« JAO酒田おっかけ記(1) | Main | 台風9号の週末(金) »

August 20, 2007

JAO酒田おっかけ記(2)

0820asa酒田の朝は早くて、6時半に温泉へ行き、日本海の波の音に耳を傾け、8時には朝食の間に集合。
「元気玉子」と「シオ納豆」。この玉子は、ぜったい黄身が壊れないシッカリした玉子で、久しぶりの生卵とのご対面だった。そして、シオ納豆とは、麹が入っているのか、味付け納豆という珍しい瓶詰め。これが美味。シオ納豆+元気玉子+炊き立てご飯。おかわりしました。

そして、ご案内いただいたのが、まずは、松ヶ岡開墾記念館
0820matuここは、明治維新の後、庄内藩士たちが刀を鍬に持ち代えて切り拓いた土地で、士族に対する授産事業として、庄内藩が養蚕業に取り組んだところです。いまもこのアタリには、当時の蚕室5棟が残っていて、そのうち1棟が松ヶ岡開墾場記念館として公開されています。明治8年(1875)に木造でこれだけの規模のものを建てたことにも驚かされます。
そして、5番蚕室は、映画「蝉しぐれ」資料館なのです。近くには、オープンセットまであります。このオープンセットは、完成してから更に一年間、風雨にさらして、自然の風合いを加え、本物の瑕疵(かし)感を再現させたといいます。文四郎さまとお福さんのシーンが浮かんできました。

0820honma続いては、本間美術館
この8月末から、JR「大人の休日」CMで、吉永小百合が庄内を訪ねているのをご存知ですか?館内は撮影禁止だったので、庭園からその建物を写してみましたが、この2階で撮影されたCMが流れているのです。実は、そのお話しを伺って、ワタシも吉永小百合と同じ角度で、同じ展示物を眺めてみました。ちょっと大人になった気分でした。
うふ。

東北公益文科大学キャンパスへも行きました。日本で初めての公益学を学ぶ大学として2001年に創立されました。緑に溢れるキャンパス、階段教室のような講堂は、ブラインドを上げれば、廊下からも丸見え。どんな講義が行われているのか、講演会が進行しているのか、興味のある人は外からうかがい知ることが出来るのですね。
酒田・鶴岡に来て、「公益」という言葉を学びました。とくに最近では企業のCSRも注目されているし、ヒトとココロの時代とも言われているし、なるほど、と。

0820sankyoそして、酒田といえば、「おしん」。
「おしん」といえば、山居倉庫。
「大人の休日」CMで、吉永小百合も歩いている、ここです。左側に見えるのはケヤキ並木。倉庫を西日や強風から守ってきた堂々とした姿が圧巻でした。
山居倉庫は明治26年(1893)、酒田米穀取引所の付属倉庫として建造されてから、すでに築百年以上経っているにも係わらず、現在でも、現役の農業倉庫としても活躍しているというのですから、驚きです。また、山形県酒田市観光物産館・酒田夢の倶楽として、観光スポットでもあります。

JAO酒田大会を聴きに来たことに始まり、素晴らしい夕日、美味しい食事、酒田・鶴岡名所旧跡見学、「おしん」を懐かしんだり、吉永小百合と同じものを同じ角度で見たり、1泊2日ではないような盛りだくさんな有意義な旅となりました。音楽が好き、行けるときには行こう、そして、そこで広がる人の輪。
今回の旅は、思いがけなく中身の濃いものとなったのも、酒田在住の方にご案内いただいたからです。本当にお世話になりました。ありがとうございました。
帰り道は、酒田から仙台まで高速バスに乗って、3時間ちょっと。その間、月山を潜り抜けながら大吟醸「初孫」のワンカップ+だだちゃ豆を友に、車窓に映り行く夏の終わりの緑を楽しむことも出来ました。仙台からは東北新幹線で、牛タン弁当を食べていたら、あっという間に東京でした。

|

« JAO酒田おっかけ記(1) | Main | 台風9号の週末(金) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/16325103

Listed below are links to weblogs that reference JAO酒田おっかけ記(2):

« JAO酒田おっかけ記(1) | Main | 台風9号の週末(金) »