« January 2012 | Main | March 2012 »

February 27, 2012

きゅうり酢の物

実家から、きゅうり酢の物を貰ってきた。さっそく、小鉢に小さく盛って夕食に出すと、カレ曰く:

「美味しいな。こういうのはどうやって作るんだろう。」とパクパク食べていた。

「美味しいですか?よかった~。お酢・砂糖・みりん?かしら。」

「・・・」

「ただ貰ってくるだけじゃなくて、今度は作り方を聞いてこい、ですか?」とワタシ。

はは。

| | Comments (41) | TrackBack (0)

February 18, 2012

TOKYO GATEWAY BRIDGE

東京ゲートウェイブリッジ。恐竜が、向かい合っているような不思議な形。そして、開通したばかり。ニュースでも人が沢山歩いているのを見たし、これは行ってみなくては、と土曜日の午後、クルマで出かけた。
途中までは高速道路で、新木場を目指し、高速を降りて、海の方へと向かう。東京テレポートめざす。高速を降りてから、ゲートウェイブリッジはこちら、という道案内が無かった。せっかくブームなのに・・・

走ってゆくと、左車線には行列。なんで混んでるんだろ、とまっすぐ走って、「あ、これじゃクルマで橋を渡っちゃう!」しかし時すでに遅し。一般道ではあっても、Uターン禁止。まずは橋を渡ってしまいました。そして、再び、橋を目指してグルット回ってゲートウェイブリッジを目指しました。

ずいぶん坂道なのですね。
Gateway1_2

Uターンして、ふたたび足でゲートウェイブリッジへと。
Gateway21_2

開通してから2週間たっているからか、エレベータにも並ばずに、上まで順調に。さて、いちど外へ出ると、ものすごい風!行きは良いよい、帰りは怖い・・・ではないですが、行きは追い風でしたが、帰りは向かい風。コートにフードが付いていたことを思い出し、ファスナーを開けて頭から被った。しかし、風の強さは半端ではない。オバサンがドンとぶつかってきた。「ごめんなさい、飛ばされてよろけちゃって」と。「お気を付けて!」などと声をかけたり。カメラを持っていても、三脚は無理。風に飛ばされるのがオチ。「帽子など飛ばされないようにお気を付けください!」と警備員さんたちが注意していたのがよくわかった。すでに、車道には帽子が落ちていた。
考えてみると、ここは一般道なのだから、タクシーがいたら手を挙げて止めることができるのかしら?飛ばされた帽子を取りに入ってもいいのかしら?など、ふと疑問。

| | Comments (2549) | TrackBack (0)

February 14, 2012

我が家でバレンタイン

「こんなことは日本だけなんだよな。アメリカじゃ、バレンタインだからって、チョコレートなんてあげないよ。」
「メリーとかモロゾフの陰謀だったけ?」
「メリーだよ」

などと言っていたのですが、やはり欲しいだろうな、と思って、会社ビルの1階にあるGODIVAで、これ美味しそう!と思ったトリュフを3種2個ずづ購入し、金色の箱に入れてもらって帰宅。

家に帰ると、バターソテーにしようと思ってさ、と、ふっくらとした生ガキがまな板に鎮座していた。そして、昨夜の残りの牛薄切りカレー。スープは、生シイタケ+お豆腐+稲庭うどんを入れて、出汁を利かせてさっぱりと。テーブルには赤ワイン。

さて、デザート。
ワタシが小さな金色の箱を開けて、「美味しそうなトリュフでしょ?これがオリジナル、カプチーノ風味・シャンパーニュなんですって」と言う。
「トリュフって、何故トリュフっていうの?」と。
「フランス料理の高級食材トリュフに形を似せて作ったチョコレートだからじゃないかしら」
「ふうん」

今夜は日本茶と食べたいな。というので、渋めのお茶を入れた。

すると、あっという間に3個食べて、あとは残している。

そして一言。
「2個づつ入っているということは、二人で半分づつ、っていうことだろ?だからちゃんと残しておいたぞ」

はは、その通り

| | Comments (33) | TrackBack (0)

February 12, 2012

ある日曜日

朝。目覚ましを8時半にかけていた。
目ボケ眼を、水での洗面で修正して、居間のドアを開けると、トマトの匂い。フードプロセッサがキッチンに出ていて、お鍋には暖かいトマトスープ。そして、食卓にはすでにマグカップにトマトスープが一人分づつセット。レーズンブレッドはトーストしてあって、マーガリンが塗られていた。そして、サラダ。ほうれん草・ベーコンビッツ・人参・レタスが細々とドレッシングであえてあり、パルメザンチーズが降ってあった。

昼。かちゃかちゃとキッチンで音がしたので、行ってみると。
カレーうどんを作ろうとしていた。「玉ねぎがない!」というカレ。長ネギなら冷蔵庫にあるはず、それにほうれん草もどうかしら?というワタシ。生シイタケも2個残っていたし、油揚げもあった。ちくわもあったし、豚肉は冷凍庫にある。ということで、カレーうどんの指示とは違うものばかり入れてのカレーうどん。しかも、味が薄い、とS&Bカレー粉を探すも見つからず、だしの素をふり入れた。どんぶりに一杯のカレーうどんが出来た。とても美味。

夜。スーパーへ買い物があるから、と駅方面へ行き、環八の向こう側のイタリアンを覗くと、カウンタから人が出てくるのが見えた。あそこにしよう、と夕食の場所を決定。カウンタに座る。マスターに久しぶりです、という。今日が2度目。相手は覚えているのかいないのか・・・ コースを1人分、あとはアラカルト。小瓶ビールを二人で分けて、赤のグラスワインを1つづつ。煮キャベツ&ゴルゴンゾーラ、真イワシ。ここで、白ワイン1本。続いて、小エビのタルタル、ヤリイカ墨煮、鴨のロースト、ソーセージと菜の花パスタ、ペンネ&ゴルゴンゾーラ。ここでカレは再び赤ワインをグラスで。濃厚なアイスクリーム(ラム&カラメル)デザートのちょっと前に、グラッパ。そしてコーヒーで締めた。

さて、帰り道。 
スーパーで買うものは、玉ねぎ、長ネギ、みかん、玉子、パン。なのに、突然「夜食だな」と、100円引きのお寿司へと手を伸ばす人がいた。え?と言いながら、中トロにぎりに、ネギトロ巻を加えたりして、レジへ。明日の朝食にとフランスパンを買って、帰宅。

なにも、見るものないね、とTVはN響アワーに。なんと珍しい!
「なぜ、指揮者を見ないのか?なぜ、楽章の間に拍手をしないのか?などなど質問・・・

そして、買ってきたばかりの夜食。

ってことで満腹。体重計にも乗れないくらいの満腹。でも、明日からの1週間のエネルギーになるのかも・・・
しかし、食べるのも忙しい、日曜日でした。

| | Comments (40) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »