« 灼熱欧州報告(番外編) | Main | 灼熱欧州(ブダペスト2) »

July 26, 2007

灼熱欧州(ブダペスト1)

ブダペストには、団体より1日早く入りました。でも、団の到着が夜、しかも深夜に及んだこともあり、自由に使える時間が丸々2日あったのです。こういうことが嬉しいから、ついつい団体行動から離れてしまう。

0727hotel団体到着までの1泊だけど、宿泊したのはゲレールト温泉をもつ、ホテル・ゲレールト。ブダペストはヨーロッパ一豊富な鉱泉を使って、公衆温泉が市内にいくつか公開されています。その中の1つで、どの観光ガイドブックにも載っている由緒あるホテルです。

0727nixon古くは、湯治客の宿泊施設として使われていたらしく、客室のドア1つ1つは、まるで冷凍庫への入り口のような、しゃれっ気もない白い重たいドアでした。しかし、そんななか、マホガニーのドアがいくつかあり、そこにはプレートが掛かっていて「ニクソンが泊まった」「マキシミリアンが泊まった」などと書かれていました。

0727menuin1つ見つけたのは、「メニューインが泊まった部屋」というのがあり、私たちの部屋と同じ白い重たい鉄のドアでした。名ヴァイオリストであっても、音楽家はやはり貧乏だったのでしょうか?すごく親近感が湧きました(^^)

|

« 灼熱欧州報告(番外編) | Main | 灼熱欧州(ブダペスト2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/15936678

Listed below are links to weblogs that reference 灼熱欧州(ブダペスト1):

« 灼熱欧州報告(番外編) | Main | 灼熱欧州(ブダペスト2) »