« 演奏会終了 | Main | 日曜日の写経 »

February 13, 2010

菜の花忌

0213nanohana
日比谷公会堂で開かれた司馬遼太郎記念財団を記念してのシンポジウム。朝から寒く、ミゾレ交じりの冷たい雨にもかかわらず、老若男女がそれぞれに集まっていました。
司馬遼太郎賞を受賞した作家、宮本輝氏の講演、続いてシンポジウム「『坂の上の雲』と日露戦争」。パネリストには、篠田正浩(映画監督)、黒鉄ヒロシ(漫画家)、松本健一(評論家)、加藤陽子(東大教授)を迎えて、それぞれが、自分と司馬さんとの出会い、影響を受けた本について語っていました。そのお話を聞きながら、あ、読んでみたいと思った本が出てきました。
・忍者を描いたという「梟の城」
・どちらかというとロマンチスト系「燃えよ剣」「峠」
・現実を見よという「竜馬がゆく」
・救うものの友であれという医師「胡蝶の夢」
・「殉死」
・「菜の花の沖」

|

« 演奏会終了 | Main | 日曜日の写経 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/47569745

Listed below are links to weblogs that reference 菜の花忌:

« 演奏会終了 | Main | 日曜日の写経 »