« April 2013 | Main | November 2013 »

May 04, 2013

今年のラフォル・ジュルネ②

さきほど書きましたが、今年のラフォル・ジュルネは、丸ビル1階ロビー マルキューブで3回のステージでした。その3回に、それぞれ聴きにきてくださった友人たちのこと、ちょっとお伝えしますね。

12:30の回
いつも同じオケで弾いているチェロの子が、5月3日は東京駅界隈に来ているから、寄ってみるね、といってくれてたので、3回の時間帯を連絡していたところ、最初のステージに、美味しい京都の麩饅頭を差し入れにして来てくれました。彼女には、披露宴で一緒にモーツアルト弦楽五重奏を弾いてもらったし、毎年のチェロ発表会には呼んでくれて、がんばっている姿を見せてくれる、お料理も好きだし、最近はフラワーアレンジメントも素人の域を飛び出しているという。もうかれこれ長い付き合いになる。

14:00の回
海外営業時代の後輩が、来てくれました。いちど東京駅の演奏会にいってみたいと思っていました、というその子は、かれこれ○○年前、同じ海外営業にいて、そのころのワタシを怖い先輩、と思っていたそうです。まあ、確かにそうかも、という時代です。でも、そのころ毎週テニスを一緒にしていたので、単なる職場の先輩後輩ではなく、テニス仲間でもあり飲み仲間でもあり、いまやまったく違う職業にいながらも、こうして時々の交流はキープしているっていう感じでしょうか。

15:30の回
さすがに、この回はなかったです。

しかし、じつは、本番前の練習が終わったとき、・・・  つづく

| | Comments (148) | TrackBack (0)

今年のラフォル・ジュルネ①

毎年恒例になってきた丸の内交響楽団としての、ラフォル・ジュルネ・ジャポン関連イベントへの参加。
今年も、丸ビル1階ロビー マルキューブでの演奏会。5月3日(祝)に本番を終えました。今年は、3回のステージ。そのうち2回は、東京バレエ団との共演で、コッペリアを演目に加えました。オケだけでは、ビゼー作曲のカルメン。

ゴールデンウィークに本番があるということは、それまでの週末や、連休前半に練習が入るということで、その分、休日の自由時間が減るということでもあります。でも、それらを忘れるような楽しい時間を過ごせるので、やはりやめられないのです。
しかも、ビオラメンバーというのは時代こそ変われどメンバーもさることながら、丸響ビオラ気質は毎年引き継がれています。何かというと、休憩時間に新緑を愛でてワインで乾杯する、というささやかな時間を共有する、ということ。

しかし、今年は、3回のステージ、しかも、途中で舞台配置の変更などが重なり、丸ビル対角線上のお気に入りのカフェでワインを戴くような時間が無かったのです。実は、テーブルは空いていたのですが、一時間後には貸切になるからもうラストオーダー終わってます、と断られてしまった。たった1杯でよいので、こちらも時間があるので10分で帰るので、と店員さんに伝えると、ならばちょっとお待ちください、と店の奥へ聞きに行ってくれたのに、マスターが出てきて「申し訳ありませんが」と。店員の男の子は、本当に申し訳なさそうでした。

しかし、ここでめげないビオラです。丸ビル地下の明治屋に行き、ワインをちょっと飲める場所は無いか?と訪ねたところ、テイスティング程度しかないのですと。ならば、メンバー6名でテイスティング?とも思ったのですが、テイスティングだと一人当たりのワインは微量。ならば!と、ワインを1本購入するので、テイスティング用のプラスティックの小さなカップを6個いただけないか?とお願いしてみたところ、okとの快いお返事。

冷たく冷えたロゼを1本持て、小さなカップを持って、さあ、どこで乾杯しよう。オケメンバーには気づかれないように、と地下から地上が見える階段の下に、高いテーブルを発見。わたしたち6名は、ここはまさに私たちの場所!最高の場所!と喜び、地上に見える新緑を愛で、ロゼを愛で、最終回のステージへの成功と、いままでの労をねぎらいながら乾杯!

3時半からの最終ステージは、バレエ団はいないので、オケだけでしたが、みんなこれが最終ステージということもあり、疲れを見せるどころか、これまた元気いっぱいの演奏となりました。気持ちよかったです♪

| | Comments (188) | TrackBack (0)

May 02, 2013

事務所の引越し

いままで何回も繰り返してきた事務所の引越し。今回はちょっとちがう・・・

というのも、今回は、28階から7階への引越しだからです。数年前に汐留のビルに移動してきてから、ずっと31階、28階、と高層階にいたのです。でも、今回の事務所内ガラガラポン配置換えによって、低層階への移動となりました。連休明けには、これらの荷物は全て7階の自分の机のところに移動されているはずです。そして、窓から見える風景もガラッと変わります。

0502moving


| | Comments (149) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | November 2013 »