合奏という。で、今日は弦分奏。
まずは、ニュルンベルグのマイスタージンガー。気になるところをピックアップして弾く。弓の使う位置、音の長さを確認。続いて、ベートーベン三重協奏曲。チェロとビオラの音が混ざり合うと美しい~とお褒めのコメント。そして最後に、ブラームス一番(ブラ1)。この曲は最初が肝心。最初からそれぞれの楽器が鳴っていなければいけない。よって、休憩時間に舞台裏で記念写真キャアキャアなんてやっていないで、楽器を暖めておくこと!との注意あり。一同頷く。
4時間の練習を終えると、次の予定は茗荷谷のイタリアンだった。5時半開店のお店に余裕で到着。生ハム・春野菜のパスタ・しらすトマトスパゲティ・温野菜グリル・骨つき豚グリル・デザートにコーヒー。私一人、飲み物はクルマの為、イタリアのミネラルウォーター"Sole"。他のメンバーは白も赤も測り飲みで最高記録を更新していた。満腹を抱え快適なドライブで帰宅。先週は冬のオープンカードライブだったけど(笑)
自宅で赤ワインをグラスで1杯飲みながら、BS日テレのトラベル番組を通してサンモリッツを懐かしく思い出し、「功名が辻!」再放送を見た。この時間になっても、まだ満腹感が抜けない・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2006

芝浦まで

左リアウィンドウの修理も終わり、オペルくんを引き取りに芝浦まで行くことになった。さて、どうやって行こうか、迷った。いつもは、会社帰りだったりしたので、タクシーでワンメータ+αで到着していたけど、今日はそうは行かない。田町から歩くか、浜松町から歩くか?
まず、道路地図を広げた。
すると、ゆりかもめ「日の出」の駅から近いことが判った。今日はお天気も良いし、地下鉄やタクシーではもったいない。すこしピクニック気分を味わうことにした。しかし、その前に木村屋のアンパンが食べたくなり、丸の内線銀座で降りて、四丁目交差点まで歩いた。あんぱん売り場の混みようは凄かった!
あんぱんを抱えて、土曜午後の歩行者天国を新橋方向へ歩き、ちょっとお茶して、ゆりかもめ「新橋」駅から240円のチケットを買って、乗り込んだ。汐留→竹芝→日の出と3つ目の駅。車内は混んでいなくてお天気は良く見晴らしも良い。東京湾が明るく見えて、2年前まで通勤していた天王洲アイルへのモノレールの窓からとは違った湾岸風景を左に音も無くゆりかもめは進んでいった。
「日の出」で降りる客なんて一人も居なかった。そこから、道路地図の記憶をたどり、芝浦へ歩く。結構、感が当たって、最短距離を歩いて到着。ひさびさに緑色のオペルくんと再会した。ちょっぴり緑色が濃くなって、大人になったように見えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2006

めでたく退院!

会社のPC、本日午後、目出度く退院と相成りました。
CEルームに足を向けて寝られません!

ディスクが変な音を出し始めて、すぐ電源を落とし、CEルームへ持ち込んだことが功を奏したとのことです。「こうかな?ああかな?」と自分の部署内でいろいろ試したアトに、「どうしようもありませんでした~」と持ってこられたのに比べると、僕らとしては、かえって素人さんが「壊れたみたいです、どうしましょ~」と、すぐ持ち込んでくれたほうが有り難いのだそうです。良かった~。
実際、治療中だった私のPCの後ろには、救済処理中のディスクがありましたが、もう5日間も入院しているけど、いっこうに快復の気配がないらしい。そういうのもあるんですよ、と。
月曜日の夕方にバタバタと入院し、精密検査から集中治療、そしてリハビリ。水曜日に退院。見事な連携に感謝です。
あ、オペルくんの方も、予定より早く、本日出来上がりました、との連絡がありました。月曜・火曜・水曜とあわただしく過ぎてしまった今週も、あと2日。ガンバロー。

| | Comments (254) | TrackBack (0)

March 07, 2006

まずは一息・・・

昨日の三重苦。今日は解決の兆しあり。

なんとディスクが変な音を立てていたのは、ディスク疲労らしい(笑)。しばらく休ませてから、今朝、電源を入れたら、ちゃんとファイルが見えたって。で、見えるうちにコピーしたら、エラーもなくコピーできたって!よって、データはすべて救済されました。ディスク交換も済み、OSインストール→ウィルスソフトインストール→WindowsUpdate、そしてデータを戻す。即入院したPCは、CEルームの医師たちによって、すばやい集中治療を受け、明日には退院の予定と相成りました。嬉しい~。感謝です~。
オペルくんの左リアの窓。どうやらワイヤーの問題らしく、部品交換で今週中には納車されるって!よって週末はドライブOK。しかし、いつクルマをPickUpに行くかだわ。木曜も金曜も飲む予定があったりして(笑)、会社帰りは無理だし。。。
一方、会社の机にあるPHSもなんとか充電量も保って、通話に問題はない。こっちもまだ電池が使えそう。

昨晩はどうなることかと思っていたけど、今日も会社に行って良かった。PCが無いと仕事が出来ないから休んじゃえ!と思わなかった自分を褒めてやりたい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2006

三重奏のあと

昨日は、ベートーベンのトリプル・コンチェルトの初めてのソロ併せ。「ピアノ・バイオリンとチェロのための三重協奏曲ハ長調作品56」というとおり、3人のソリストが私たちの狭い練習場に来てくださり、あわせるというもの。
いやあ、CDで聴いてはいましたが、目の前で聴くと、すばらしいです。ソリスト自身の曲への取り組み方や、ソリスト同士も初顔合わせとなるわけで、お互いに確認するところ、希望を伝え合ったり、それぞれ譲れないところや譲って欲しいところなど、3人の駆け引き、まだまだこんなものではないだろうけど、ビオラ2プルート目で弾いていた私、けっこうドキドキしちゃいました。
チェロ素敵ね~。藤森さん「二楽章、弓が足りなくなっちゃうから、テンポ上げてくれる?」ピアノの津田さん、「顔が見えないから合わないのよ、本番は大丈夫!」とシッカリ。村上先生はいつものとおり、ニコニコしながら弾いている。

そんな素晴らしい三重協奏曲の練習を終え、さあ、カレーを食べて帰ろう!とオペルくん友人を乗せ走り出したら、左後方で変な音がした。「あれ?窓、開けちゃいけなかった?」と友人が疑問に思ったときには、すでにパワーウィンドウは虚しくモータの音だけが鳴り。。。左リアの窓が閉まらなくなったのです。モーターの音はしているのに、一向に窓は動かない。。。近くのガソリンスタンドへ行っても、ドアを外さないとダメみたいで、ヘタにいじられてもこまるので、「えい、冬のオープンカーだ!」と、持っていたスキーウェア(上着)を着込み、マフラーを巻き、ホカロンを腿に貼り、暖房全開で、一人走って帰りました。
といっても、自宅の駐車場には屋根も無いし、閉まらない窓は通りに面してる。で、渋谷の知り合いの車庫に入れさせてもらうことにしました。いつもより長いドライブは、信号で停まると車内がホンワカ暖かくなり、走り出すと風が通って寒くなった。そんなこんなを繰り返しながら、山手通りから渋谷に到着。
あとは、月曜日にヤナセに取りに来てもらって。。。と、鍵の受け渡しは?そう、汐留から芝浦までスグなので、昼休みにとんぼがえりして来ました。で、今日の夕方、ヤナセ営業が渋谷の駐車場でオペルくんを無事Pick upしたとの連絡が入り一段落。

思えば、これが、三重苦の始まりだった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

そして三重苦

今朝、いつも通りに出勤すると、私の机の上の電話PHSの充電状態がカラになっていて、充電器の上に載せていてもいっこうに緑ランプにならない。電池が弱っているのか、話している途中にも切れてしまった。。。

0306shosaそして、今日の夕方、「カタッ」と変な音がした。今週末にケイタイを所作F702iD「花くれない」に代え、メール受信音を「木響」に設定していたから、その音かな?なんて思っていたら、「カタッ・カタッ」とどうやら音はPCから発せられていたことに気付いた。そう、ディスクのヘッドクラッシュ!アカデミー賞では「クラッシュ!」が受賞していたけど、とにかく電源を落とし、すぐCEセンタに運び込んだが、思ったとおり、ディスク交換と相成った。データー救済もお願いした。しかし、復旧の保障はないし。ディスク交換するにも部品が明日の午後になるとのこと、PCは即入院だ。

今日の5時15分を境に、思いっきりアナログ人間となった。メールも受け取れない。。。いままでのデータはどうなったやら。バックアップはある程度は取ってあるものの、すべてではないし、どうなることやら。また真っ白の状態から始めるか。所作は「花くれない」なのに。。。

| | Comments (126) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »