« 灼熱欧州(テクノ編1) | Main | 灼熱欧州(テクノ編3) »

July 24, 2007

灼熱欧州(テクノ編2)

ケイタイ電話。これまた凄くてビックリしました。

そもそも、今回の旅行を目的に、F904iに機種変更したのですが、グローバル対応。世界のどこでも(国に制限はありますが)日本にいるのと同じようにケイタイが使えます。
0724keitai1しかも、海外の空港で降りて、スイッチをONにすると、現地サービス会社を自分で探して、画面の左上に小さく表示します。そして、現地時間と日本時間が対照できるように両方とも表示されるのです。

今回、友達も同様に海外対応の機種だったので、旅行中も連絡をメールで取り合ったりしました。電話とかけると、日本経由になるので、現地のサービス会社から日本へ国際電話となるので、料金は割高になります。
また、メールも自由に出来ました。ただ、日本国内送受信でのパケット特別割引(パケ放題)の対象外になり、また絵文字は高い、というので、顔文字を利用していました。
海外から、そのままリアルタイムで写真付きブログを更新できるのも、このケイタイあればこそ。写真は小さなサイズに変換してから送信します。でないと、やはり料金が・・・

さて、7月のケイタイ使用料金は、いくらで請求がくるのでしょうか?
これは恐い話に位置づけておいたほうが良いかもしれませんね。

|

« 灼熱欧州(テクノ編1) | Main | 灼熱欧州(テクノ編3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/15938061

Listed below are links to weblogs that reference 灼熱欧州(テクノ編2):

« 灼熱欧州(テクノ編1) | Main | 灼熱欧州(テクノ編3) »