« August 2009 | Main | October 2009 »

September 30, 2009

陸上競技部激励会

以前の部署の本部長が、陸上競技部の担当役員だったとき、「皆で後援会に入って応援しよう!」と部署全員で入会してから、はや10年近くが経ちます。でも、こんなことは初めて。

ベルリン世界大会の結果報告会&激励会というものが、本社ビルの会議室で開催されると知り、一般後援会員からは抽選で40名ほどが参加できるとのこと。抽選とは厳しいな、と思いながらも応募してから、今日がその当日。「応募多数の場合は抽選の結果、参加可能な方にのみメールします」とあったので、前日の夜までにもメールは無いし、これは外れたな・・・と。
ところが、今朝、PCを立ち上げてみると、いつのまにか「参加される皆様へ」というメールが着信されていた。もちろん、行ってきました。

今日は、総勢30名の陸上競技部の選手たちが来てました。ベルリン世界大会ではメダルが取れなかったことのお詫びの言葉や、ここに集まっている人への御礼、今年の新入社員選手からの抱負や、今年で現役を引退する選手からの挨拶、そして監督から来年元旦の実業団駅伝への抱負などなど、一人一人がマイクの前に立ち、短いスピーチをするのです。そして、また歓談・・・企業のスポーツ選手というのは大変だな、素敵だな、がんばってるな、いろいろと思いました。でも、そのおかげでこうして北京オリンピック男子400メートルリレー銅メダルの高平選手・塚原選手とツーショットできたりするのですね。

こちらこそ、ありがとう!
これからもっと応援するのでがんばって!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2009

すごい機能がケータイに!

ゴルフのスイング。スクールで習っても、実際に回ってみると、はて?どうだっけ?と思うことありますよね。いつも、分解写真を撮ってくれる仲間が一緒ではないし...

リンク: 富士通、腰に着けるだけでスイング解析できるケータイ開発 - 速報:@niftyニュース

でも、ケータイを腰につけてラウンドするっていうことは、仕事の電話が飛び込んできたり、せっかく都会の喧騒から逃げてきたのに、なんか追いかけられているような気分になりそうですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2009

シルバーウィーク イベント①

この季節、秋晴れという言葉が聞かれる中、今日は千葉へゴルフに出かけました。
今回のゴルフで見事だったのは、3点。

①ワタシは都内からクルマで稲毛へ。そこで、ゴルフコースへの道をよく知る人と合流し、ワタシのクルマはその人の駐車場に停め、クルマを乗り換え、ワタシは助手席に。ゴルフ場では、都内からの2人組と合流。4人でラウンドしました。
そして帰り道、都内からの2人組の1人は用事があるからと1人で帰宅。残ったた3人は、1台のクルマに乗ってまずは稲毛へ。そこでワタシのクルマに3人まるごと乗換え、次はワタシがハンドルを握り3人で都内へ戻りました。まず、1人をご自宅前に降ろして、残り1人とともにワタシは自分のクルマを自宅駐車場へ戻しに行き、クルマを置いて2人でタクシーを拾って、先に自宅前で降りた人のお宅へ再度集合。そこで、夕食を戴きました。もちろん、アルコールありです。クルマはありませんから。で、その方の自宅で11時まで・・・解散してから、稲毛へ帰る人は東へ、ワタシは西へ。
この見事な連携プレー。すごいですよね。

②ゴルフコースの中でのショートホールによくある、ワンオンチャレンジ。だいたいロングヘアーの可愛い女の子がミニスカートで、「どうですか?賞品もありますよ~^^」なんていう声にオジサンたちは賭けてしまうのだけど、今回も4人のうち3人が男性だから当然のように賭けてました。
ワタシ?
「とんでもないです」と言ったものの、3人が賭けているし、こうなったら皆で!となり、ワタシも参加。
すると、すごい!4人が4人ともワンオン!

③クルマを自宅駐車場へ置きに行ってでも飲みたい、というか、夕食を一緒に食べましょうという前向きさ!
3つ目は、そこで戴いた七色茶漬け。ワタシとしたことがデジカメすることを忘れてしまうほどの素敵なメニューなのです。レシピを教えていただいたので、こんど作ってみます。そしたら、写真でお知らせしますね。
「チャングムの誓い」をご覧になった方は、思い出してみてください。とにかく、チャングムは食材をよく刻んでいましたよね。トントントン、こまかく刻んでいました。その七色茶漬け、まさに7つの食材をとにかく刻むのです。その量たるもの半端ではありません。茹でた豚肉・きゅうり・冥加・錦糸卵・・・などなど。そして、その食材が1つの大皿に盛り付けられるとその色もキレイです。
茶漬けとはいっても、お茶ではなく豚スープをかけます。ご飯は少なめで、刻まれた具を自分でいろいろ組み合わせてご飯に乗せるんです。楽しいですしね。

そんな3つもすごいことのあった1日。ゴルフだったのか、ドライブだったのか、七色茶漬けだったのか、どれもこれもがメインだった1日でした。

9月21日(月) 09:12 イン・スタート (ワタシの走行距離 136キロ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2009

シルバーウィーク始まる

今日から始まる5連休のことを、ゴールデンウィークに准えてか、敬老の日が含まれているからか、シルバーウィークというらしい。なんとなく違和感のある呼び名。連休があるのは良いことなんだけど、9月のこんな時期に5連休とは思い切ったことをするものだ。というのも、9月とは期末。期末とは、忙しいとき、納期が迫っているものがあるだろうし、話し合っておかなければいけないこともあるだろうし、なのにお休みがこんなに続く。いいのかな、と思う。

一方で、秋のこの時期の連休は、夏の暑さに疲れた身体に一息つかせることができるのかもしれない。

しかし、秋というのは演奏会シーズン。アマチュアのオーケストラもその例にもれず、ワタシの所属しているオケでも10月11日(日)に定期演奏会を控えています。ということは、練習も佳境にはいってきて、2日連続の本番指揮者による練習などが組まれるわけです。今回も、連休初日とその翌日、2日間連続で午後1時から7時までという長時間缶詰練習がありました。この時期のせっかくの秋晴れの中、その爽やかさを感じられるのは、練習場所へゆくまでの間だけ。スタジオに到着してしまえば、あとはそのまま缶詰状態。練習が終わって外へ出れば、すでに暗くて。せめてもの涼しい風が秋を感じさせてくれる。そんな連休の始まり。

9月19日(土)13:00-19:00 オーケストラ練習
9月20日(日)13:00-19:00 オーケストラ練習

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2009

代官山でイタリアン

金曜日の夜、代官山のイタリアンで食事をしました。かれこれ10年前になってしまうかつての上司との食事でした。その人は、なんでも久しぶりのこの「夜更かしつれづれ」を覗いてみたところ、あまりに悲しい記事を見つけたといいます。April 01,2009の記事です。

この時代、そんなPCで苦労している奴がいるのか、しかも、一部上場のIT企業なのに。情けない、そんなことブログに書くなよ、涙を流さずには読めなかったぞ。というのです。そして、昔、自分が使っていたノートDellのをOSを入れ替え、メモリ増量し、5秒で立ち上がるように中身を大掃除したから、それをやるよ。どうだ、メシでも食おう、というメールが飛んできたのです。

しかし、いくら大掃除をしても、昔使っていたって、10年も前(?)に使っていたPCですか?ひょっとして、デスクトップだったりしないでしょうね?え、ノートですか?でも、5センチの厚さとか、重たいものではないですか?反応は軽くサクサクでも、重いとね~、などといろいろ事前にチェック。というのも、つい最近、ネットPCというものを購入したばかりなんです。このような申し出があれば、買わないですんだのに・・・ というのが一番残念だったことかな。

で、そんな話しを肴に久しぶりに集合したのが、代官山のイタリアンだった、というわけです。ブログが媒体となって久しぶりの食事。こういうブログの効能ってあるんですね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 12, 2009

東京ウォーク2009

東京オリンピック招致活動のひとつとして、東京ウォークというものがあると知り、今日、歩いてきました。21キロ、11キロ、5キロコースと3つのコースがあり自由に選べます。真っ直ぐ前を見て、寡黙に歩く、ということが苦手なので、11キロコースに参加しました。

さて、その開催趣旨。公式ホームページによれば・・・
「東京の名所や2016東京オリンピック・パラリンピックの競技予定会場をめぐるウォーキング大会を5回シリーズにわたって実施。誰でも気軽に参加できるスポーツ”ウォーキング”を通じて東京の魅力を体験していただくウォーキング大会」とのこと。

今朝の東京は雨。しかも、自宅を出るころは大雨にもなり、どうしようか〜、などと一瞬躊躇しましたが、スタート地点である日比谷公園までクルマで行くことにしていたので、あまりの大雨になったら止めようか、などと言いながらもエンジンをスタートさせました。

日比谷公園からスタートして、官庁街を抜け、赤レンガの法務省、桜田門の警視庁、最近TVで良く見る国会議事堂、最高裁判所、国立劇場、半蔵門から麹町へ曲がって、日テレ通りを市ヶ谷駅方面へ歩き、外堀通りをちょっと歩いて牛込中央通りへ左折し牛込区民センターで勝手に一休み。そのまま大久保通りを経て神楽坂を下ると歩行者天国でした。この坂を下る途中、陶器屋さんで買い物。神楽坂をまっすぐ下ると、再び外堀通り飯田橋の駅を突っ切り、そのまま歩いてゆくと右に靖国神社の鳥居が見えました。手を合わせて前を通り過ぎ、北の丸公園へ。すると、昨日リメイクCDが発売されたビードルズが唯一の日本公演を行った武道館。そして、皆既日食のときに実況中継をやったという科学技術館の星型に穴のあいた外壁が見えてきました。竹橋あたりで東京国立近代美術館のゴーギャン展看板を見つけ、あーここだったんだと。毎日新聞社前の横断歩道で、会社のテクノロジーホール館長ご夫婦とすれ違ったのでご挨拶したつもりだったのですが、こちらがこんなウォークしているとは思ってもいなかったからでしょうか、気が付いてくれませんでした。雨模様だったので、ゴルフのレインウェア上下を着て歩いておりましたから・・・
しかし、めげずに、消防庁、気象庁、そして工事中というか建物の跡形もないパレスホテル前をすぎ、お堀の白鳥、そして亀に目を休め、和田倉噴水公園、そのまま内堀通りを祝田門へ。今年の2月、東京マラソン見物に来たあたりです。すると、祝田門から日比谷交差点までの晴海通りの街路樹には、オリンピック5輪カラーのリボンが結ばれていました。しっかりした生地で、たっぷりとしたリボン結びでした。そして、日比谷通りを歩いて新幸門から日比谷公園に入ってゴール!

0912tokyowalk

今日で5回目の開催の東京ウォーク。3回参加し完歩した人はメダルが貰えるそうです。残念ながら、東京ウォークというイベントを知ったのが5回目募集のときだったので、今回はメダルは無し。でも、11キロの完歩証を戴き、そこには石原慎太郎の名前とハンコが!

0912tokyowalk2

ならば、内輪で11キロ完歩祝いと東京オリンピック招致祈願として乾杯せねば、と帝国ホテルの脇を通り抜け、ガード下のイタリアン”チャオ”へ行きました。イタリア国旗が見えたので、初めて入ったお店でしたが、いやあ、なかなか素敵なお店でした。生憎クルマで来ていたので飲めませんでしたが、生ハムは美味しいし、バーニャガウダの野菜のユニークなこと!イカのフリッタの甘い衣、パルメザンチーズのリゾット石焼風、最高でした!デザートはジェラートのエスプレッソがけ。このエスプレッソの苦味がいい!こんどは、クルマ無しの会社帰りに寄りますねっ、お店の人に約束してきました。お兄さんもお姉さんも最高でした!

そんなこんなで丸一日の東京ウォーク。小雨ながら、途中で大雨に悩まされることもなく、歩ききりました。

しかし、こんなふうに東京を歩いてみて、道と道の繋がり具合が判ったり、東京って綺麗にデザインされた街だな、と感心したり、いつも夜しか歩かない場所の週末風景に、ヘ〜、と思ったり。新しい発見の連続でした。首都高ではスーッといつも通り過ぎている最高裁のあたりの土手に見つけた小さな草花、皇居前広場の秋の草など、小さな命が頑張り&踏ん張っている姿も見つけました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 04, 2009

赤坂のギンナン

0904ginnan
金曜日の夜、赤坂の小さなお店で、このギンナンを戴いていたとき、ひとつおいた隣のテーブルにはキヨハラがいました。そう、清原和博です。もちろんプライベート。
小さなお店の暖簾をくぐって来た彼とまず目が会った。大きな目だった。しかし、その小さなお店は3階、狭い階段をあの大きなキヨハラが昇ってきたというのが意外な気がした。
まずは、大きいなあ~、というのが第一印象。そして、色が黒いなあ、生え際の白髪がステキ!というのに続いて、腕が太いなあ、とワタシの太ももくらいありそうだわ、などとつい比べてしまった。
思えば、甲子園に高校野球を見に行っていたころ、彼はPL学園だった。そのころ、大阪に住んでいたので、阪神電車で見に行ったことが幾度かあった。そうだ、PLランドの花火も家族で見に行ったな、富田林という場所だったな。畑の中を帰る車が渋滞していた風景が今も目に浮かんでくる。
しかし、キヨハラの声はなにも聞こえてこなかった。小さな声で話していたのか、キヨハラとの間に、賑やかな外人さんグループ4人組がいたからなのか。うーん、生の声、聞きたかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2009

華奢な骨

来週、一緒に飲もうとしていた人からこんなメールが来ました。

先週末のテニスで左首・肩から左手指先まで痺れがでて、初めてのテニス肘か?と思いましたが、テニス肘は、普通、利き腕(私は右)に発症すると言われました。最近は両手バック打ちなので、利き腕という言い方は時代錯誤なのかもしれませんが、私の場合は単なる頸椎ヘルニアのようです。ちょっと悲しい事態です。

と。

そこで思い出した自分の話し。

テニス肘、その昔、ワタシにも身近なものでした。毎週日曜日には4時間ほどテニスをしていた時期がありました。そんななか、ワタシが経験したのは、テニス肩というものでした。近所の整形外科へゆき、レントゲン撮影、肩に注射をしてもらったのを覚えています。そのレントゲン写真を見ながら、お医者さんがこう言いました。
「いやあ、思ったより骨は華奢なんですね、はは」と。

そう、季節は夏でした。3泊4日のテニス合宿を終えたばかりだったので、思いっきり日焼けしていました。しかも、ノースリーブワンピが好きだったので、肩はとくに真っ黒です。そして、整形外科にはタンクトップで行きました。
お医者さんにしてみたら、真っ黒な肩を出して、160センチを超えた女の子がやってきたのですから、さぞかし頑丈な骨太に違いない、と思ったのでしょう。

そういえば、先日NHKスペシャルで、クレオパトラの妹、アルシノエの骨がエジプトから遠く離れたトルコのエフェソスで発見されたということを知りました。アルシノエの骨は大腿骨で身長が推測され、骨が細かったので、スラリとした女性だということもわかったといいます。
ふふ、骨が細い=骨が華奢=ワタシ?

「華奢ですね」という言葉、なにかくすぐったい記憶に繋がります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »