« 涙の週末・・・ | Main | 楽しみな週末! »

November 30, 2006

ひさしぶりにパンを焼く

ずっとご無沙汰していた汐留のパン焼き教室に行ってきました。
実は、今日からはBコース。1段階アップしたコースです。何が上級者になったかと言うと、小麦粉の量です。初心者コースのAコースでは、小麦粉は160グラムでした。でも、今日からは200グラムを越えます。ちなみに、今日焼いた胚芽パンは、小麦粉230グラム。それに加えること、胚芽(ローストしたもの)30グラム、バター20グラム。でも玉子無し。というボリュームでした。

小麦粉の量が増えるとどうなるか、というと、コネルのが大変。パン生地をまとめるのが大変。なんたって、巧く捏ねパン生地を傷つけないで丸めること、がパン焼きの基礎ですものね。単純に足し算しても、小麦粉160グラム+胚芽30グラム=260グラムの粉をこねるということ。ほんと、これは力仕事です。先生も言ってました「女性には300グラムが限界だと思うわ」と。

そして、粉の量が多くなると、今までのように、台の上でコロコロ練ったりこねたりするだけでなく、新しく「叩き捏ね」という手法が加わります。パン生地をテーブルに叩きつけるのです。バン!バン!と叩きつけては丸め、手から生地が離れるとパン生地の温度が下がるので、またコロコロと練って温度を上げる。これを繰り返すのです。
ワタシの場合、家では食卓テーブルそのものを台として捏ねていたので、バン!バン!叩きつけるたびに、お醤油やお塩、焼酎や紹興酒の瓶や、テーブルからつづく食器棚が物凄い音を立てることは容易に想像出来ます。震度10くらいの大地震になりそうです。

1130haigaでも、胚芽パンは捏ねさえすれば、あとは発酵させて、丸めて焼くだけ。とても簡単で美味しいパンです。こんな感じに出来て、試食したくなって、先生からナイフをお借りしました。一口食べたら、もうたまらない!これは、帰り道にクリームチーズやスモークサーモンを仕入れて、今年3本目になるボジョレーを開けよう!と思いました。もちろん実際にQueen's ISETANに寄って帰りましたよ。

|

« 涙の週末・・・ | Main | 楽しみな週末! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/12886452

Listed below are links to weblogs that reference ひさしぶりにパンを焼く:

« 涙の週末・・・ | Main | 楽しみな週末! »