« 今年もラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」 | Main | ラ・フォル・ジュルネでマングース »

May 04, 2007

LFJ 1st Day

LFJ 1st Stage

0504oazo
ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」が始まりました。これから3日間、なんと7ステージも出来るという幸せ。
その第一回目がここ、東京駅丸の内口の右側、OAZOでした。コーヒーショップや丸善が並ぶロビーで、第一回目ステージの幕が開きました。
写真右下、手前に写っている撮影中の彼女、ワタシの友だち(チェロ弾き)です。ここOAZOでは、係員(イベント会社)の指示が細かくて厳しくて、彼女は写真を撮ろうとしては、「そこに立たないでください」「そこに入らないでください」と言われ続けたそうです。実際、私たちも、一般のお客様とぶつからないように、つねに裏口から出て、しかも団体行動。列を乱してはいけない、なんて言われてました。
で、その彼女が入った写真を撮ったのは、2階バルコニーからの母でした。やはり、母は強し!

LFJ 2nd Stage

0504ido
午後3時の丸ビルロビーでのコンサートに向けて、OAZOから、私たちは、コントラバスのイスや、ドラムスなどを手分けして運びながら、楽器を担ぎながら、黒い衣装のまま、しかも、人の目に付かないように、地下道を歩いて移動しました。

0504maru1すると、丸ビルロビーはずっと吹き抜けになっていて、3階・4階・5階とずっと上まで、バルコニーにお客様が溢れんばかりです。すごく嬉しいです。でも、1階ロビーには、お客様が座れるような椅子がなくて、申し訳ないような気持ちでした。通りがかりに耳を傾けてくださる方だけでなく、私たちの演奏中はジッと聴いていてくださった方々もいらしたし。
私たちが、席を譲りたくなるような・・・

0504marubilそして始まった、本日2回目のステージ。OAZOに比べて、ステージが広いので、隣と弓がぶつかる心配もなく、弾けました。



LFJ 3rd Stage

0504stageさて、本日最後のステージは、東京駅前通りの特設テントステージ。皇居のほうを向いて舞台が設置されており、なんと夕日が眩しかったことか。指揮者を見ると、残像が譜面に・・・ 
でも、皆、今日はこの回が一番、テンポが良く弾けた・吹けたと言ってました。場所が場所だけに、私たちの間にはマイクが立ち、緊張したステージでもありましたけどね。

0504stage3そして、夕日が沈むころ、一番眩しいころに、無事、3回目のステージは終わりました。そのあと、皇居のほうをみると、なんと綺麗な夕焼け。こんな夕焼けを見ながら弾きたかったね、眩しくて何も見えなかったね、などと感想を語り合いながら、1日目を終えました。

|

« 今年もラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」 | Main | ラ・フォル・ジュルネでマングース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/15170990

Listed below are links to weblogs that reference LFJ 1st Day:

« 今年もラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」 | Main | ラ・フォル・ジュルネでマングース »