« 灼熱ウィーン「復活」 イン 東京文化会館 | Main | JAO酒田おっかけ記(2) »

August 19, 2007

JAO酒田おっかけ記(1)

0819jao1_2

東京文化会館での「復活」を終えて、翌日の12時に羽田を発ち、庄内1時着、2時開演のJAO酒田大会へ到着。本当は、出たかったんだけど、前日にコバケンさんの「復活」本番があるので、今回は、聴衆として参加しました。東京からのおっかけ。
酒田市民会館「希望ホール」は準備万端。ワタシは、2階席の最前列に座った。隣に座った人と少しお話をした。クラシックを聴けるのをすごく楽しみにして、花柄ワンピースでお洒落をされて、すごく気持ちの良い女性だった。貴賓席に座っている人を、「あの人が山形県知事の齋藤さん、その隣が酒田市長の阿部さん」と説明してくれた。右側の貴賓席には、毎年お越しいただく高円宮妃殿下が、今日も素敵なスーツ姿で座ってらした。

バルトーク作曲「管弦楽のための協奏曲」、略して、オケコン。
マーラー作曲「交響曲第九番」、略して、マラ9。

いずれも大曲。
「いやあ、みなさまお疲れさまでした。素晴らしかったです。」
と、打ち上げの席で、久しぶりに会ったビオラメンバーに挨拶。来年は高松だって。プロコのロメジュリ、シンフォニックダンス。ワタシはプロコがいいな。讃岐饂飩も食べようね、などと再会を誓い合った。

そして、湯野浜から眺めた日本海に沈む夕日。

0818yunohama

そして、美味しく戴いたお料理。

0819dinner左のお鍋には、鮑くんが眠っているのですね。で、蓋を開けると、蓋にピッタリくっついて、一瞬、あれどこへ行ったの?と思わせる茶目っ気あり。そして、火を点ける前の日本酒シャワーがよほど気に入ったらしく、鮑くんは、身をくねらせて喜んでいましたっけ。

そう、私たちも、大吟醸「初孫」の魔切り、戴きました~

|

« 灼熱ウィーン「復活」 イン 東京文化会館 | Main | JAO酒田おっかけ記(2) »

Comments

この旅館たしか一休?あそこは温泉からの夕日と料理が逸品!8月にトムヤンクンの国から帰ってきました。

Posted by: 帰ってきた酔っ払い | August 31, 2007 at 03:02 PM

帰ってきた酔っ払いさん、
トムヤンクンの国ということは、タイですね?
タイ料理は美味しかったです。大好きです。そうそう、神田に美味しいタイ料理のお店がありますよ!
引き続き、JAO酒田おっかけ記(2)もお読みくださいね。

Posted by: makiko | September 03, 2007 at 11:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/16272562

Listed below are links to weblogs that reference JAO酒田おっかけ記(1):

« 灼熱ウィーン「復活」 イン 東京文化会館 | Main | JAO酒田おっかけ記(2) »