« まずは成田でビーフカレー | Main | ミラノ最初の食事 »

December 02, 2010

ロンドン ヒースロー空港で乗り換え

その昔、ヨーロッパに行くには、アンカレッジ経由というルートがあった。アラスカのアンカレジの空港には、うどん屋さんがあって、いやに日本人が集まっていたのを覚えている。ある5月連休のとき、ロンドンに駐在している人を訪ねてプライベートで旅行したとき、アンカレッジで、ヨーロッパ出張帰りの同僚にバッタリ出会ったことがあった。こちらは休暇旅行、あちらは仕事帰り。そんな不思議なすれ違いのあるのが乗り継ぎ空港だった。

そして今回、ロンドンまでは直行便なのだけど、目的地はミラノ。アリタリア航空ならばひとっ飛びのところ、団体旅行で自由の利かない身。。。しかし、久しぶりのヒースロー空港だわ、と歩いているとシャンパンバーを見つけました。免税店を覗くより、まずは一休み。高いスツールに腰掛けて、目の前に並ぶボトルを眺める。

1123londonjin_2「そうだな、キミはスッキリとジン&トニック+ライムにしたら?」と言い、隣の人heartはウォッカ&トニック+ライムを頼んだ。二人とも透明なキラキラ氷の入ったグラス。しかしビックリするのはそのグラスのサイズ。まるでマクドナルドのコカコーラ、それもラージサイズです。ストローが入っていて、飲んでも飲んでも減らない、でも酔いだけは回ってきたような気がしました。

すると、私たちの姿を見つけたオケの人が通りかかったので、手を振ってカウンターへ誘いました。するとその人は隣に座ってメニューを眺めるとラム酒を注文。ストレート&アイスで、香りも豊かこの上ない。「飲んでみなよ、うまいよ!」 その言葉にうなずいて一口いただきました。すると同様に一口いただいた彼も気に入ってしまって、スツールから降りるやサカサカとラム酒の並ぶ棚へ。しかし、免税店のお酒というのは1リットル瓶だったり、デザインの凝ったガラス瓶だったり、とにかく持ち運びに不便このうえない。なのに、そのラム酒の魅力に負けてしまったようで、「皆さん、今夜、僕らの部屋で飲みましょう」なんて言いながらニコニコと買ってしまった。
旅はまだ目的地にも着いていないのに・・・ 旅行中のナイトキャップにするんだとか。

|

« まずは成田でビーフカレー | Main | ミラノ最初の食事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/50195545

Listed below are links to weblogs that reference ロンドン ヒースロー空港で乗り換え:

« まずは成田でビーフカレー | Main | ミラノ最初の食事 »