« 昭和の日めくりカレンダー | Main | 椿山荘で披露宴パーティー »

November 07, 2007

ビオラ公開レッスン

1107viola

今日は会社員をお休みして、元ウィーン音楽大学教授のフリューリンガーさんによる、ビオラの公開レッスンに聴講生として参加してきました。この7月、ウィーンで演奏会をしたとき、現地トラとしてお手伝いいただいた女性が、実は、教授の奥様だったというつながりです。
灼熱ウィーンでの演奏会本番翌日、ワタシは彼女のお家にお呼ばれされて、お茶を戴きました。本当にお茶、日本茶だったのです。そのとき、「ワタシの旦那さんは、ウィーン音楽大学を引退して、この秋には日本に教えに行くのよ」と仰ってました。そんな中、公開レッスンがあると知ったのです。これは行かなくっちゃですよね。

受講生さんたちは、芸大生で、一人1時間、1曲。フリューリンガー先生の一言ひとことで、彼女たちの音が変わってゆくのです。見ていて、それはなかなかでした。そして、先生が弾かれると、またその音が大きくて暖かくて太くて、ものすごく素敵なのです。小さなスタジオでビオラの音に包まれる幸せを感じていました。また、先生の一言一言に、本当にビオラを愛してらっしゃるのだな、と感じました。ワタシにとっても至福の時間でした。

今回は、短期間の滞在だそうで、10日にはウィーンへ帰られるとか。で、ワタシは、休憩時間に、ウィーンで奥様と2ショットした写真をお渡しし、ちょびっとお話しました。奥さまもウィーンでのPEO演奏会に一緒したことは楽しかったみたいです。「妻から聞いてるよ。そうそう、思い出した!東京から来たアマチュアのオケの人だよね。またウィーンにいらっしゃい」 と固い握手と記念写真撮影。

会社に戻りたくなくなってしまった午後でした。

|

« 昭和の日めくりカレンダー | Main | 椿山荘で披露宴パーティー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/17104723

Listed below are links to weblogs that reference ビオラ公開レッスン:

« 昭和の日めくりカレンダー | Main | 椿山荘で披露宴パーティー »