« 国産初のジェット旅客機MRJ | Main | 親指負傷で気づいたこと・・・ »

November 07, 2010

フォークとナイフを洗っていたら・・・

日曜の夜、「龍馬伝」を見ながらの夕食を終えて、ワタシが食器を洗い、その隣でカレが食器を拭き、いろいろおしゃべりしていたら、あれ?という変な感触がしました。もしかして、これって??? 
久しぶりにキッチンで血を見ました。そう、右手の親指の内側、どうやら、切ってしまったらしい。しかも、ザックリ!あ、と親指を手のひらに包むようにして、まずは水で泡を流しました。この手を開いたら、大変なことになる!そう思って「ヤッチャッタかも・・・」と言うワタシに、すかさず「OK、じゃ選手交代」と、泡のスポンジを受け取ってくれました。

洗面所へ行ってみると、親指のあたりに、ヒラヒラした感触があるんです。ヤバ・・・hospital

包丁でもないのに、しかも、リンゴの皮を剥いていたわけでもないのに、ザクっと。普通のナイフとフォークのナイフです。なんとも不思議な流血事件でした。親指の内側って、パソコンのキーボード操作には何の影響もないのですけど、ボールペンをカチッとすると、激痛が走りました。そして、スタバのコーヒーマイボトル、両手の親指で蓋を押し上げると、ウッ、またもや激痛です。

普通のバンドエイドでは、クッションが無いからか衝撃が直に伝わる感じなので、アロエ軟膏を塗ったガーゼをあてて、包帯で巻いて、そのうえから、指にアミカバーをかけました。親指の太さは2倍になり、しかも、その形は、大きな殻付きピーナッツみたいに曲がっています。(あ、包帯のせいです。骨には影響ありません・・・)

さて、今後の予定ですが、11月15日(月)は、東京カテドラル大聖堂にて、六本木男性合唱団との演奏会本番です。どうやら、ビオラの弓を持つには影響はないと思われますが、ちょっと力が入ると、ズキッ! しかし、なによりも、23日からは、ミラノへ旅立ち、25日のDuomoでの演奏会、その後、ベネチアのゴンドラに二人で乗り、ナポリからポンペイの遺跡巡りをするのです。今回も専属ポーターさんも一緒だけど、それとこれとは違うしな〜。親指が痛い・・・

で、思い出すのは、サウンド・オフ・ミュージックのワンシーン。
一度は、気持ちの整理がつかず修道院へ戻ったマリアですが、トラップ大佐への気持ちを確かめに戻ってきて、7人の子供たちと庭で再会する場面です。一番下の女の子が、何も言わずに、前に出て包帯された親指をマリアに「ホラ見て」と指を突き出すシーンです。ついつい、ワタシも自分の親指を「見てみて」と言ってしまいそうです。

|

« 国産初のジェット旅客機MRJ | Main | 親指負傷で気づいたこと・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/49985038

Listed below are links to weblogs that reference フォークとナイフを洗っていたら・・・:

« 国産初のジェット旅客機MRJ | Main | 親指負傷で気づいたこと・・・ »