« 灼熱のヨーロッパ演奏旅行 | Main | 灼熱欧州(テクノ編1) »

July 23, 2007

灼熱欧州報告(気温編)

昨日も書きましたが、最近の新聞で取り上げられているように、いま欧州は大変なことになっています。熱波、灼熱、猛暑、そんな言葉があちこちに載っています。CNNを見ていても、天気予報でもないのに、ヨーロッパの地図が画面に現れ、Heat in Europeです。

そんな中、先週ワタシは欧州にいたわけです。

ブダペストでは、気温36度くらい。
温泉(スパ)が名物というだけあって、老若男女がイモ洗い状態。なので、行くなら午前中がオススメ。だって、お湯の色が違います。湯の花ってなものではないお湯の状態。
そして、温泉(スパ)付きのホテルに宿泊したのに、シャワーの蛇口からはお湯が出ない(笑) エイヤッと水シャワー。まさか、ブダペストでも水シャワーとはね。
0711leverしかし、そんな暑さや、予想外の冷たさを吹き飛ばすのは、フォアグラ。これがハンガリー名物だとは知らなかった。グリルしたフォアグラが1皿に3切れも載ってくる。しかもリンゴ甘露煮と良く合う。2日間連続でフォアグラディナー。だから暑さに負けず体力キープ。無事、「第九」演奏会を迎えることができたんだと思う。しかし、ホテルの体重計が故障してる!なんて皆で騒いだけど、どっちが故障してたんだか。

続いて、ウィーンでの「復活」演奏会に向けてバス4台で向かう。
途中、風力発電の大きなプロペラの連立や、ひまわり畑の黄色など、アウトバーンの走りと相まって、心地よい眠りに誘われた。
0715himawari
しかし、ウィーンも暑かった。40度といわれた。
空調なんてあってもないような宮殿ホールでの練習そして本番。ウィーン子に「暑くてごめんなさい」と謝られてしまうほど。でも、彼らは家に冷房などない。私たちはホテルだから、夜は涼しくぐっすり眠れるけど、それを思うと、いえいえ、これしき、と笑顔を返した。

次は、ジュネーブ。
28度という機内アナウンスに、あ~涼しそう~、とホットする。確かに、涼しかった。しかし、そこでみたニュースでは、今度はブダペストが40度だという。これは大変だ。

続いて、ミュンヘンへ行くと、やはり36度。
でも夜中には雷を伴う大雨。これでちょっと涼しくなった。しかし、事務所には、冷房はなく、ノータイのワイシャツ姿で腕まくりをしたものの、ボーッとPCと仕事をしているそうな。そんな人には冷房とシャワーが最高のプレゼントだろう。

そして、LHで帰国してみれば、日本はまだまだ梅雨。
雲は厚く、気温は低いけどやっぱり湿度は高い。でも、この湿り気が、ワタシタチ日本人の肌をしっとりさせているんだな、と思うと、ちょっと自慢したくもなる。

そんなこんなのビオラ抱えた欧州旅行も無事終わり、これで長い夏休みも終わり。あとは、小刻みにON&OFFを繰り返しながら、室内温度28度設定のクールビス生活に戻る。は~い。

|

« 灼熱のヨーロッパ演奏旅行 | Main | 灼熱欧州(テクノ編1) »

Comments

お蔭様で、ブダペスト、ウイーンとコンサートは盛況で無事終わりました。
滞在中はメチャクチャな暑さ!!35度~40度、カフェや地下鉄にエアコンは無く暑さとの戦いが最も印象に残っています。
そんな中、食べ物にはずれが無かった事が嬉しいことでした。
特にブダペストはまだ物価は安いし、名産のフォアグラ(りんごと一緒にお料理するのが特に)がとても美味しかった~。
ブダペストは町並みも美しく、バーやカフェのお兄さんが皆イケメン&やさしく(素朴さを残していて)しかも英語が通じる!!
このイケメンのお兄様(といっても明らかに年下だけど)には「夜更かしつれづれ」の管理人もはまってましたよ~。。。
中々良いところでもう一度行きたいね。

Posted by: J-cocchi | July 27, 2007 at 10:27 AM

J-cocchiさん、
ブダペストは本当に「ドナウの真珠」ですね。
食べ物も飲み物も美味しいし、人も温かくて綺麗で。
パブリカをお土産に買ってきたので、グラーシュ作らなきゃね(^^)v

Posted by: makiko | July 29, 2007 at 02:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/15861019

Listed below are links to weblogs that reference 灼熱欧州報告(気温編):

« 灼熱のヨーロッパ演奏旅行 | Main | 灼熱欧州(テクノ編1) »