« 耳栓 | Main | 耳栓② »

April 15, 2011

スパゲティ三題

火曜日のランチタイム、さあ、何を食べようか?
「今日はパスタを食べたい気分!トマトソースのパスタが食べたい」という友人とともに、42階のイタリアンへ出かけた。節電していても、最上階ということもあり眺めも良く、程よい照明に感じた。Today's Specialにした。魚介類のソースのパスタとあった。美味しそう!と頼んだのだけど、出てきたら、スパゲティではなくペンネ。たしかにペンネだってパスタ。でも、ペンネはアラヴィアータのようなソースでないと、なかなか絡まない。ちょっとねー。という感じだった。

水曜日のランチタイム。さあ、今日はどうする?
「昨日のパスタの雪辱戦をしたいね」と、今度は、地下のスパゲティ屋さんへ行った。そこは、量が多く、シェフも店員も全て男の子たち。小柄で細めで、レストラン内を歩いていても決して邪魔にならない体型の子たち。友人の彼女は念願のトマトソースに舌鼓を打ち、ワタシはアンチョビペペロンチーノのニンニクを心配しながらも完食。私たちは気分良くカウンターへ行った。このビル内で効く割引カードというのがあるので、「このカード効きますか?」とレジの男性に聞いてみた。すると「割引なんてありませんよ。もう3月31日までで期限切れているでしょ。」とつっけんどうに言い、ワタシの手からカードをもぎ取ろうとした。
なにあれ? せっかくスパゲティは美味しかったのに、失礼な奴よね。

木曜日、地元のスパゲティ専門店へ母親とランチに行った。小さなお店で、出てきた人もやはり小柄な男性。どうやら3人で切り盛りしているらしい。母親は、明太子と生イカのパスタ。ワタシは、春野菜のバジリコスパゲティ。廻りにはワインの瓶が並んでいたけど、まだ仕事もあるし、と我慢。
しかし、ここのスパゲティは美味しかった。この3日間、追い求めた美味しさ、そしてお店の雰囲気も良い。お兄さんもオジサンも、お客が来てくれて、美味しい!という声を聞くのがとてもうれしい、そういう感じだった。

3日間連続して食べたパスタたち。パスタそのもの+店の雰囲気+店員の態度、これらどれが欠けても客にとっては「この店は美味しかった」という評価を得ることはできない。そう思わされた3日間連続パスタランチの報告でした。

|

« 耳栓 | Main | 耳栓② »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/51398496

Listed below are links to weblogs that reference スパゲティ三題:

« 耳栓 | Main | 耳栓② »