« 親指くん復活 | Main | まずは成田でビーフカレー »

November 30, 2010

ミラノより帰国(駆け足のご報告)

sun11月23日(祝)に日本を発って、ミラノ入り。滞在ホテルでのオーケストラの結団式を皮切りに、sun24日(水)は午前中に皆で「最後の晩餐」を訪れ、スフォルツェスコ城、スカラ座、エマニュエル二世のガレリア、ドーモと駆け足の市内観光。そして、閉館したあとのドーモでの練習。翌日は、もう本番。sunその25日(木)の午前中には青空のドーモの屋根に昇り、美味しいランチを戴き、ホテルへ戻って本番にむけて部屋で個人練習&休憩して、7時にロビー集合して地下鉄でドーモへ。11月25日(木)8時半開演。8時の開場を待つお客様がいらしたとか。開場と同時に客席は多くのお客様で埋まり始め、8時15分ころ行けば大丈夫だろう、と読んでいた妹は、招待券を持っていたにも係わらず後ろの席になってしまったというほどの盛況ぶり。打ち上げは六本木男性合唱団の宿泊ホテルの地下で。snow翌日のミラノは雪。寒い中、チェントラーレ駅からベネチアへ向かいました。その隣のホームには、ローマ行きECが停まっていて、バチカンでの演奏会のためローマに向かう六本木男性合唱団一行と再会しました。今回のベネチアはメストレ駅前のプラザホテルに1泊。翌朝のナポリ行きフライトの時間の関係から便利さを取った次第。寒いベネチアで、安藤忠雄のかかわった税関を美術館にしたという場所へ行き、水位が落ち着いたころサンマルコ広場へ。すでにゴンドラは営業終了。冬場は4時で終わりだそうです。水位が上がっては橋をくぐれなくなるから、そして寒いし・・・sun早朝便でナポリへ飛ぶ予定を急遽変更して、ゴンドラに乗るためベネチア滞在時間を延ばしました。そんな私たちの心を喜んでくれたのか、その日のベネチアはsun青空。空気もさわやか。二人で乗るゴンドラheartゆっくり楽しめたベネチアでした。サンマルコ広場から空港まで水上バスを利用して、これまたユッタリと移動。マルコポーロ空港からローマ経由でナポリへ入りましたが、ベネチアを空から眺めるという幸運に恵まれました。本当に地図そのもの。ローマでの乗り換え時間には、空港内カフェテリアで美味しいビーフステーキ、リゾット、サラダミスタ、ワインを戴き、30分ばかりのフライトでナポリに到着すると、そこはゴミ収集業者のストライキ中。でも、カラスではなく鳩がゴミ袋をつついていました。ナポリにはカラスはいないのかしら?1泊めの夕食は、ブファロというピザ屋へ。cloud翌日はポンペイへ。クルマで30分ほど。広いポンペイ遺跡は、アポロ神殿、テルメ、ビーナスの神殿、小劇場・大劇場などを見ているうちに、京都と奈良を歩いているような感じでどれを見ても同じに見えてきたりして・・・ナポリへ戻ってからは、サンタルチアから卵城。市庁舎、ガレリアと歩いて、一度ホテルに戻って、rain夜は、卵城近辺の魚介類レストランへ。とても美味しい地元のお店といった感じ。
旅は楽しいけれど、旅の終わりは一番イヤだね。そんな言葉を話す人とホテルの窓からナポリの港を眺めて、パッキング開始。
帰国ルートは、ナポリから列車でローマテルミニ駅→ローマフイミチーノ空港→ヒースロー経由で成田へ。今朝目覚めたのは目の間にベズビオ山とソレント、カプリ島を望むナポリのホテル。そして、いま、こうやってキーボードを打っている東京。次は、この旅の間に食べた料理、飲んだワインを忘れないうちに書いておかなくては!

|

« 親指くん復活 | Main | まずは成田でビーフカレー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/50178490

Listed below are links to weblogs that reference ミラノより帰国(駆け足のご報告):

« 親指くん復活 | Main | まずは成田でビーフカレー »