« September 2009 | Main | November 2009 »

October 31, 2009

箱根強羅の週末(土)

1031gora紅葉の季節、久しぶりに箱根へ出かけました。強羅は初めてゆく場所です。今回は、妹の会社の保養所へお世話いなりました。静かなところに建っている大きな建物に10部屋ばかり。しかも、それぞれが定員4名だとか。食堂も広く、2階への階段ホールも吹き抜け。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2009

ハニーブレッドを焼く

1024honey

土曜日のパン。今日はハニーブレッド。お砂糖の代わりにハチミツを混ぜ込むレシピです。グルテンが出来にくいので、とにかく良くコネルこと。これが大切なポイントでした。そして、小麦粉は250グラム。かなりの量です。力が要りました。とにかくコネル。腰を入れてコネル。5人テーブルで、ワタシ、とにかく頑張ってコネマシタ。その甲斐あって、ちゃんと発酵し、このようにフンワリと焼きあがりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳥すき焼き

この日、焼いたハニーブレッドを持って、国立博物館へ「皇室の名宝」を見に行きました。すると、おなかが空いてきた。そこで、雨も降っていて、ちょっと寒かったので、お鍋はどう?ということになり、初めて挑戦したのが、これ。
鳥のスキヤキです。

1024botan

真ん中にあるのが鍋です。炭火です。
出汁は、普通のスキヤキと同じようでしたけど、お肉はすべてトリ肉。というか、トリ肉のすべての部分といったほうが良いのかもしれません。ササミはもちろん、レバーや砂肝、つくねまであります。それを、といた生卵につけて戴くのです。おいしかったです。もともと、スキヤキ好きですし。

そう、この鍋は、炭火で加熱しているので、弱火・強火、といった調節ができません。割り下を入れたり、太い白ネギを加えたり、新しくトリ肉を入れたりして、沸騰具合を調節するんですね。なかなかどうして、といった夕食でした。ごちそうさまでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2009

演奏会を終えて

演奏会を終えて、一息つきました。
まず、ちょっと感想&反省など。

「春の祭典」ですが、これは「赤あげて、白あげて、赤さげないで、白さげない」というのを延々と繰り返しているような曲なんです。指揮者によれば、「このくらいは変拍子の初歩の初歩。これが弾けないようでは、もうろくが始まっているんだ」と。となると、かなり入ってるなワタシ・・・という感じでした。はい。

「幻想交響曲」は、素敵なメロディもあるのですが、狂気のベルリオーズですから、突然の強弱、どこが拍の頭なのか判らない、などなど、こちらも気を抜けない曲でした。そう、「春の祭典」を生贄と呼ぶなら、こちらは「魔女」でしょうか。最終楽章のヒュン、ヒュンとピッコロが鳴るところなんて、魔女がヒッヒと笑って飛んでいるようでした。

しかし、今回いちばん気に入ったことは、ビオラが外側に出て、ワタシは5プルート(2人1組で5列目ということ)だったので、ひな壇に乗って弾いたことです。実は、ひな壇に載って弾いたのは初めてなんです。ひな壇からの眺めは見晴らしがよく、指揮者・コンマス・ビオラトップはもとより、オケ全体を見渡せましたしね。ビオラ最後尾ひな壇の席、気に入ってしまいました。

ふふ。戴いた甘いもの。赤ワインに合いそうでしょ?

1011choco

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 09, 2009

演奏会のお知らせ: 10月11日(日)

**フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団第49回演奏会**

日時:2009年10月11日(日) 午後2時開演 (1時半開場)
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール
指揮:小松一彦
曲目:
貴志康一 / 「花見」 (大管弦楽のための「日本組曲」より)
ストラヴィンスキー / バレエ音楽「春の祭典」
ベルリオーズ / 幻想交響曲

全席指定:2000円

1011concert

----------------------------------------------------------
この夏、7月7日(火)に、アムステルダムのコンセルトゲボウにて、マーラー「交響曲第二番”復活”」を持って演奏会をしてきました。あれから、まだ、というか、もうというか、3ヶ月が経ち、通常の定期演奏会のルーティンに戻った最初の演奏会です。
なにも、「春の祭典」と「幻想交響曲」を1つの演奏会で取り上げなくてもなあ、というくらいの難曲でもあり、なかなかアマチュアオーケストラとしては取り上げる機会の無い曲でもあり、いずれにしても貴重な機会ではあるのですが、難しい。
そこで、一夜漬けを続けています。どこまでキャッチアップ出来るか。寝る前には、CDを聴き、譜面を見たりするのです。ビオラを持って練習することがままならないときには、そういうことが貴重な練習の1つとなるんです。普段は普通の会社員生活していると、毎日ビオラに触れているわけでもないし、毎日譜面を見ているわけでもないんです。しかし、演奏会が近づくと、少しでも多くの時間を、その曲に触れていることが大切になってくるのです。
さて、本番も近づき、ますますの一夜漬け。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 03, 2009

アイアンセット

MACTEC +3 Composite Cavity #3,5,6,7,8,9,P,A
MACTEC NV2-iX REINFORCED MARAGING #5,6,7,8,9,P
kasco POWER TORNADO #5,6,7,8,9,P,S
TaylorMade O2E #5,6,7,8,9,P
明日ドナドナします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »