« December 2006 | Main | February 2007 »

January 24, 2007

グラス一杯のお値段

0125opusふらっと寄った銀座のワインカウンターで見つけたのが、このプレート。
1月28日にここへ来ると、2003年のオーパス・ワンがグラスで飲めるらしい。しかし、グラス1杯のお値段が5250円!ちょっとびっくり。
で、思い出しました。数年前、カリフォルニア州ナパバレーへ行ったとき、オーパス・ワンのワイナリーにも行きました。青空でお天気も良く、なぜかクルマ移動でしたが、心地よく迎えてくれる門構えのワイナリーでした。そして、テイスティングをしようとすると、グラス一杯25ドル!ついつい、二人で1杯を分け合いました。そして、ボトルを購入。しかし、ボトルもお一人様3本まで。ワタシは1本だけ買いました。だって、1本125ドルでしたから。
そんな思い出のあるオーパス・ワン。現地で25ドルなら、銀座で5250円ってのは妥当なのかもしれませんね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 15, 2007

早朝の河口湖、逆さ冨士

0115fuji












ここ3年ほど、お正月に富士山を見に行くことが恒例になっているワタシ。今年は、ちょっと遅れてこの週末、河口湖へ行ってきました。全室、窓から富士山が見えるという宿に、偽りはありませんでした。
日の出前、まだ河口湖の湖面が静かに佇んでいるころ、東から昇る太陽がうっすらと富士山を左側からオレンジ色に染め始めるころ、完璧な逆さ冨士を見ることが出来る、と前日、バーテンダーのお兄さんに聞いて、今朝は、5時に目が覚めてしまい、まずは露天風呂へ。すると、三日月がだんだん上に位置を変え、空にはまだ夜の星空、そして河口湖の向こうには、真っ黒に見える富士山のカタチ。すごく不思議な世界にいるように思えました。1時間ほど、音も無い真っ暗な湖面を眺めながら露天風呂にいて、そろそろ日の出時刻と、部屋に戻って、窓を開けると。。。凛とした富士山の姿がありました。
そして、時間が経つにつれ、気温があがり湖面にさざ波が現れると、逆さ冨士は、その完璧な姿を消してゆきます。0115fuji2_2

| | Comments (10) | TrackBack (0)

January 12, 2007

お誕生日の出来事

0112chirashi年が明けてすぐ来るワタシの誕生日。クリスマスの余韻やお正月気分がそのまま引き継がれるような12日なんです。
今年は、昨年末のイヤーエンドパーティーでの出来事がそのまま引き継がれた幸せな日でした。
W.Strehleさんたちのコンサートが、なんとこの日に開催されるというのですから!
会社を終えて、汐留から大江戸線に乗って、新宿で京王新線に乗り換えて東京オペラシティまで息を弾ませて飛んでゆきました。なにか、ワタシのお誕生日へのプレゼントのような気がしたのです。

・モーツァルト:ホルン五重奏曲変ホ長調 K.407
・シューベルト:ピアノ五重奏曲イ長調「ます」D.667
・ベートーヴェン:七重奏曲変ホ長調 Op.20

ホルンの響きの優しさに惹かれ、元気に水を跳ねる若い鱒を感じさせられ、七重奏はメンバーが楽しんでいる姿が、ワタシにも楽しさを与えてくれた。とにかく、演奏者の息遣いが目の前にあるのです。えっ、室内楽ってこんなに勢いがあって、感情があふれ出ていて、見ていて楽しくて、客席の私達にもその流れが伝わってくる、そうだっけ?暖かく厳しく♪は自由に飛び跳ね続けるのです。
東京オペラシティは、大好きなホールだというから、彼らもノリノリになったのでしょうね。こんなに、心臓にドンッと訴えかけられた演奏会はありません。すばらしいBirthday Presentをありがとうございました!Presentred

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2007

うちの七草粥

0107nana


せり
なずな
ごぎょう
はこべら
ほとけのざ
すずな
すずしろ
これぞ七草


我が家の七草粥は、沢山作って、沢山食べる。だから、こんなお鍋で作って、幾杯もお代わりする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2007

あけましておめでとうございます

2007年、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

元旦は、お手製のおせち料理と戴き物のおせち料理を合わせて、お屠蘇を傍らに、家族と「あけましておめでとう」のごあいさつ。

0101omiyaお醤油出汁お吸い物雑煮で、満腹のあと、近くの大宮八幡宮へ初詣にゆきました。気候も穏やかで、人出も多かったようです。今回は、クルマで行ったので、屋台での甘酒にも我慢でした・・・
しかし、昨年は戌年のせいかと思っていましたが、一緒に参拝するイヌたちの多いこと!しかも皆、洋服を着ているので、子供を抱いているのかと見まごうほどです。で、子供じゃなくてイヌだった!と判るのは、抱かれていたワンちゃんが、妹のコートの肩をペロッと舐めたとき、「ギャー、舐められた!」と叫んだその声でした。実は妹、イヌが苦手・・・

そして、夜、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートを見ながらの夕食。年賀状書き・・・大変申し訳ないのですが、まだ進行中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »