« May 2010 | Main | August 2010 »

June 04, 2010

家具はチームワーク

家具を買うにはまず何が必要なのか。
いままでは、その家具の収納能力が第一だった。でも、今回は、その家具の寸法。でないと、部屋の中が、その家具1つでいっぱいになってしまう恐れがあるからだ。

以前、本を並べたくて購入した本棚は、自分の部屋のある2階に置くつもりだったけど、トラックが運んできたら階段を上ることが出来なかった。組み立てられたまま配送されるタイプだったからだ。フーム、と家を外から見回した配送の人は、2階の窓から入れましょう、となった。しかし、窓ひとつくらいでは入らない・・・すると凄いもので、引き違いの窓ガラスを外してしまった。そして、下から持ち上げる人、2階の部屋から引き上げる人、はしごやジャッキなど道具を使うこともなく、門扉に乗り、屋根に乗り、本棚を押し上げた。彼らのチームワーク、すばらしかったな~

0604book_2何年か経ち、今度はその本棚を引越しさせることになった。本を取り出すだけで大変な騒ぎ。なんたって収納は百冊を軽く超えているような本棚。楽譜もあれば美術館パンフレット、時にCDもあれば通信教育のプリントアウトのファイルもある。まずは、ダンボール箱に持って行きたい本を移動させる。しかし、「いらないな」というものはなく、「もう見ないだろうな」というものをまずは麻紐で結んだ。過去に弾いたオーケストラの楽譜の中からは、印刷状態が悪く、ま、いいか、と思えるものを捨てた。しかし、その大きな本棚の上に、さらに文庫本専用に使っているアドオン本棚があって・・・クラクラしながら100冊を越えている文庫本をダンボールに詰めた。

0604book2_2そして、その本棚がカラになり、移動の日を待った。今度は引越し屋さんが来た。「入れたときには窓ガラスを外しました」と伝えるワタシに、彼らは笑顔で「了解です!」と二階へトントンと上がっていった。
すばらしいチームワークはここでも発揮された。窓ガラスを外し、上から降ろす人、下で受け取る人。降ろすときは力の使い方が違うのでしょうね、二階の窓から身を乗り出すと、下の人は、門扉に乗らなくても手を伸ばせば、本棚に手が届き、バランスを取りながら・・・

と、途中で玄関にある松の木の枝に引っかかった!
このまま降ろすと松の木の枝が折れてしまう!家の玄関には、人を待つ、という意味でいつも青々した常緑樹である松が植わっています。お正月には、この木から松葉を1つ2つ取ってきて、お節料理に飾ったり、数の子との色のコントラストを楽しんだりした松の木。折るわけには行かない。それは、引越し屋さんも同様で、一生懸命、上下左右、うちからも玄関にあった山登り用の杖を差し出し、松の枝に引っ掛けて本棚から外し、あっちこちと場所を調整し、枝は折れることもなく、本棚も無事に着地。

そして大きなトラックに載せられて、運ばれていきました。さあ、今度は向こうでの受け取りです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | August 2010 »