« March 2012 | Main | May 2012 »

April 30, 2012

連休三日目

連休の前半も3連休、4月30日。

勝浦での朝、いつものように朝市へ行きました。日曜日ではないので、いつもとは開催されている場所が道一本違っていました。でも、またいろいろ出ていて、楽しい朝市でした。

ひもの(あじ・かます・さば)を買う。これらは、どのお店で買うか、とくに決めていなくて、雰囲気や、お店を張っている漁師さんとの会話で決めてます。
いつも買うのが、生シイタケ。これもどのお店とは決めてはいないけど、あ、このあいだのお兄さんが座ってる、と同じお店から買いました。そのカレは、店番しているけど、読書に夢中、という感じ。でも、ひと山買うと、必ずおまけを入れてくれます。
今回は、はまぐりも買いました。1袋500円だけど、7個しか入っていない・・・よって、2袋を購入。自宅から持ってきた発砲スチロールの箱に入れるべく氷も貰う。
クルマのトランクに入れるため、その発砲スチロールの箱にひものたちを上手く交互に差し込むように並べました。

朝市でしいれるものを仕入れたら、向かった先が、年初めてのゴルフ。大多喜CCです。コースの途中から大多喜城を眺めることができました。スコアはさておき、ときどき飛ぶドライバーが気持よく、ときどきちゃんとピッチングのボール軌道を出すことができたり、バンカーも出せたり、くもり空の中、かえって日差しがないことで、日焼けの心配もなく、時折の雨さえ、心地よいラウンドでした。
Otaki_cc
最近、父親のドライバーを使っています。ゴルフ教室に行ったら「なにを使っているんだ!」と怒られそうですが、女性向けのドライバーより、当たるし、飛ぶのですもの。KATANAと、MAGTEC。今日は2本も持参し、MACTECを使いました。長いから振りやすいのですね、きっと。

帰り道は、アクアラインだと、木更津アウトレットの影響で、めちゃ混みとの情報から、一般道を通り、大多喜街道、茂原街道、京葉道路、習志野から高速へ、という道順で帰宅。行きは、森下から1時間半で勝浦まで走りましたが、帰りは、3時間。まあ、こんなものかな。ただ、最近は、往復のドライバーは、ワタシではないということ。ゴルフの帰り道の運転って、足腰が疲れている身には、ハンドルを回したり、アクセル&ブレーキを踏むことで、柔軟体操のような位置づけだったので、とても贅沢ですが、助手席だと、動けないので疲れました・・・

7時半に自宅に到着してから、あじの干物を焼いて、たけのこを茹でて(平沢の筍はあく抜きが不要とのこと!)、わさび醤油で筍お刺身としていただきました。新鮮な海の幸、しかも現地直送。おいしい夕食でした。

明日、1日は出勤日。。。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 29, 2012

連休二日目

4月29日、昭和天皇のお誕生日。いまは、みどりの日。
朝から丸の内交響楽団の練習でした。朝9時開始と勘違いして、あ~遅刻だぁ、と思いながら、電車の中でホームページで練習開始時刻を確認してみたら、なんだ9時45分集合で、練習は10時から。というわけで、余裕で到着。場所は、森下文化センター。のらくろ通りにある施設でした。
5月5日に本番があるということは、それまでの連休に練習が入るということで、せっかくのお天気の気持良い1日も、まるまるスタジオに籠るということになります。もったいないな~。

ということで、この日は、練習はちょっと早退して、勝浦に向かうことにしました。1時間ほど早めに切り上げて、お迎えのクルマで一路勝浦へ。今回は山越えコースで、なんと1時間半で到着。7時から予約していた割烹を1時間早めてもらうことに。

そこの割烹。息子がマスターで、親父が社長、という感じで、マスターのお客さんへの対応が面白いです。
客:こんにちわ。入れるかな?
マスター:ご予約の方?
客:いいえ。
マスター:席はあるんですが、予約の人の食事を用意してからになるので、お待たせすることになりますが、よいでしょうか?
ここで、ほとんどの客は、「いいですよ」とそのままお店に入って、席に着く。その後は、延々待たされる。

われわれは、予約していたけど、1時間早めてもらったので、「良いですけど、お料理出るのに時間かかりますよ」とマスターが言うとおり、ずいぶん待たされたし、さんが焼き、金目の煮つけ、お刺身盛り合わせ、と出る順番はなんだかわからない・・・

帰りは、ホテル三日月の大浴場へ。われわれの宿は、ホテル三日月のビジネスホテル版。でも、本家本元の大浴場への入場券あり。ということで、名物の銀座タナカの純金風呂(1億5000万円)にも入ったり、サウナで汗流したりしていたら、19時28分。千葉東沖での地震。震度5弱。大浴場は12階。オフロで地震にあうのは2回目ですが、ちょっとビックリ。

などと話しながら、ホテルへ戻って、時間はまだ早かったけど、バタン。明日に備えての早寝しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2012

連休初日

今日から3連休。
でも、朝は8時過ぎにベットから出て、タマゴかけご飯をいただく。
洗濯機を2回廻しました。
12時を過ぎると、やはり昼ごはん。稲庭うどん。豚肉・もやし・さやえんどう・ピーマンを炒めて、長ネギを浮かせたつゆに入れて、稲庭うどんをいれて、かけそば風に。
その後、新聞紙をまとめたり、ダイレクトメールを整理したり、クレジット会社からの冊子をザッと読んで整理したり、1回めの洗濯物が乾いたのでたたんだり、まだ見ていなかった録画していた「笑点」を見たり。
すると6時。食事の用意を始めようとするカレ。でも「まだ早いな」と。
で、7時過ぎに夕食。冷凍の北京ダックを食べてみた。なかなかおいしかった。
そして、「世界不思議発見!」など見ていたら、もう1日目は終わりに近づいていた。はは。

明日からは、またフルフルの予定がある。その準備などをしていた間、カレは寝ていました。今日は休日だから、と朝から寝ていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2012

セザンヌ展と春陽展

六本木ミッドタウンにある新国立美術館で開催されているセザンヌ展へ行ってきました。何年か前の印象派のときは、金曜日の夕方に行こうと待ち合わせたら、すでに長蛇の列で、もう本日は入れません・・・のプラカード。ということで、今回は平日の午後に行くことにしました。フレックスとはこのためにある(^^)
3時に入口で待ち合わせ。汐留からタクシーしたワタシに、時間通りに到着したことにビックリして「タクシーで来たろう?」とカレ。ピンポーン。だって、大江戸線六本木の駅からじゃ歩くでしょ、とワタシ。

ちょうどお天気も良く、新国立美術館の曲線と直線が日の光にキラキラしていました。セザンヌ展入口で、二人でイヤホンガイドを借りて、中へ入りました。最初の静物画。素敵でした。絵具をタップリ使っているリンゴとオレンジ。こういう絵が好きで、高校生のころ、絵具を溶かずに重ねていたことを思い出しました。
そのあとに続く緑色の薄く塗った絵。あれ?という感じでした。でも、再び静止画のコーナーに入ると、やはり「リンゴ1つでパリを驚かせてやる」という言葉通りの絵が並んでいました。

奥さんをモデルにした絵がありましたが、セザンヌは奥さんに対して、「リンゴのようであれ」といったとか。とにかう、動かない、じっとしているモデルがお気に入りだそうで、奥さんはお気に入りのモデルさんだったようです。

もうひとつ、春陽展という、公募展がありました。従妹が入選したというので、行きました。セザンヌよりよっぽどスッキリしていて、ほっとする感じでした。彼女の絵は、うちにも1枚あるので、私たちはオーナー。そのせいか、多くの作品の中から、彼女の作品をすぐ見つけることができました。
Sezanne
早い時間からの絵画鑑賞。そのあと、ミッドタウンへ行って、食器を見ました。スープ用の大きなカップを探していたのです。今は、取っ手のついた大きなカップというのはなかなかないんですね。その昔、カフェオレを飲むための大きなカップがあり、お気に入りだったのですが、カレが持ってきたカップも欠けてしまったし・・・ということで、そういえば、二人で選んだ最初の食器かもしれません。

そんなお買いものをして、さて夕食。「ここに回転寿司があったぞ」という。「はあ?」というワタシに、「六本木の回転寿司だぞ」などとのたまう。しかし、ちょっと歩いて、初めてのびすとろ汁べゑというところに入った。若い男の子たちが切り盛りする居酒屋。お酒を進めるのがうますぎて、こういうのも困る、っていう感じ。

まだ時間も速いし、ひさしぶりにマルズへ。カウンタのお姉さんとは、どこであってもお互いに顔がわかるくらい、一人で通っていたお店です。そこに二人で行ったのは2回目。グラスシャンパンをいただき、赤ワインへとすすんた頃、隣に来た人がタバコを吸いだした。禁煙ではないとはいえ、煙はモロわれわれの方へ流れてくる・・・
それでも平然と吸い続ける。気に入らないその態度に、さっさとお店を出ました。

しかし、翌日になってみると、そのタバコの失礼な奴が来なかったら、まだまだ飲み、翌日は大変なことになっていた、ということがわかりました。災い転じて福となす、でしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2012

盛りだくさんの一日

今日はいろいろ盛りだくさん、そんな一日でした。

今朝は久しぶりに白いブラウスシャツを着ました。クリーニングから戻ってきて、ずっとそのまま2年くらい置いてあったものです。Lサイズ。なのに、タップリさがなくなっていました。こういうデザインだったっけ?それとも綿だから縮んだのかも?そして、7年前にスペインのお客さんにいただいたロエベの紺色ベースのスカーフ、紺色のスカート。ブルーグレイのジャケット。久しぶりの正統派スタイル。なんかいい感じ。

会社に着くと、会社ではあまりこういう態度の人はいないだろう!、というような人からの問い合わせに、電話機を投げつけようか、と思ったほど。。。でも、こういうのも久しぶりだったな。その昔は、ガチャン!と大きな音を立てて、周りにびっくりされたことがありましたが。

続いては、イギリスから来ているディレクタとの打ち合わせ。昨夜からの資料づくり、そして本日の方針確認。ふっと一段落した気分。

ランチの時間には、ここんとこ3回ほどあった同窓会Reunion的な集まりの記念写真を、関係者に送付。ソニーサイバーショットがワタシの愛用なのですが、ワタシのPCにはその口がない・・・今日は自宅からUSBアダプタを持参しての作業となりました。

2時からはウェブサイトの打ち合わせ。最近、こんなことを思うのは時代の違いだろうけど、近頃の女の子たちはちゃんと仕事しているってこと。主体性を持って動いているってこと、いや、偉い!

この時期は成果評価。個人の仕事ぶりを目標管理で測るようになってから、久しいけれど、その時々でその形式や記載内容が変わる。ここ1年で、その書き方が変わり、成果評価シートを埋めるのも大変。そして、上司との面接。この半期で自分が何をしてきたか、それをどう伝えるか?

席にもどると、「これから10分間、オフィスクリーンタイムです。不要なものは捨て、机の下は、地震のとき非難できるようにスペースを確保してください」とのアナウンス。月に一度のオフィスクリーンタイムです。いままで積んであった箱を3箱、荷物用エレベータ前に持って行きました。これで、すこし背中がすっきり。

今宵は、先日のチェロ発表会で活躍した、チェロ弾き+ピアノ伴奏者への慰労会と称した飲み会です。日本酒のお店、有楽町からすぐのところ。ちょっと遅刻しての参加。利き酒セットで始めたワタシ。最近、お酒弱くなりました。すぐ瞼がジンジンします。

ふと気がつくと11時。なんとかシンデレラ帰宅!ピンポーンするまえに、駐車場のクルマをチェック。じつは、3年目のコーティングをしてもらったのです。新車同様になりましたよ、と運んでくれたディーラーさんが写メしてくれたのですが、いまは雨。明日も雨。うーん、ちょっと残念だけど、雨に濡れても、コーティング効果はあるはず。明日の朝、明るくなってからが楽しみです。

部屋の電気がついていたので、ピンポーンしたら、ちょうど部屋を移動していたところ。
お、帰ってきたか! とお迎えの声。

おやすみなさいのあと、おもむろに洗濯機を廻しました。そんなこんなの合間に、いま、ココログしています。忙しい、そしてこれだけのことが一日であったのか?と思うほど。

今日も一日、そして、今週も一週間お疲れ様でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 03, 2012

暴風雨

昨日の天気予報の通り、今日の午後から暴風雨・・・

お昼休みが終わったころ、「帰宅困難が予想される人は、各自の判断で、上司の許可を得て退社してください。」とのアナウンス。待ってました!とうちの部署は沸き立ちました。
上司の許可を得てから、ということは、室長は最後まで事務所にいなくちゃいけないね、船長だね、あのイタリア豪華客船の船長か?などと、なぜか和気藹々。

2時過ぎに汐留を出ました。暴風雨だというのに皮ジャケット着てきてしまったので、気が気でなく。でも会社からは地下道を歩いて新橋までゆき、銀座線から井の頭線、そして最寄駅に着いたときには、幸いなことに小降りになっていました。

3時過ぎに自宅に到着し、カレと戴き物の東十条の草月「黒松」(ドラ焼き?)を、ほうじ茶とともに戴き・・・夕食にはまだ早いし・・・と、あちらは仕事の資料などをパソコンで作り始め、こちらは、東野圭吾の小説を読み始め・・・なんかもったりした午後でした。

しかし、さすが真四角のガッシリマンション。サッシも2重だし、まったく風も雨も感じないくらいです。ときどきベランダを越えて窓ガラスに雨が打ちつけた音にビックリする程度。はは、今週の週末には、さすがにベランダ掃除しなくちゃっていう状態です。(じつは節分の豆まきの痕跡もまだ残っている状態・・・)

のんびりした1日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2012 | Main | May 2012 »