February 14, 2015

ベトナムの旧正月に

1423864712029.jpg
日の出前に自宅を出て、日の出のころに成田エキスプレスに乗っています。ベトナムの旧正月の前半、カレに合流します。

| | Comments (68) | TrackBack (0)

August 25, 2014

8月の花火大会

昨年に続いて、今年も母親、妹と四人で調布市花火大会へと出かけました。多摩川土手上のイス席で、京樽のお寿司とビールで打ち上げ開始を待ちました。
スターマインが上がり始めると、小さい女の子が、たまや~(^_^) なんと可愛かったことでしょう。
1408936455104.jpg

| | Comments (18) | TrackBack (0)

August 21, 2014

今日は結婚記念日

今日は、結婚記念日。渋谷のセルリアンタワー最上階のレストランで、お互いに、四年間の辛抱への労いと、これからもよろしく(^_^)/、と乾杯しました。そして、お互いに清水の舞台から飛び降りた日を思い出しておりました。
2010年の今日のこの日も暑かったです。

カレからは、なんと日比谷花壇からの
薔薇のブーケ(^_^)をいただきました。

1408630778751.jpg

1408630780329.jpg
(^_^;

| | Comments (177) | TrackBack (0)

December 07, 2013

新橋蒸気機関車

新橋駅前広場
蒸気機関車イルミネーションは、白とシルバー。大人のイメージです(^_^)ノ

1386342829238.jpg

| | Comments (250) | TrackBack (0)

April 26, 2013

黒富士

連休をちょっとフライングして、4月26日(金)に、母親を誘って、河口湖へ行ってきました。ちょうど満月。月明かりに浮かび上がる冠雪の富士山。これを「黒富士」というのだそうです。夕焼けや朝焼けに映える「赤富士」は有名ですが、月明かりに浮かび上がる「黒富士」
もっと良いカメラで、腕があれば、もっと綺麗に撮れたかもしれませんが、けっこう上手く撮れたな、と。
0425kurofuji

| | Comments (333) | TrackBack (0)

February 14, 2013

初めてのベトナム(3)

ベトナムは旧正月。そのお祝いの様子は、町の中にいっぱい飾られている「ももの花」なんです。道路にはこのように大きなももの花が飾られていました。この下をクルマが通る、というか、オートバイが通ります。まだ休暇中なので、まだ少なかったですけどね。2014yewnear

そして、町には出店がたくさん出ていましたが、こちらは、お年玉袋を売っていました。ベトナムでは旧正月に、お年玉をあげるのですが、子供に限らないんですって。日ごろお世話になっている人や、友人などにもお年玉をあげる。そして、その袋はけっこう大きい。きっと、お札を何枚も入れるのでしょう。だって、コインが無いほど、ケタが大きいお札ですが、金額そのものは決して高くない。だからでしょうか。2013newyearmise

お店の前には、このような金キラのお守り?お飾り?のようなものがいっぱい。そして、貴金属のお店はどこもお客さんで溢れていました。カップルはもとより、友達同士のグループで来ている男の子たちもいました。キラキラは縁起が良いですものね。新年にはキラキラを手に入れる。そして、その1年の運もキラキラに!
そういう気持ちなのでしょう。0214nykazari

そして、どこから来るのか、お花屋さんがアレンジメントを作りながら売っていました。この隣で、いろいろな花を組み合わせてブーケや、お飾りなど。面白かったのが、お花に混じって、イチゴが一緒にアレンジされていたりしていたところかな。201314nyhana


| | Comments (142) | TrackBack (0)

February 13, 2013

初めてのベトナム(2)

朝、7時半に迎えに来たHISのツアーバス。今回も日本人10名近くが集まり、ハロン湾へ日帰りツアーへと出発しました。マイクロバスで、ガイドさんは日本語が上手。以前、日本にいたことがあるとか。

まずは、バッチャン村へ。ハノイから一時間たらずで到着する、バッチャン焼きという焼き物の町です。昔ながらの白地に赤や青色の模様の器があり、青色はブルーオニオンを連想させました。漆のような高級な器など、いろいろとお店には並んでいました。ラスベガスのVIPルームではないですが、奥には、本当に効果な器展示室があり、ビデオで撮らせていただきました。また、大きな壺なんかもあって、庭があれば、そこに置いて金魚など泳がせてもよいな、というような壺です。
でも、うちは「そうだ、うちにはラーメンを食べるような器な無いよね」と、ラーメン用器、そのお皿、レンゲを2セット購入しました。バッチャン焼きとは、石を入れて焼いているので丈夫ですが重たいです。さっそく、東京に帰ってから野菜スープを入れてみました。で、この写真をカレに送ったところ、「選んだ人の趣味の良さが出ていますね」との返信あり。選んだのはどっちでしたっけ?0213bachan

バチャンから走ること約1時間半。ハロン湾に到着しました。その間、マイクロバスは、舗装された道と、ガタガタ道を交互に走るように進んで行きました。ハロン湾で有名なのがこの島。お札にも印刷されているそうで、全ての遊覧船がこの島をめがけてやってきます。そして、写真タイムのあと、順番に離れてゆく、規則正しい動きでした。なので、シャッターチャンスを逃すともうその景色には会えない。伊勢の二見浦のようです。0213haron

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2013

初めてのベトナム(1)

ベトナムでは、いまは旧正月、テトという時期にあたります。ビジネスはお休み、お店もクローズ、レストランもクローズ。なのに、そのような時期に訪れたのには、ベトナムというところに2ヶ月の長期出張をしているカレへの陣中見舞いです。ワタシのスーツケースの半分は、カレからの持ってきてほしい追加衣料などで満杯になり、これは、帰りはたくさんお土産が買える!ということかと思いきや、もう着ない冬仕様の背広など、持って帰ってほしいものを受け取ってしまいました。

でも、ハノイの空港へ迎えにきてくれたし、翌日は、市内観光ツアーを予約してくれて、翌々日はハロン湾へのツアです。今日は初日ということで、市内観光。
ホーチミン廟、文廟、旧市街、そして美味しいベトナム料理がついていました。いつも、汐留シティセンタビル地下のベトナムフロッグで食べているフォーと同じような美味しさでした。そのレストランの名前は「インドシナ」。カトリーヌ・ドヌーブが主演した映画「インドシナ」では、ハロン湾の美しさが多くの人に知られることになりましたが、同じ名前です。

そう、明日は、そのハロン湾へのツアーです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2013

ひさしぶりに一般参賀へ

朝、起きると、テレビで第一回目の一般参賀の生中継があり、それを見ていたカレが、「行ってみるか」と。「いまからなら、1時半の回に十分まにあう」と、晴天の2日、自宅を出ました。
地下鉄千代田線二重橋駅から歩いて、皇居へ向かう。
そういえば、昔、親戚グループで訪れてから何年経つのだろうと思いながら、砂利道を歩いてゆくと二重橋。そして、長和殿正面の広場へとあっという間に到着。昔の歩幅と違って、自分が大きくなったからなのかもしれません。

お出ましまでは、ベランダがよく見えた。自分の身長が高いことに感謝した。しかし、いちどお出ましになると、日の丸の旗が目の前に波のように振られて、さすがの私も目の前が日の丸でいっぱいになってしまいました。でも、双眼鏡を持っていったので、日の丸のあいだをぬって、天皇皇后両陛下の姿を認めることができました。

大手町から竹橋への出口から出て、さて。

東京タワーへ登ってみよう、富士山が見えるかも、と。
やはり高いところへ登りたい人は多いのですね。長い行列が出来ていました。すると、「階段で登ることができますよ、早い人なら10分で登れます。帰りはエレベータを使うこともできます。このまま待っていても40分は待ちますよ、若い人、どうですか?いまだけの経験ですよ。」などという声。すると、その声に反応する子供が、親を引っ張り出して階段組みへと移動していった。

私たちは、そのまま並び続け、40分もかからぬうちに、エレベータで150メートルの第一展望台へと登りました。第二展望台までは、別途チケット・エレベータの行列が出来ていたので、ここで折り返しました。

東京タワーから、六本木交差点へと歩き、それぞれに昔に行ったことのあるイタリアンや、中華料理店、それぞれの思い出を話しながら歩きました。ちょうど、麻布警察前のバス停に渋谷行きのバスが停っていたのを見つけたら、「走れ!止めておいてくれ!」などと、私を走り出させたカレ。無事にバスに間に合い、渋谷まで座ってゆくその途中、西麻布、外苑西通りなど、またそれぞれに昔話をして情報共有。

夕食は自宅で。そう、毎年恒例のNHKで見るウィーンフィルハーモニーのニューイヤーコンサートを見ながら、お正月2日を過ごしました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

January 01, 2013

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

昨年は、かなり筆不精になっておりました。
今年は、心機一転、再び、書き綴ってゆこうと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

2013年1月吉日

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧