« October 2009 | Main | December 2009 »

November 29, 2009

音楽家メモリアルイヤー

NHKラジオから深夜に流れてきた、今年メモリアルイヤーを迎える音楽家たち。

芥川也寸志 没後20年:
NHKテレビ「音楽の広場」という長寿番組の中で、黒柳徹子と司会を務め、指揮したりお話を展開していたのを思い出す。小学校のころ担任の先生が音楽担当の先生で、毎週水曜日はこの番組を見ること、そしてどんな曲を演奏したか、曲目を書いて、感想文を書いて、翌日に提出すること、そんなことで見始めた番組でした。そして、それがキッカケとなって、ワタシの音楽好きが始まったと言える番組なのかもしれません。また、大学のとき、学園の小学校の文化祭で、芥川也寸志作曲のオペラを演奏したことを思い出しました。そのときもらった色紙、いまも本棚に立ててあります。
「大河ドラマ・赤穂浪士」のテーマ曲、「八ツ墓村」も、作曲している。

ハイドン 没後200年:
カルテットを練習するとき、ついついハイドンのカルテットはビオラがツマラナーイ、と言ってしまうワタシ。でも、今年の2月にやったバイオリン協奏曲は、なかなか素敵だった。ビオラパートも面白かった。
ハンガリーの貴族に仕えていたからユーモアがあったらしい。たとえば、夏休みだから早く帰りたいよ~、と伝えるために作曲したのは「告別」交響曲。楽団員たちが、ひとりひとり舞台から消えてゆき、最後は2人しか残らない、とか。

メンデルスゾーン 生誕200年:
唯一、裕福な家に生まれた作曲家。近代的な指揮者の第一号。
一番知られている曲はやはり「結婚行進曲」、と紹介していますが、ファンファーレのみ有名になっていて、全曲を聴くチャンスは少ないのではないかしら?明るくもあり、途中に憂いを含んだメロディもあり、そしてまた明るく元気になったり、改めて聴いてみるとフーンと思う。

カーペンターズ 結成40年:
So many years are passed by ~「プリーズ、ミスター・ポストマン」
懐かしいです。中学生のころ、英語の歌詞を耳から覚えた曲がいくつもあります。そのころは大阪の天王寺を毎日通学していて、ちょうど旭屋書店が出来たばかりで、学校の帰り道にはよく寄っていたのです。数多く並ぶ本の背表紙を眺めるだけでも面白かった。なにしろ気軽に入れる、毎日でも寄れる、そんな最初の大型書店でした。

美空ひばり 没後20年:
知らず知らず歩いてきた細く長いこの道
振り返れば遥か遠くふるさとが見える
3大テノールの競演を聴きに行った時、アンコールがこの曲「川の流れのように」でしたし、ホセ・カレーラスは自分のアルバムに入れているんです。演歌というジャンルを超えて人気がある曲ですね。たしかに。

ヴィラ・ロボス 没後50年
ブラジルの作曲家ですけど、「ブラジル風バッハ」が有名。
20世紀に書かれた一番美しいメロディだと紹介されたのが「ブラジル風バッハ第5番、アリア」。後ろのピチカートが、低音が、その上に流れるソプラノが、確かに美しいかも。CMや映画でも流れ、多くの人が歌いたい、編曲をしたい、カバーしたい、というだけあって、なかなか素敵な曲です。

リヒャルト・シュトラウス 没後60年
19世紀に生まれて、1949年までという長命さ。
いままで「ドン・キホーテ」「アルプス交響曲」「英雄の生涯」「四つの小さな歌」を演奏会で弾いてきました。そして、毎年夏に開催されるJAO(日本アマチュア連盟)イベントでは、「英雄の生涯」を名古屋大会で、「アルプス交響曲」を郡山大会でそれぞれ2回目を弾くチャンスに恵まれました。

来年、2010年にメモリアルイヤーを迎えるショパンは生誕200年。
5月に東京国際フォーラムで開催されているラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」もショパンがテーマです。毎年、丸の内交響楽団として舞台に載せて戴いていますが、来年はショパンを持って参加することが出来るとまた嬉しいゴールデンウィークになりますね。

そして、シューマンも来年生誕200年を迎えるとか。こうしてみてみると、毎年、メモリアルイヤーだなって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2009

御即位20年記念「儀装馬車運行」

今年は、御即位20年記念のイベントがいろいろあります。今日は、紅葉の中におとぎ話が展開されたような儀装馬車運行へ出かけてきました。
場所は皇居東御苑(二の丸)、午前11時と午後2時の1日2回の運行です。午後2時の運行を目指して行くと、ちょうど始まったばかり。運行経路は東御苑の二の丸雑木林をぐるりと2周します。なんといっても紅葉の美しさ、その中に金色のモールに飾られた儀装馬車。馬たちの毛並みも輝いてました。

儀装馬車は、皇室の重要な儀式を行う際に使用される馬車のことで、1号から4号まであります。今日は昭和3年に製造された2号と3号が運行されました。

1128gisoubasha1
1128gisoubasha2
1128gisoubasha3

人垣の中、背の高いワタシは、ここからは入らないでください、という前に立てたこともあり、ラッキーでした。普通のデジカメでこのようにショットが決まりましたから。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 21, 2009

今年のボジョレー3連チャン!

1119new_2
今年のボジョレーは、会社帰りにクイーンズ伊勢丹で買って帰って、家で楽しみました。帰宅時間が遅くなってしまったけど、「いまボジョレーを買ったので、まだ歯を磨かないで待ってて!」とメール。さすがはクイーンズ伊勢丹!というのは、ワインの脇にちゃんとおつまみも置いてあるのです。小豆島オリーブ、はちみつイチジク。

1120new_2
ボジョレーは11月第三木曜日に解禁となりました。そして、その翌日、会社帰りに国立博物館「皇室の名宝」を見に行きました。金曜日は夜8時まで開館していますから、会社勤めのワタシには便利なのです。今回は第二期。第一期展示は、おおきな掛け軸や屏風絵だったのですが、今回は鏡や書物が多かったので、平面展示なんですね。そうすると、陳列ガラスにくっつかないと見えないのです。人垣の隙間からとか、人の頭を超えて見るとかが出来ないのです。せっかく踵の高いクツを履いていったのに・・・
でも、今回感激したのは、聖徳太子の法華経の教えと説いたという直筆、紀貫之の直筆、そして藤原定家の更級日記を写したという直筆。皇室に収められていたからこそ、このように保存状態も良かったとのこと。これも皇室のお仕事のひとつなのだな、と思った次第。
で、そのあと、軽く夕食を上野駅ガード下のイタリアンへ行きました。そして、このボジョレー。その日は飲み過ぎないように、上限を決めて、1本のみ!

1121news
土曜日は、オーケストラのカルテット仲間のおうちに集まってのボジョレー大会。生ハムやチーズ、そしてお手製のハンバーグ煮込み、ベビーリーフのサラダなどなど、ワインも進みます。そこには、7歳の男の子と3歳の女の子がいて、彼らはワタシのことを「カワイコチャン」と呼んでくれます。そして男の子はワタシの膝の上から離れません。「13年後、一緒に飲もうね!」と約束したりして。ふふ、13年後のボジョレーが楽しみだわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2009

Birthday Dinner

1116birthday
お誕生日を祝うディナー。どんなお店を予約するか。そう、こういうときは冒険しよう、なんて思わないで、ここなら大丈夫、以前から知っているし、安心できるお店がベストです。よって、選んだのは、ここ。六本木テロワール。
ワインが美味しく、食事もおしゃれに、そしてデザートには、このようにHappy Birthdayメッセージです。

プレゼントには何がよいか?いろいろ考えたのですが、水をやらなくても大丈夫なバラの花。プリザーブドフラワーです。しかし、持ち帰るころには、ほろ酔い気分に違いない。家にたどり着くまで、アチコチにぶつけるに違いない。ならば!と、赤いバラがしっかりとした箱にピッチリと詰まっている、そんなアレンジにしました。ほんと、そうして良かったです。やはり飲みすぎてしまい、よく忘れずに家まで辿りついた、というくらい酔いが回ってしまっていたのですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2009

増上寺の写経

1114zojoji
毎月14日は芝増上寺で写経会があります。とにかく14日なので、土日に重ならないと参加することが出来ないのです。で、久しぶりに土曜日になった14日。増上寺へ行ってきました。
広い仏間で、阿弥陀様に向かって座って、まずは読経し、続いて法話を聴き、そして写経です。読経は、「浄土宗のおつとめ」という冊子があるのですが、どのお経を読んでいるのかわからなかったり、このページかしら?あれ、こっちかしら?と迷ってしまうときもあります。賛美歌のように、「○○のお経です」とか最初に教えてくれればいいのに・・・
つづく法話。今日は、最近の写経ブームの話とか、写経を始めた人のきっかけとか、さらっとしたお話でした。これから写経するお経の話とか聞きたかったな。というまに、写経です。今日は仏説盂蘭盆経の一説。一人一人の前には墨汁の入った小皿が置かれていて、ワタシはタップリ墨をつけて一文字一文字書いてゆきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2009

新橋でフグ

1112tessa
ひさしぶりのフグ。
以前、大阪に住んでいたころは、毎週のように宗衛門町やキタへ出かけては、てっさだ、てっちりだ、とよく食べていたフグですが、東京へ戻ってきてからは、どうも高級料理のカテゴリに入ってしまって、ご無沙汰していました。
今日は、13日までなら30%割引、というキャンペーン中だというので、セッティング。大きな絵皿に並ぶ透明な刺身、うーん、ひさしぶりに見るわ♪ もみじおろしや浅葱も懐かしくて、昔話にも花が咲きました。
そのあと、唐揚げ。ふっくらしたフグが美味しい。そして、鍋。まずは、ポン酢をちょっと入れて、そして2杯目はお餅が入ってお雑煮風。シメは雑炊。おなじ雑炊も、ふぐ鍋のあとは、ほんとうに味が違う。玉子のふっくら具合もフグならでは。
そして、忘れちゃいけないのがヒレ酒です。フグといえば、ヒレ酒です。蓋をちょっとあけて、マッチの火を近づけると、ボッ!と青白い炎があがります。アルコールを飛ばしているとか。あ、もったいない!アルコール飛ばさないで!なんて思ったのは、大人になったからかしら?

美味しい時間、ごちそうさまでした(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2009

国際平和フォーラム

1108heiwa中央区のホールで開催された「五井平和財団フォーラム」へ行ってきました。寝ちゃうかな~、と思っていたのですが、なかなか面白くて、つい居眠りするのを忘れてしまいました。
今回のテーマは、地球人類の進化の行方、科学の世界からのメッセージ、というもの。2009年度の五井平和賞を受賞した、細胞生物学者ブルース H.リプトン博士の講演会でした。

遺伝子とは単なる生物の設計図にすぎず、意識や環境が細胞をコントロールし、遺伝子のふるまいを変えることを明らかにして、エピジェネティックス(epigenetics)という新しい分野の端緒を開いた博士。そう、遺伝子がこうだから、その人の将来はもう変えられない、というのでは、人間が遺伝子の犠牲者になってしまっているというのです。遺伝子とは設計図でしかなくて、環境、そう血液の流れとか、気持ちの持ち方とか、心の持ち方も影響するし、言葉だって、遺伝子にとっては環境の1つなのですって。
ある意味、日本でずっと昔から言われている「病は気から」とか、「ことだま」とかに通ずるんです。

そしてビックリしたのは、人間の細胞は50兆個もあるってこと。そういうたくさんのものが集まって人間が出来ている。また、地球だって、太陽からのキョリが、すこしでも離れていたり接近していたら、この地球は存在しなかったとか。1つの固体が、かけがえの無いものだっていうこと、こころ暖かくなる講演会でした。

1108yoshidabuta
講演会は、その後、トークセッションへと展開し、約3時間のフォーラムとなりました。空腹を抱えて、新富町から歩いて銀座にある吉田豚の美味しい、そして美味しいワインも取り揃えたお店、ヴァン・ピックルでの夕食にありつきました。このワインのラベル、店長が書いたんですって。3匹の豚です。
実は、このお店、もともとは、本郷にあった「赤とんぼ」というワインのお店でした。その後、オザミとなって、銀座に展開し、いまでは都内に7箇所あるというワインの美味しい、よって食事も美味しいお店です。そんな懐かしさも相まって、2時間ポッキリの制限時間付きでしたが、おおいに満足した夕食でした。日曜日だったので、解散も早め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2009

フガースというパンを焼く

1107pan
今日はフガースというパンを焼きました。お面のようにも見えるし、葉脈のようにも見える、ちょっとカサカサしたパンです。
いつもと違う場所にあるテーブルで作ったのですが、すぐ上の天井に空調の噴出し口があって、風が降りてきて、250グラムの粉をこねているのに乾いてしまう危険性満点だったのです。でも、うまくこねあげることが出来ました。先生にも、この乾燥しやすい場所で、ムラもなくこねたことにお褒めの言葉を戴きました。

1つは、ローズマリーを散らして、もうひとつは、バジルを散らして、そのあと両方に粉チーズを散らしました。ハーブの香り高いパンです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2009

防災訓練に参加しました

今日は、汐留シティセンター防災訓練。各部署から2-3人は参加せよ、とのレポートに、ワタシは手を挙げました。

さて、今日の防災訓練とはどういうものだったかというと・・・
訓練開始の放送のあと、自分の事務所から地上まで、非常階段で降ります。ワタシは31階です。ゆえに、31階から足で階段を降りねばなりません。そこで気になるのが足元。ヒールは辛い。よって、今朝は、ドライビングシューズで出勤です。となると、洋服もそれに合わせないとな、などと考えていたら、あやうく遅刻するところでした。しかも、今日は会社でのインフルエンザ予防接種もあったので、腕を出しやすい服装。そう、半袖ポロシャツに緑色のカーディガン、白いスカートは短め膝丈。

まず、階段を降りて、地下2階の広場に集合して、点呼。品川消防署から訓示があり、簡易トイレの設置方法(使用方法)、消火器の使用方法のデモ体験。そして、そこには、起震車が来ていました。一度は経験してみたかったので、仕事に戻るよりこっちが大事、とばかりにトライしました。

いきなり「震度7」です。ヘルメットを受け取り、食卓の椅子に座ると揺れました。横揺れです。座っているだけなら、「あ、こんな感じなんだ」と。すると、消防署員から「机の下に非難してください!」と指示が飛びました。さあ、机の脚を持って、下に潜ろうとしたのですが、震度7というのは凄いです。机の脚を掴んでいても、机に頭がガンガンぶつかってしまうのです。一人に1つのヘルメットを常備しておくこと、大切かも。

しかし、人工的に起こしている地震でさえ、立てない、行きたいところに行けない、思うように動けないのに、実際の地震となると、食器棚からはお皿が飛び出し、隣の部屋では本棚やタンスが倒れたりするわけで、あちこちから大き音が出ますよね。ますますパニックになりそうです。もしかしたら、屋根が崩れるかもしれないし。そういう恐怖っていうのが想像できました。
備えあれば憂いなし、とは言うけれど、どうだろう。こればかりは・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2009

11月3日(文化の日)

真名カントリークラブというゴルフコースがあります。以前、「ワインの夕べ」という催しが開催され、そこに1泊で参加したことがありました。そのときは、緑溢れたコースを見ながら、ワインを戴き、そのままゴルフすることもなく解散しました。あれから、いつかはここでプレイしたい、と思っていました。
そして、今回、その夢が叶いました。前日の大雨もウソのように晴れ、好天に恵まれた1日。風は冷たく、強かったけど、それだけに空気は澄んで、見上げる青空には白い雲が勢い良く流れていました。気持ちよかったです。

そして、その真名カントリークラブで、なんとバーディー出しました。くすのきコースの6番ホール(Per4)でのこと。ドライバー+5番アイアン+パター、という2オン1パット。そういう時って、ボールの飛びが違うのですね。足元から飛び立つように飛んでゆくボールが愛おしく思えたくらいです。

そのバーディーに続いて7番ホール(Per3)では、なんとパー!
きゃっ、一瞬、自分が遼くんになった気分、藍ちゃんになった気分でした。

いいことは3つ。人に何かを伝えたいときには、3つを挙げると良いということを、以前教わったことがあります。そう、マクベスには3人の魔女たち。ブーフーウーも「3匹の子豚」、オリンピックのメダルも金・銀・銅と3つ。

だから、ちょうど3日だし、3つ書きたい、そう思った次第です。
①憧れの真名カントリークラブでプレイできたし
②バーディー出したし、バーディーに続いてパー取った。

さて、もうひとつ。それは、祝勝会(?)をした寿司屋のカウンターで、たらば蟹を注文。ミソたっぷりの甲羅に、熱燗を注ぎ、美味しいお酒を飲んだことです。

③ずっと、憧れてきた「蟹ミソ熱燗+甲羅から飲む」の実現でした。

これが、本当の今日の3つでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2009

箱根強羅の週末(日)

1101owaku1
翌朝、6時過ぎに温泉に入って、また美味しい朝食を戴き、クルマを置いて、ロープウェイにて大涌谷へ行きました。昔から硫黄の匂いが好きだったので、ぜひとも行ってみたかった。風は強かったのですが、ロープウェイはどっしりとしていて、びくともしない感じでした。
そして、大涌谷といえば、黒玉子。湧き出る温泉で茹でた玉子は、なぜか黒くなります。でも、中身は普通のゆでたまごと同じく白いのです。味は黒玉子は、その暖かさとあいまって、ここでしか味わえないといったもの。
で、その黒玉子とは、ボコボコと湧き出ている温泉の中に、普通の玉子(浜松産でした)をこうやって入れて、一定時間の後、取り出す。すると黒くなっている。で、その作業は、若い男の子がゴム長にゴム手袋でサッサと入れ替えてました。熱くないそうです。
1101owaku_21101tamago_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | December 2009 »