« ワインクラブの会 | Main | サイトウキネン »

August 27, 2008

新しいビジネスモデル

最近、街角にいませんか?  イケメン行商人。

野口というお豆腐屋さんにあったのがまず最初。
地下鉄丸の内線)新高円寺駅の階段を上がったところ、Queen's ISETANのすぐ隣で、自転車に旗を立てて、背の高い日焼けした男の子が立っていました。目新しいものには興味があるワタシ。ちょっと立ち話してしまった。
すると、昼間は住宅街を廻って奥様方をターゲットとし、夕方は駅前に出てきて、会社帰りの人をターゲットにするのだとか。なるほど、ワタシの時間は夕方だから品切れもいくつかあったけど、お豆腐だけでなく、簡単なお惣菜も揃えてました。

で、この売り子さんは、どちらかというとイケメン風。
それもそのはず、ミュージカルスターを目指して修行中の生活費稼ぎのバイトだったり、俳優志望やヒップホップ修行中など、どちらかというと、いままでは食えない時代だった、と思い出す時代にいる子たちだ。しかし、目指しているものが、一種、華やかな世界でもあり、人に認めてもらうことがまず第一、という世界。そのせいか、人当たりはよく、感じのよい子たち。しかも、男の子ばかり。

ご想像のとおり、お豆腐、ところてん、など買ってしまった・・・

また、数日後の銀座、夜9時ころのこと。
こんどは、桃を箱ごとかかえた男の子がいた。「これで売り切りにしたいので、1個300円のところ、200円にしますので、お願いできませんか?」といってきた。なんと福島県からやってきたという。

0827momoまあ、みたところ大きくて色もよい丸さもキレイな桃、それが一個200円ならいいかな、と思ったら、売り切りたいから残っている4個を全部お願い、という。4個も銀座から桃を抱えて帰るなんてねえ、桃はデリケートな果物だから、ちょっとひるんだ。でも、先日、最後の桃を家族に食べられてしまったことを思い出し、頑張って持って帰ることにした。

で、桃を包んでもらうあいだ、ワタシも道端にしゃがんだ。
そして話しかけた。「このあいだはお豆腐買ったわよ」と。すると「野口屋さんですね!うちと合同でテレビで紹介されたんですけど、そのときボクも出てました。見てくれましたか?」と嬉しそうに応えてきた。もちろん、そんなテレビ番組は見たこと無いけど・・・
「これ保証書です」と紙切れにサイン入りで渡してくれたので、「味の保証してくれるの?」と聞いてみたら、「いえ、もし傷んでいたら言ってください。1つでも交換に伺いますから!」と元気に答えるんだな、これが。

なるほど!近頃のビジネス形態の1つとして、若い男の子が人通りの多いところで行商人となる。そして、会社帰りの女性をターゲットとして、爽やかな笑顔を振りまきながら、くったくない語り口調で、でも、一応礼儀正しく接して購買意欲を掻き立てる。ある意味、立派なビジネスモデルだ。

このことを母親に話したら、
「あなたは若い男の子に弱いのね」と一笑されちゃいましたけど。

|

« ワインクラブの会 | Main | サイトウキネン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/42352766

Listed below are links to weblogs that reference 新しいビジネスモデル:

« ワインクラブの会 | Main | サイトウキネン »