« December 2011 | Main | February 2012 »

January 18, 2012

お料理は共同作業(平日版)

朝食:
目覚めると、パンはトースターの中。スイッチをつけるのはワタシ。焼きあがったパンにバターを塗るのはカレ。
キャベツ&ベーコン炒めている間に、ワタシは、寝惚け眼で、きゅうりやトマトを切り、生野菜をプラス。

昼食:
それぞれ職場にて

夕食:
帰りが8時を回るワタシがピンポーンすると、「あいよ!」の声とともに、美味しそうな香りが。。。
今日は卵丼が食べたくてな、今日は鍋焼きうどんが食べたくなってさ、今日は久しぶりに麻婆豆腐を作ったぞ、などなど。
「もうレパートリーはなくなったぞ」と言いながらも、里芋の煮ころがしを研究している。この里芋の煮ころがしには、ワタシが冷蔵庫に見つけたレンコンを入れてみては?と皮を向いて薄く切って4つ切りにして、カレの手のひらに載せると、お鍋に放り込んでくれた。
冷凍庫には3分前に入れたばかりのプレミアムモルツ500ミリ缶。水を掛けて冷凍庫に入れると冷えが加速するとか。で、グラスを2つ取り出してテーブルへ持って行くのはワタシ。カパッと開けてグラスへ注ぐのはカレ。乾杯は二人で。

それで何故タイトルが、共同作業なのか?
作る人&食べる人  ですか?いえいえ。そこまでは申しません。
作る人&洗う人&仕舞う人、こんな感じかしら。もちろんワタシは洗う人。要するに後片付け。で、翌朝、ワタシが目覚めると、前の晩に洗った食器類がラックから、食器棚に仕舞われていたりする。

なんか嬉しいhappy01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2012

お誕生日プレゼント

今日はワタシのお誕生日、という朝。

朝ごはんのとき、なぜかレタスにハムを巻いて、ワタシに手渡してくれた。
まあ、珍しい、とありがたく受け取ると、
「はい、お誕生日プレゼント!」だって。

はあ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2012

勝浦へ

七草粥をいただいて、胃を労わったし、さあ、勝浦へ美味しいものを食べに行こう、と7日の午後、クルマで千葉へ出かけた。
レインボーブリッジを渡り、アクアラインを潜って渡って、かなり海面には白い波が立っていて、風が強く、運転手のハンドルにはその強さが感じられていたようです。でも、助手席のワタシには、吹流しの勢いで風を感じていました。

F1001801まずは、行ってみたいと言った鋸山へ。ロープウェイで登って、標高329の山頂へ。向こうには三浦半島が見え、富士山も見えていました。でも、足j元はゴロゴロなんですね。登山靴で歩いている人もいましたから、ちゃんとした登山道でもあるのですね。そんな足元ゴロゴロの中、百尺観音へ行き、地獄のぞきへと登りました。百尺観音のあたりからあ約160段の階段を登ったところです。

0108awagisoba_2さて、鋸山を後にして、勝浦へ向かったのですが、小腹がすいた。ちゃんとカレがインターネットで調べてきた「あわび蕎麦」のお店へと走らせました。街道筋に立つ古民家風のお店。そこでいただいたのはカレは天ぷら蕎麦、ワタシはやはり「あわび蕎麦」もちろん、分け合いましたけどね。そして、これが美味。

0108sashimi_2そして、勝浦での宿泊は三日月インに素泊まり。前回来て、とても美味しかった割烹へと向かいました。そこは予約が入っていて、突然のお客さんには待ってもらいますよ、と言う。それでも構わないとカウンタに座って、ビールなど飲み始めていたら、「もしこれで良かったらどうぞ」と大きな刺身盛!

0108kinmeそして、いま美味しいのがありますよ、と金目鯛の煮付け。こちらが、色も綺麗で柔らかくて、2分の1でも十分の味わい。そして、満足感!

もちろん、お酒は千葉勝浦ですから、腰古井。しかも、大吟醸。お正月ですから、奮発です。

0108koshikoi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

七草粥

お正月明けの三連休。みなさんはどのような三連休をお過ごしでしたか?
こちらは、まず胃袋からのご報告です。

胃袋を休めるための七草粥に始まりました。前日に炊いたご飯をお粥にして、
せり・なずな
ごぎょう・はこべら・仏の座
すずな・すずしろ、これぞ七草セットを、
さっと塩茹でして、大根・蕪を薄く小口切にして、お粥に混ぜました。ちょっと塩味をプラスして、かつお出汁を小匙四分の一を加えて、器に盛って、そのうえに白ゴマを散らしました。

お味噌汁は、油揚げ+お豆腐。箸休めのお漬物。

F1001797_2

そこで、カレの一言、「おまえが、こんなものを作れるなんてな!」
はは、失礼しちゃいます!

ということで、胃袋を休めてから、勝浦へと車を走らせました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2012

謹賀新年

F1001792


二人で迎える二回目のお正月。狭いながらも雰囲気を演出して、新年を迎えました。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »