« グラス一杯のお値段 | Main | 明日は本番! »

February 05, 2007

いつもの泥縄駆け込み練習

2月12日(祝)午後2時半開演で、演奏会本番を間近に控え、ここんとこ個人練習に明け暮れています。そう、毎回、演奏会まであと○週間、あと○日、とカウントダウンが始まると、慌てて夜中であろうが、個人練習を始めます。せめて1ヶ月前から同様のことをやっていれば、もっと安心して余裕をもって、演奏会本番を迎えられるのに、懲りない奴、とはワタシのことです。
しかし、社会人オケをこうやって続けてこれたのは、そういう、よく言えば「短期集中」、言ってしまえば「泥縄」であっても演奏会の開演のベルが鳴るまで、楽屋裏でもさらう、という頑張りあればこそ、だったと思います。決して自慢できることではないけど、最後まで諦めない姿勢は大切だと思うんですね。

で、ここんとこ、会社帰りのアルコールは控え、夜、部屋のカーテンを閉めて、ドアを閉めて、ときに弱音器をビオラにつけて、練習しているわけです。今回は、リヒャルト・シュトラウス「4つの最後の歌」と「アルプス交響曲」です。夜中に練習するときには、「4つの最後の歌」の静かなメロディを1つ1つ音程を確かめながら、小さな音で弾いています。また、「アルプス交響曲」にもエレジーや、山登りを回想するシーンなどは、夕焼けを想いおこさせる静かなメロディなので、ここは夜中でも練習できます。しかし、「さあ、これから登るぞ!」と意気込むところや「雷と嵐の中を下山」するシーン」は思いっきり弾かないと、音が出ないし、身体に記憶させられない。そういう場面は、早く帰宅してさらうしかない。

さて、演奏会のご案内、ちょっとさせてください。

フィルハーモニック・アンサンブル管弦楽団第45回演奏会
         -創立30周年記念-
------------------------
  日時:2007年2月12日(祝) 午後2時半開演
  場所:東京芸術劇場(池袋)
  曲目:リヒャルト.シュトラウス作曲
       四つの最後の歌  独唱:森 麻季
       アルプス交響曲
  指揮:小松一彦
  S席/3,000円 A席/2,500円(全指定席)
  問合せ先: PEO事務局 TEL 03-3943-2707
  関連 URL http://www.peo.jp/

とにかく、12日が終わるまでは、ビオラは弾いても、風邪は引かない、体調管理にも気を使います。だって、あまりに泥縄駆け込み練習だから・・・

|

« グラス一杯のお値段 | Main | 明日は本番! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/13818279

Listed below are links to weblogs that reference いつもの泥縄駆け込み練習:

« グラス一杯のお値段 | Main | 明日は本番! »