« 今日は降られた~ | Main | 昔の仲間と飲む »

September 27, 2006

杉並から20キロのゴルフ場

0927tama
なんと自宅から高速にも乗らず、たった20キロで、ゴルフ場に着いてしまった。しかも、甲州街道を朝のラッシュと逆方向に走るので、気持ちよい。
大学時代のオーケストラで、弦トレ(弦楽器のトレーナ)だった先生と、2年前に地下鉄新宿駅きっぷ売り場でバッタリ会ったのが、今回のラウンドのきっかけ。いつもはクルマで移動している先生がたまたま電車でサントリーホールへ向かおうとしてらした日、ワタシは緑色のビオラケースを抱えて新宿駅を歩いていた。先生から声を掛けてくれて、「俺、いまゴルフに夢中なんだよね、今度一緒にやろう」と。あれから2年経って、突然ケイタイに連絡が入った。
ワタシの家から先生をピックアップして、30分で到着。ちょっと打ちっぱなして、パターを転がして、08:28スタート。チェックしていた週間天気予報がだんだん怪しくなり、今日は昼前からお昼まで雨ということになっていた。しかし、西の空は明るいし、1~6番ホールは、吹く風さわやか、雨も降らず。7番ころになると雲行き怪しく、気温も下がり、おやおやと言う間に降り出した。しかし、ちょうどランチタイム。
雨具を完璧に身につけ、12:58に後半ラウンドに行くと、雨もさることながら、どうやら雷の音・・・。ゴルフで風邪を引くのも困るけど、ゴルフで雷に打たれる、なんてもってのほか。するとサイレンが鳴り、プレイ中断。約30分くらい待たされた。私たちはスタートする前だったので、すぐ非難場所にもどりおしゃべりしながら、雷が通り過ぎるのを待った。
プレイ再開。雷が去ると、雨も小止みになり、後半は青空に恵まれ、はるかに望む新宿副都心のビル群や、多摩センターのマンションがくっきりと見えた。都会のゴルフコースだなあ、と思う瞬間だ。しかし、芝は深く、綺麗に刈り込まれて、さすが名門コース。高いティーグラウンドに立つと、目の前にはマンションが3つ並んでいたり、後ろには一般道を乗用車が走っていたりと、「ファー!」したら窓ガラスを割ってしまいそうな気がする、というのも都会のコースならでは。そして、カートに乗らず、しっかり歩いた18ホール。
ひとつ可笑しかったのは、キャディ見習いというのが居て、ゴルフのゴの字もしらない大学生の夏休みアルバイトの女の子が、パタークラブと一緒に抱えていたポールも一緒に抱えたまま、私たちと一緒にグリーンを去ろうとしたこと。「おいおい、ポールは戻しておかないと!お客さんがやっちゃうのは、たまにあるけど、キャディさんがそれをやっちゃ、問題でしょ」みたいな。大笑いでした。
先生とは初めてのラウンド。ひさしぶりだし、夕食も一緒に、というとき、酒気帯びはご法度だから、と、まず、ワタシのクルマで先生宅へ寄り、先生の道具とバックを降ろして、先生は自分のクルマに乗って、ワタシのクルマの後をついてワタシの家まで来て、ワタシはクルマを車庫に入れ、先生のクルマに乗り込み、先生宅に戻り、先生は車庫にクルマを入れ、タクシーを呼び、仙川の料理屋さんへ向かった。これで心置きなく飲める。帰りは京王線ですぐ。その安心感からか、よく飲んだなあ~。といってもビール中ジョキ2杯、レモンビール1本、グレープフルーツサワー1杯。いずれにしても豪華な一日だった。

|

« 今日は降られた~ | Main | 昔の仲間と飲む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/12089190

Listed below are links to weblogs that reference 杉並から20キロのゴルフ場:

« 今日は降られた~ | Main | 昔の仲間と飲む »