« ウイーンフィル・シェーンブルン夏の夜のコンサート | Main | 玉ねぎ数個 »

October 16, 2011

南極大陸

日曜日の夜、「南極大陸」が始まった。
そう、昔、映画で見た「南極大陸」、あの氷の下から響いてくるようなヴァンゲルスの音楽、そして、渡瀬恒彦のタロとジロとの再会。
その「南極大陸」が時代を経て再構成された。その予告編を見ていて、「ワタシ、イヌには弱いからな~。ぜったいウルウルするな」とつぶやいたら、「へえ、そう。じゃ、人間には強いわけ?」と。「いえいえ、近くにいる人には弱いけどね」とワタシ。
そんなことを言うカレは、ドラマが始まるやいなや、「お先に」と寝てしまった。

話はその日の夕食。
オケの練習から戻ってきたワタシに「まだ、出来てないけど」とワサワサしたけど、なんとキッチンには、
・ビーフカレーが辛さ調整+牛肉を焼いて入れるだけ
・肉じゃが(完成品)
・鮭のホイール焼き+塩コショウで閉じるだけ
というメニューが並んでいました。ワタシは、カレーの辛さにコメントし、牛肉を冷蔵庫から出し、肉じゃがの味付けにokを出しながら、ホイールの蓋を閉じた。そして、オーブンに予熱をいれ、12分、230度に設定。レタスにベーコンビッツとヒマワリのタネを振りかけてレモンドレッシングというサラダで参戦。そして、白ワインを冷蔵庫から出し、ワイングラスを並べた。

なんと豪華な夕食。いままでのワタシの生活では、ビーフカレーなら、それ1品+サラダで終わり。肉じゃがなら、しかもシラタキやシイタケ、具が豪華な肉じゃがなら、これにホウレン草のお浸し+お味噌汁で終わり。そして、鮭のホイール焼きなら、それ一品であとはご飯とお吸い物、+納豆があるかないか・・・  とホイール焼きをつまみにしながら伝えた。 
しかし、目の前には3日分のおかずがテーブルに並ぶ。「普通の家なら、これで3日分の夕食だろうな。でも、これがオレの好みだから」という。たしかに、その手際は見事だ。

そんなカレを寝室の向こうにドアを閉め、時代を経て戻ってきた「南極物語」を見る。主役だった渡瀬恒彦は父親役で登場し、山本学は好々爺となってカラフト犬博士となり、宗谷は蘇る。そのドラマに流れる音楽は、やはり心地よい。

|

« ウイーンフィル・シェーンブルン夏の夜のコンサート | Main | 玉ねぎ数個 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71420/53011815

Listed below are links to weblogs that reference 南極大陸:

« ウイーンフィル・シェーンブルン夏の夜のコンサート | Main | 玉ねぎ数個 »