« December 2009 | Main | February 2010 »

January 11, 2010

ぞろ目コンサート elevens

1月11日(月・祝)
22歳、33歳、44歳、55歳、66歳
オーケストラを通して知り合った気の合う仲間たちとのコンサート。

私はまだ、ぞろ目には足りないので、
クインテットに1本ビオラが足りないように
ヘルパーとして参加しました。

楽しいコンサートでした。
世田谷のお宅に併設されたコンサートホールでの、こじんまりとしたコンサート。プログラム全9曲ある中で、ワタシが参加したのは3曲だけ。なので、あとはバーテンダーとして、休憩時間に備えて、ワインの栓を開けたり、ケータリングをセットしたり。のんびり〜。
最後は全員参加のテレマン作曲「ビオラ協奏曲」

次の「ぞろ目コンサート」はいつかしら?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2010

中南米のグラパラ

0108dinner
ちょっと早いけれど、今日はお誕生日ディナーをして戴きました。クリスマス→お正月→お誕生日、ここのところイベント続きです。でも世間では、お正月を終えて、一段落。ホテルやレストランも閑散としています。
前菜にハンガリーのフォアグラ。お醤油味でワサビで戴く。ここでしか味わえないそうです。本当に美味しく、この粋な味を判る日本人で良かった~と思いました。
そして、メインに移るまえに、お口直しというのでしょうか。これです。中南米のグラパラという葉っぱです。どこかで見たことがあるな、と思っていたら、そう、「金のなる木」の葉です。色かたちも似ていますよね。すごく肉厚な葉が1枚、というより1片かな。すごくジューシーで、苦くない。透明なハチミツにつけて戴きました。

今年のお誕生日ディナー、前菜の前に、ピンクシャンパンで乾杯をしてから、白ワイン。白いフォアグラ、色鮮やかに変身する伊勢海老(ハーフサイズ)、緑色のグラパラ、見事な色した神戸牛、ターサイという濃い緑色のしっかりしたお野菜、白いご飯&お漬物、そしてアイスクリームととにかく色彩に溢れていました。その極めつけは、真紅のバラ、ローズ色のトルコキキョウ、深い赤カーネーション、濃い紫色のアジサイに、飛び出した白いトルコキキョウの蕾みが可愛い、こんな素敵なブーケです。
0108rose

本当のお誕生日は12日。今年ももうすぐ新しい1年が始まります。
どうぞよろしく2010年!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 07, 2010

七草

0107nanakusa
せり
なずな
ごぎょう
はこべら
ほとけのざ
すずな
すずしろ
これぞ七草

栗きんとんや黒豆、こってり系のお正月から、一気にすっきり今日は七草粥。うちでは、七草すべてを入れることはなく、今年の菜っ葉は、せり。そして、NHK「きょうの料理」に載っていた粥をヒントに、せりを混ぜ込んだ白いお粥の上に、くずれ梅、白胡麻、ゆず、を盛り付けてみました。
なんとなく豪華な七草粥(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2010

年末年始

28日(月)、仕事納めとして、部署で小さな納会。

1229green翌29日(火)は、真名カントリー。今回はゲイリー・プレイヤー・コース。前回の真名コースに比べて、トリッキーなコース設定らしい。でも、前回はバーディー、パーと出したし、今回もなんか気分はウキウキ。
ここの最終ホールで、実は計画していたことがあったのですが延期。だって、相方のティーショットは、左ラフへ。続いて右ラフ。3打目はシャンクして山の上に飛んでゆくし、やっと下に落としたら、今度はほとんど空振り状態。やっとグリーンかと思えばオーバーするし。グリーンでは3パット・・・こんな人に話しかけるのは至難の業。なぜなら、ボール追いかけるのに右へ左へ、一人で山登りしてるし、近くに居ないんですよね。はは、キョリがあって(笑)

30日(水)は、1年の疲れをとるため朝寝坊。そして、洗濯。午後には買出しにクイーンズ伊勢丹へドライブ。さすがにこの時期は混んでいました。ワタシが買い物を終えて出てきたら、駐車場の入り口にはクルマの待ち行列・・・いままで幾度も来ているけど、そんなクルマの行列なんて見たこと無かったんです。

31日(木)は、前日に見つけて、揚げたてが欲しいね、と再びドライブして、買い求めたのは、海老の天麩羅。年越し蕎麦の付け合せに毎年恒例なんです。海老天が揃って、さて、ワタシが作るのは栗きんとん。金時芋3本の皮を剥いて、小口に切ってミョウバンを入れた水にさらして、茹でて、沸騰したらお湯を捨てて、再び熱湯+くちなしの実を加えて茹でる。その後、馬の尻尾で出来た裏ごし器で裏ごし、お砂糖を加えて火にかける。みりんや日本酒を入れて、味を調えながら甘露煮の栗を入れる。ふふ、今年はなんかラクラクと出来ました。まだ暖かいうちに大試食大会までしちゃいました。

1日(金)、まだ暗い4時半ころから、2010年の初日の出、味の素スタジアムの向こう、ゆっくりと東の空が赤くなるのを見ていました。快晴でしたものね。

2日(土)、お正月に映画なんて、ものすごく久しぶり。しかも、有楽町で「のだめカンタービレ♪」ああ、ミーハー。インターネットでチケットを予約して、チケット売り場の列に並ばずに入場。ラクチンでした。ポップコーンセットを片手に、会場いっぱいの音楽に2時間浸って、夕食は銀座で開いていたインド料理。シャンパンで新年の乾杯をして、イラクだかのウォッカみたいな50度のショットグラス、そしてカレーに合うと推薦されたベリンジャーのシャルドネ。
その後、時間も早いしと河岸を変えて、某ホテルのバーラウンジへ。お正月のバーは意外に静か。内堀通りに走る疎らなヘッドライトやテールランプを眺めてました。

3日(日)、そろそろ翌日からの仕事の準備、なんてウソで、お正月にやり残したことをキャッチアップ。青山へと出かけました。

ふう、気がつけばもう4日(月)の仕事初め。なんとか行ってきました。事務所には、一週間前の納会の残骸が残っていて、ちょっと笑えたけど、今日からまた始まるんだな、という気持ち。メンバーの笑顔を見るとやはり嬉しくなる。長い会社生活の中で毎年迎える仕事初めの日。今年もまた気持ちを新たによろしくお願いいたします。という感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »