« 手作りシュウマイ | Main | 3月最後の週末 »

March 23, 2008

楽しい音楽の時間でした(^^)

お天気も良く、暖かかった23日(日)、無事、演奏会を終えました。もちろん、迷子になったり、いろいろ事件はあったのですが、1時間15分の曲を、気絶せずに最後まで弾ききった、そんな達成感のある演奏会でした。

曲を思い出してみると・・・
とにかく今回は、キザミ♪が多くて♪♪、とにかく多くて♪♪♪、でも、管楽器からしてみれば、目の前の弦楽器がホヨホヨしていては調子悪いだろう、それにどこからか聞こえて来た管楽器の「しっかりキザメ!」という言葉。それが、すごく印象に残っていて、リポビタンDスーパーを本番1時間前に飲み、スタンバイ。そのおかげか、最後までキザミ♪を気を抜かず手を抜かず♪♪も抜かず弾ききりました。

なんたって、ビオラですから、「ワルキューレの騎行」は馬の嘶きを、ヒヒーン、ヒュルヒュルと引き続け♪♪♪、「モーツアルトP協奏曲」では、八分音符をコン♪コン♪ツン♪ツン♪と弾ませ、「ブルックナー8番」では、大河ドラマ「篤姫」ではないけど、キザミ&トレモロがビオラの役割でございます、ということで、休む暇なし、筋肉痛一歩手前・・・の演奏会でした。

またあるときは、キザミ時の二の腕の揺れが心配になり、いつものノースリーブから舞台衣装変更か・・・とも思ったのですが、前日に鏡の前でチェックしたら、案外大丈夫だし(^^)、しかもビオラは右手は舞台の奥になるから、少なくともお客様からは見えないんですよね。でも、後ろにいたコントラバス弾きや、ファゴットさんたちには見えていたかな。

で、自分で言うのもなんですが、今回、ビオラの中で一番キザンでいたと思います。ブルックナー8番では、ほんと刻まないと曲にならないし、ビオラの役割ですもの、って、気を配って、心を配って、頑張りました。気分は大好きなN響OBのOKボ先生の熱いビオラでした。熱くなったり、冷めたり、青くなったり、でも、大伽藍に響く祈りのコラールには胸が熱くなりました。そして、今日になってもまだ、仕事中でもまだ、頭から抜けないのです。ブルックナー8番、そして宮沢明子さんのモーツアルト。

すごくいい演奏会だったんですね。
だから、打ち上げでのみんなもこんなに元気でした。
0323uchiage

|

« 手作りシュウマイ | Main | 3月最後の週末 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/40648902

Listed below are links to weblogs that reference 楽しい音楽の時間でした(^^):

« 手作りシュウマイ | Main | 3月最後の週末 »